留学エージェント②:Yusuke Ashidaさん【IT・Web分野で留学~カナダ編~】 | サービス | プロエンジニア

    留学エージェント②:Yusuke Ashidaさん【IT・Web分野で留学~カナダ編~】

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2016年07月19日 最終更新日:2019年06月13日

    目次

    1. 小さい頃は、どの様な環境の中で過ごされたんですか?

    2. ITに興味を持たれたのはいつ頃からだったんでしょうか?

    3. 会社に入社した頃のことを教えていただけますか?

    4. ちなみに、ボストンに仕事で行っていたのは、英語が得意だったからですか?

    5. NTT系列の会社を辞める頃のことを教えていただけますか?

    6. 留学先のカナダはどの様な基準で選んだんですか?

    7. 留学してからその先のことは、当時、計画していましたか?

    8. カナダに渡ってからは、どの様に過ごされたんですか?

    9. 学生ビザで勉強した後のことを教えていただけますか?

    10. 自社サイトはどの様な経緯で作られたんですか?

    11. ワーキングホリデーが終了した後は、どの様に過ごされたんですか?

    12. 会社を辞めて、ご自身で会社を始めたのはどの様な経緯だったんですか?

    13. これまで仕事をしてきて、大変だったことは何でしょうか?

    14. では、楽しかったことは何でしょうか?

    15. では、楽しいと感じることは何でしょうか?

    16. 日々、色んな方とお会いされる中で、大切にしていることはありますか?

    17. 今後、会社をどの様に成長させていきたですか?

    18. ちなみに、カナダの日本人のビジネスのコミュニティはどんな感じ何ですか?

    19. 今後もカナダで生活していく予定ですか?

    20. 今後の目標を教えてください!

    21. ありがとうございました!

    Yusuke Ashidaさん
    東京生まれ東京育ち。3兄弟の長男。中央大学情報工学科を卒業後、新卒でNTTのグループ会社にネットワークエンジニアとして入社。その後、バンクーバーに渡り、現地の語学学校・カレッジで勉強をした後、留学エージェントでワーキングホリデーを経験。その間、ご自身でも留学サイトを運営しつつ、マーケティン会社や留学エージェントで経験を積みながら、2012年に独立。現在の留学エージェント「マイルストーンカナダ」(http://milestonecanada.com/)を設立。

    1. 小さい頃は、どの様な環境の中で過ごされたんですか?

    私は東京に実家があったので、学生時代から社会人まで、ずっと東京で生活をしていました。5人家族の長男だったんですが、厳しすぎす・緩すぎずという環境で、結構自由にさせてもらっていたなと思います。ある時に漫画を読んだ際、その漫画の中に、土を掘ってどんどん下に行くシーンがあったんですが、それを見た時に「穴を掘っていったらどうなるんだろう?」「自分の背丈よりも深くなったらどうなるんだろう?」と興味を持って、私も実際に庭に穴を掘ってみたことがあるんですよね。途中で飽きて、だいぶ大きな穴だったんですがほったらかしにしてしまって(笑)。それを見た近所の方は、「自分の子供がこんなことをしたら絶対怒りますよ。」と言っていたんですが、同じ様に見ていたウチの母親は何も言わなかったんですよね。やりたいな、と思ったことは自由にやらせてくれる人でした。やりたいと思ったことに蓋をしなくなったのは、こういった環境のお陰じゃないかなと思いますね。

    ▲目次へ戻る

    2. ITに興味を持たれたのはいつ頃からだったんでしょうか?

    高校で理系の勉強が得意だったので、大学は中央大学の情報工学科に進学したんですが、ITに興味を持ったのは大学に入ってからですね。それまではパソコンも持っていませんでした。大学に入ってからマッキントッシュというマックのLC575を買って、そこから、パソコン通信という雑誌を読んだり、自分でHTMLを組んでみたりするようになって、パソコンに目覚めていった形ですね。
    色んな物が繋がっていくという点でネットワークとその技術に興味を持つようになって、大学卒業後はインターネットのキャリアであるNTTのグループ会社に入社しました。プログラミングも大学で勉強はしていたんですが、デバックがすごく苦手てで、他の人よりも頭一つ抜き出てプログラミングが得意になれると思えなかったんですよね。自分に向いてる・向いてないでまずは能力を基準に選んで、そこから先は、より自分が興味がある方を選んだ、という形です。

    ▲目次へ戻る

    3. 会社に入社した頃のことを教えていただけますか?

