Webディレクターとはどんな仕事?必要なスキルや年収を解説 | サービス | プロエンジニア

    Webディレクターとはどんな仕事?必要なスキルや年収を解説

    • このページをはてなブックマークに追加

    Web業界には様々な職種が存在しますが、Webディレクターは、どんな仕事内容なのでしょうか。Webデザインや、プログラミング、コーディング、ライティングなど特定のスキルを要する職種はイメージが湧きやすいですが、WebディレクターはWebサイトやWebサービスにまつわるあらゆる知識や、人間力といった、目で見えにくいスキルが求められます。プロジェクトによっても、必要なスキルが変わります。 そこでWebディレクターの仕事内容や必要なスキル、年収、求人事情について解説致します。

    目次

    1. Webディレクターの仕事内容とは

    1.1 Webプロデューサー・Webプランナーとの違い

    2.Webディレクターを必要とする6つの業界

    2.1 Web制作会社
    2.2 システム開発会社
    2.3 Webサービス事業会社
    2.4 ECショップ運営会社
    2.5 Web広告代理店
    2.6 一般企業のWeb担当部署

    3.Webディレクターに必要なスキル

    3.1 ヒューマンスキル
     3.1.1 コミュニケーションスキル
     3.1.2 英語でのコミュニケーションスキル・英語力

    3.2 Webマーケティングスキル
     3.2.1 情報収集能力
     3.2.2 Web広告スキル
     3.2.3 SEO知識
     3.2.4 アクセス解析スキル
     3.2.5 編集・ライティングスキル
     3.2.6 知的財産権(著作権)や業法の知識
     3.2.7 スケジュール、予算などの管理能力

    3.3 Webテクニカルスキル
     3.3.1 webデザイン、フロントエンド知識
     3.3.2 バックエンド知識

    3.4 営業力

     3.4.1 ドキュメント作成スキル
     3.4.2 企画提案スキル
     3.4.3 課題抽出スキル
     3.4.4 プレゼンテーションスキル

    4.Webディレクターの平均年収

    5.Webディレクターの求人事情

    6.まとめ

    1. Webディレクターの仕事内容とは

    Webディレクターの仕事とは、大きくまとめると、Webに絡むプロジェクトの監督、管理、進行を行うことです。プロジェクトによって仕事内容は多岐に渡ります。ではWebディレクターにはどのような職種があるのか見て見ましょう。

    (1)Webサイト制作ディレクター

    企業から依頼されたWebサイト制作プロジェクト全体の監督、管理、進行を行います。具体的には次のようなディレクションが挙げられます。

    ・ 企画提案
    ・ 構成案の作成
    ・ 制作チームメンバー人選
    ・ 要件定義
    ・ 制作進行スケジュール管理
    ・ クライアントとのコミュニケーション窓口
    ・ 制作チームとのコミュニケーション
    ・ Webサイト公開後の運用(必要に応じて)
    ・ 内部SEO知識
    など

    (2)ECサイト運営ディレクター

    Webディレクターの仕事が売上数字に直結しやすいのが、ECサイト運営Webディレクターです。運営には商品ページの更新から、顧客満足度対応、撮影や記事ライティング、Web広告対応、コンバージョン(売上)測定、EFO(フォーム)最適化など、様々なディレクションが含まれます。

    ・ ECサイトページの更新
    ・ 商品撮影
    ・ アクセス解析
    ・ Web広告運用、管理
    ・ 広告バナークリエイティブ管理
    ・ コンバージョン測定
    ・ Webマーケティング
    ・ ライティング、編集
    ・ UI・UXディレクション
    ・ EFO(フォーム)最適化
    など

    (3)自社Webサイト・Webサービスディレクター

    自社サービスに関連したWEBサイトや、Webサービス、オウンドメディアの運営をする際にWebマーケティング知識の元、企画、改善、運営を行うため、次のようなディレクションが含まれます。

    ・ コンテンツ企画、改修、リニューアル
    ・ アクセス解析
    ・ Web広告運用、管理
    ・ 広告バナークリエイティブ管理
    ・ コンバージョン測定
    ・ SEO施策
    ・ ライティング、編集
    ・ UI・UXディレクション
    ・ システム要件定義
    ・ EFO(フォーム)最適化
    ・ メールマガジン配信
    など

    ▲目次へ戻る

    1.1 Webプロデューサー・Webプランナーとの違い

    WebプロデューサーとWebプランナー、Webディレクターの違が分かりづらいかもしれません。なぜなら、最近ではそれぞれの職種を兼務することが非常に多いからです。それを踏まえて各職種の内容は次の通りです。

    (1)Webプロデューサー

    プロジェクト全体を統括するポジションで、お金の管理や商談も伴います。Webプロデューサーが入るプロジェクトは、WebプランナーやWebディレクターが、企業への企画提案書作成や、制作チームディレクション行うケースが多いです。

    (2)Webプランナー

    企業との打合せで、要望を伺い、企画提案を行い、決定事項を制作チームへと伝達します。その後の制作チームメンバーへのディレクションは、Webプランナーではなく、Webディレクターが行うこともあれば、Webプランナーが対応する場合も。「Webプランナー = 営業」という会社もあります。

    (3)Webディレクター

    主に、制作チームメンバーのディレクション業務です。制作進行、クオリティ管理、チームメンバーとのコミュニケーションを取りながらプロジェクト全体が円滑に進むよう管理します。企業への打合せから参加することや、時に企画提案も行うことから、Webプランナー業務を兼務することもあります。小規模プロジェクトの場合、3つの職種をWebディレクターが1人で担当することも。

    ▲目次へ戻る

    2. Webディレクターを必要とする6つの業界

    Webディレクターを必要としている業界や会社を大きく5つに分けると次のようになります。

    2.1 Web制作会社

    Web制作会社のWebディレクターは、企業から依頼されて、Webサイトの制作、Webサービスの構築が主な業務となります。

    2.2 システム開発会社

    システム開発会社のWebディレクターは、WebデザイナーやWeb制作会社と、バックエンドを担当する自社内システムエンジニア、プログラマーとの間に入り、連携を行うことがメインの仕事となります。

    2.3 Webサービス事業会社

    Webサービス事業会社のWebディレクターは、Webサービス、アプリケーションの提供、Webメディアやポータルサイトなど、サービスの運営全体を任されます。

    2.4 ECショップ運営会社

    ECショップ運営会社のWebディレクターは、ECショップの売上に繋がる施策全体の運営ディレクションから、時にはWeb広告媒体のハンドリングまで広く業務を任されます。

    2.5 Web広告代理店

    Web広告代理店のWebディレクターは、Web広告に関連するクリエイティブや、ランディングページのディレクション、またWeb広告からのコンバージョンを計測するためのGoogleアナリティクス分析といった業務を担当するケースが多いです。また、Webを使ったプロモーションの企画提案を営業と共にWebディレクターが担当することもあります。

    2.6 一般企業のWeb担当部署

    、一般企業でのWeb担当者という位置付けのWebディレクターは、自社サービス紹介サイト、コーポレートサイトの運営、Web広告対応、Web制作会社や、システム会社の窓口、自社内制作チームのディレクションなどを任せれます。

    ▲目次へ戻る

    3. Webディレクターに必要なスキル

    企業が求めるWebディレクターには、どのようなスキルが必要とされるでしょうか。次に紹介するスキルを全て持ち合わせていないとWebディレクターになれないという訳ではありません。しかし、Webディレクターとしてキャリアアップを考えるのであれば、次にあげるスキルを経験、習得することで、仕事の範囲は広がるでしょう。

    3.1 ヒューマンスキル

    3.1.1 コミュニケーションスキル

    Webディレクターにとって最重要スキルと言っても過言でないコミュニケーションスキル。プロジェクトを進めるにあたり、企業との打ち合わせで要望をヒアリングし、企画提案に繋げます。また、制作チームメンバーが何をすべきかを考え、指示を出します。企業と、制作チームの間に立ち、お互いの信頼関係を築きながら、時には制作チームに根回しをしつつコミュニケーションの橋渡しをすることが、プロジェクトを円滑に進める肝となります。

    3.1.2 英語でのコミュニケーションスキル・英語力

    Webディレクターにとって英語スキルを持ち合わせておくことは、Webディレクターとしてキャリアや仕事の範囲が高まります。理由は二つあります。

    (1)Web業界の最新トレンドや技術をいち早くキャッチする

    Web業界の最新情報の多くは海外から発信されます。その発信元は主に欧米から発信されているため、英語のコンテンツを読解する英語力が必要となります。一定の時間を経過すれば、日本語でも情報が配信されますが、タイムリーさが失われます。翻訳機能で読み解く方法もありますが、機能が100%正しいわけではないため、異なった理解をしてしまうこともあります。英語力を身につけ、自分で読み解くことで、より正確な内容をキャッチできます。

    (2)英語圏オフショアや、企業担当者とのコミュニケーション

    グローバル化された昨今、Webディレクターにとってビジネ英語が必要とされるシーンは増えつつあります。 開発プロジェクトの一部をオフショアとして海外に発注するケースも増えています。その場合、英語でのメールや、チャットのやり取りが多くなります。 また、企業担当者が英語圏というケースもあります。通訳を介して話すことも可能ですが、英語でダイレクトにコミュニケーションを取ることによって信頼関係が築きやすくなります。海外旅行に行った際に現地のガイドの方が日本語を話せると、気持ちがほっとする経験をされたことがある方もいらっしゃると思います。Webディレクターとして英語でコミュニケーションを取るということも海外旅行先のガイドと旅行者の関係と同じです。言葉の壁を乗り越えることで得られるコミュニケーションのメリットは多大です。

    3.2 Webマーケティングスキル

    3.2.1 情報収集

    Webディレクターは常に最新トレンドや技術にアンテナを張ることが必要です。情報収集をしておくことで、クライアントへの新機能や改修の提案、自社サービス改善のヒントにも繋がります。また、オウンドメディアの運営では、記事内容の裏を取ることや、誤りがないか確認することが求められます。インターネット上の情報収集だけではなく、時には書籍や、セミナーなどにも足を運び、あらゆる情報発信チャネルにアンテナを向けておくと良いでしょう。

    3.2.2 Web広告知識

    自社サービスを周知させる、コンバージョンを高めるために、Web広告配信を実施することがよくあります。WebディレクターはWebサイトの目的とゴール、ターゲット層を理解した上でディレクションを行なっていますので、広告配信を検討する際には、自社に合ったWeb広告媒体の検討がしやすい立場にあります。広告代理店に依頼し、どのWeb広告を実施するか提案してもらうケースもありますが、その場合でも各Web媒体の特徴やメリット、ディメリット、ガイドラインを理解しておくことで、代理店からの提案を理解、検討しやすくなります。

    3.2.3 SEO知識

    SEOとは(Search Engine Optimization)の略です。日本語では「検索エンジン最適化」とも言われており、日本語の通り、GoogleやYahooの検索エンジンで評価を得て、検索エンジンで上位表示させるために、Webサイトを最適化することです。SEO施策をSEO会社に依頼するケースもありますが、最近ではWebディレクターもSEO知識が求められる機会が多くなってきています。理由は「SEO会社より、自社サービスへの想いと知識がある」 からです。

    ユーザーにとっての有益な記事が、検索アルゴリズムにおいて高い評価を得られると言われている今、ユーザーの目線に立ち、気持ちに寄り添えるのは、SEO会社ではなく、自社サービスの目的や、ターゲット層を理解しているWebディレクターです。知見があることで、SEO会社にSEO施策を依頼する場合でも、Webサイトのゴールと、提案が一致しているか、戦略が有効かなど判断しやすくなります。

    3.2.4 アクセス解析スキル

    WebサイトやWebサービス運用のKPI達成の指標算出としてGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールの活用は必須です。 指標算出だけではなく、アクセス解析から課題を抽出し、改善施策に繋げPDCAを行う能力も求められます。

    3.2.5 編集・ライティングスキル

    最近では、オウンドメディアを始めとした、コンテンツマーケティングがトレンド化し、メディア運営施策に真剣に取り組む企業が増えてきています。Webディレクターは上記にもあげたSEO知識を踏まえ、どのようなコンテンツが有益か、対策キーワードの抽出、記事構成の仕方、ライターの原稿確認や校正能力が求められます。

    3.2.6 知的財産権(著作権)や業法の知識

    Webディレクターは知的財産権に関する知識は押させておきたいところです。特に著作権に関してはWebサービスを運営する上で大きな関わりがあります。素材として使用している写真は使用可能か、またコンテンツマーケティングのコラム記事で、引用などの情報発信元が正しく記載されているかなど、細かなチェックが求められます。

    業界特有の法律知識が必要になる場合もあります。化粧品や、美容サロンなどはコラムだけではなく、コンテンツ全体の記事が薬事法に則って記載されているか、ECサイトであれば、景品表示法に則り、過大表記になっていないかなどのチェックが必要になります。こういった記事のチェックは専門の会社や法律の知識がある方が対応するケースが多いですが、Webディレクターとしても知識を持つことで、仕事の出し戻しを減らし、スムーズにWebコンテンツ制作を進めることに繋げることができます。

    3.2.7 スケジュール、予算などの管理能力

    プロジェクトを進行させる上で、スケジュール管理と予算管理は必須です。理想は、余裕を持ったスケジュールで、予算内でプロジェクトを進めること。これを達成するのはWebディレクターの力量に掛かってきます。 プロジェクト全体の作業工数が正しく算出されているか、チームメンバーの進捗管理をする上でのコミュニケーションが取れているか、予算と時間にバッファを持たせて、緊急事態に対応するためのリスク管理が取れているかなど、Webディレクターの判断、決定能力が求められます。

    3.3 Webテクニカルスキル

    3.3.1 Webデザイン、フロントエンド知識

    WebディレクターがWebデザイン、コーディングをマスターする必要はありませんが、HTMLの知識を持ち合わせておくと、制作チーム内でのコミュニケーションに役立ちます。また、HTML、CSS、JQuery、JavaScriptの知見があることで、どのような機能を盛り込むか、また機能を実装するためにどのようなスクリプトが必要かなどを判断しながらワイヤーフレームを作成することができます。

    3.3.2 バックエンド知識

    Webディレクターがプログラミングをすることは滅多にありませんが、自社サービスや、企業のシステム開発で使用する言語の知見があることで、システムエンジニアとのコミュニケーションが取りやすくなります。

    3.4 営業力

    3.4.1 ドキュメント作成スキル

    Webディレクターには様々な打ち合わせが発生するため、それに伴うドキュメント作成は必須です。プレゼンテーション資料、原稿作成、ワイヤーフレーム、スケジュール管理表、アクセス解析レポート、見積書など、その種類も様々です。Webディレクターというとクリエイティブ色が強く感じますが、Office系ソフトを使用したドキュメント作成業務は、クリエイティブソフトを使用する時間より圧倒的に多いかもしれません。また、最近では、ワイヤーフレーム作成専用ソフトや、スケジュール管理ツールなど、SaaSを利用した便利なツールも多く出ています。これらを活用することで、効率的に見やすくドキュメントを作成することも可能です。

    3.4.2 企画提案スキル

    Webサイトを通じたサービスの認知や、Webサイト運営の目的達成に繋げるためにWebサイトにできることの企画提案を行います。目的達成するための企画には様々分析も必要です。ターゲット分析、ニーズの分析、競合分析などを行った上で施策を提案するため、分析能力も同時に求められます。

    3.4.3 課題抽出スキル

    Webサイト、Webサービスを運営する中で、なかなか結果に繋がらない、目標が達成しないということは、よくあることです。この原因を細かく分析し、課題を抽出することもWebディレクターに求められるスキルです。 Googleアナリティクスの数字から分析する、ペルソナを分析する、カスタマージャーニーを見直すなど、マーケティング視点や、アクセス解析数値など、あらゆる角度から、課題を抽出します。 また、Webサイト改善に向けてどのような施策を取るか、そのスケジュール、施策後のゴール数値、施策に必要な工数算出などもWebディレクターが行います。

    3.4.4 プレゼンテーションスキル

    Webディレクターは、企業や、自社内で企画提案をプレゼンテーションする機会が発生します。複数名の前で話をすることもあるため、緊張しないよう、事前にプレゼンテーションのロールプレイングや、質問されそうなことの予想などを立てておく努力が求められます。また、プレゼンテーションの内容が分かりやすいか、テキストばかりで見づらくなっていないか、バランスよく図やグラフなどが配置されているかなど、プレンテーション相手の興味を引くドキュメント作成能力も必要とされます。

    ▲目次へ戻る

    4. Webディレクターの平均年収

    Webディレクターの平均年収は年齢や、経験、業態などによって異なりますが、 平均年収を算出している求人サイトを見ると次のような結果が出ています。

    DODA 平均年収ランキング2017
    Webディレクターの平均年収:445万円

    Find Job(2017年12月現在)
    Webディレクター平均年収:442万円

    プロエンジニアのWebディレクター求人の平均年収(2018年1月現在)
    Webディレクターの平均年収:489万円

    これらの結果、Webディレクターの平均年収相場は、
    約457万円
    となります。

    Webディレクターはマネジメント能力も問われることから、経験とスキルを積んだ後、Webプロデューサーとなり、更に年収アップも見込める可能性が広がります。実力主義のWeb業界だからこそ、頑張った結果が、年収とやり甲斐にも繋がります。

    ▲目次へ戻る

    5. Webディレクターの求人事情

    Webサービスを提供する会社に限らず、あらゆる業界で、Webサイトは活用されています。今までWebを通じた営業活動をしていなかった中小企業でも、広告費や、営業人件費の削減を考えて、Webサイトの活用に取り組むことは、時代の流れにあった経営施策とも言えるでしょう。 これらに伴い、Webディレクターの需要も増えていくことが考えられます。

    日々の情報発信の増加や、競合他社のWeb運用施策の取り組みを考えると、とりあえずWebサイトをリリースするだけではなく、結果に繋がるWebサイトを運営することが求められます。だからこそ、前述したスキルを兼ね揃えることで、求人市場では引く手数多の人材となる可能性を秘めています。また、デザインや、プログラミングの技術が必ずしも必要ではないことから、未経験からエントリーできる求人も比較的多い職種と言えます。

    Webディレクターの最新求人情報はこちら

    ▲目次へ戻る

    6. まとめ

    Webディレクターの仕事内容とそれに伴う平均年収や、求人事情をご理解頂けましたでしょうか。Webディレクターの仕事内容は多岐に渡ります。Webの知識だけではなく、ビジネス全般の知識や経験も求められる職種です。 特定の技術職ではないからこそ、Webディレクターにチャレンジできるチャンスは技術者より多いかもしれません。実力主義が尊重されるWeb業界で是非、Webディレクターとしてのキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

    ▲目次へ戻る

    Webディレクターの最新求人情報をチェック!

    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【HTML5/CSS3/Javascript】コーダー★大手企業Webサイトの更新業務

    月額単価 :30万円〜

    オペレーションチームにてディレクター指示のもと コーディング業務に従事して頂きます。 具体的な業...

    正社員

    【HTML/CSS】コーダー|優良Web制作会社★未経験OK

    年収 :300万円〜

    ◆Webサイト制作におけるコーディング 業務 ◆HTMLやCSSを使ったコーディング ◆まずは運用案件などの小...

    株式会社インターライフメディア

    正社員

    【 Webディレクター】大手直請け案件に企画から携われる|学歴不問・未経験可

    年収 :300万円〜400万円

    ◆受注した企業WEBサイトの制作、コンセプト企画から制作に至るディレクション業務 ◆経験に応じて簡単な...

    株式会社インターライフメディア

    正社員

    【JavaScript/HTML】システムエンジニア「人材×IT」業界No.1の基幹系システム開発

    年収 :400万円〜700万円

    ◆業界No.1の基幹系システムの開発をお任せ致します。 ◆100%一次請け案件でお客様との距離が近くやりが...

    株式会社 ブレイン・ラボ

    正社員

    【HTML/CSS】Webデザイナー・ディレクター★未経験歓迎|残業少

    年収 :250万円〜300万円

    ◆大手キャリアのモバイルやWebサイト、「モバレコ」のWebデザイン業務 ◆企画・設計・アクセス解析など...

    株式会社 ALL CONNECT(オールコネクト)