    就職した会社はNTTのベンチャーの様な会社で、私は2期生として入ったんですが、NTTの上部の精鋭たちが集まって作った会社の一つで、ものすごく優秀な人が集まっている環境でした。自分で本を書いている人であったり、プロトコルを自分で作っている人であったり。そういった人たちに感化されて、すごくいい刺激をもらってはいたんですが、それと同時に、「どんなに頑張って勉強しても、自分はこの人に辿り着けるんだろうか…」という人が一杯いて、このままでいいのかな、と思い始めたんですよね。

    そういった気持を持ち始めている中で、取引先にボストンのメーカーがあって、仕事で何度も行くようになったんですが、そこで色んな国のエンジニアの人が英語でディスカッションをして、技術のテストをしているのを見て、かっこいいなと思いつつ、自分の英語はカタカナ英語でまだまだだなと恥ずかしさも感じて。もっと英語を勉強したいという気持が強く生まれるようになっていきました。

    ▲目次へ戻る

    4. ちなみに、ボストンに仕事で行っていたのは、英語が得意だったからですか?

    高校の時から得意ではありましたがまだまだでしたね。出来たばかりの会社でしたので、社員にはいい経験を積ませたいと会社が考えてくれていたというのがあったんだと思います。
    あと入社した初年度に、大きいプロジェクトがあってアメリカの外国人がこちらに滞在することになったんですが、その時に本当にボロボロではあったんですが英語でプレゼンをしたり、自分から話をしたりしたんですよね。その時から、英語に関する仕事が自分に回ってくるようになりました。
    エンジニアだと英語を話せない人が多いので、その中で目立つことができて、「あいつ新入社員なのになかなかやるじゃん」と思ってもらえたんだと思います。

    ▲目次へ戻る

    5. NTT系列の会社を辞める頃のことを教えていただけますか?

    4年目には、会社を辞めて、留学することを決心していました。車も売って、節約をして、自分でお弁当も作り始めて。1年間を準備期間にして、この期間はものすごく仕事を頑張りました。そうして1月頃、上司から異動の話が来て、これはいけないと思い、その話があったタイミングで退職の意向を伝えました。
    留学するにあたって、当時は留学エージェントを利用しました。徹底的に調べたんですが、日本のエージェントは高いところが多かったり、ちょっと信用できないなと感じたりしていて、そんな中、ネットでカナダの現地のエージェントで、気さくないいところが見つかったので、そちらを利用することにしました。
    学校は自分で調べて、もう行きたい所を決めていたので、後はどこのエージェントを利用するかを選ぶだけでした。選んだ学校はカプランというところで、校風が厳しくて、しっかり勉強できる学校です。時間と労力とお金をかけて勉強するので、自分としてはストイックに勉強したいと思っていたので、当時は、「日本語はしゃべりたくない」「日本人とも関わらないようにしよう」と思っていましたね。

    ▲目次へ戻る

    6. 留学先のカナダはどの様な基準で選んだんですか?

    元々ボストンで仕事をした時から、かっこいい英語を話したいと思っていたので、世界標準の英語を身につけようと、初めはアメリカを考えていました。ただ、調べていくと、カナダもアメリカとほぼ同じ英語を使っていて、癖もあまり変わらないことがわかりました。それに治安も良くて自然も多く、あと物価も安かったりと、留学先としていい要素が揃っていたんですよね。そういったこともあって、自分の目的も達成できるしと思い、最終的にはカナダを選びました。湿度が上がらなくて暑くならないので、気候もいいですしね。
    山と海といった自然を楽しむことができますし、あと、カナダは色んな国から人が集まっているので日々色んな気づきがあります。精神的な豊かさを得られる、とてもいい環境だと今でも思いますね。

    ▲目次へ戻る

    7. 留学してからその先のことは、当時、計画していましたか?

    実は全然考えていなかったです(笑)。会社を辞めて留学に行こうと決めた時点では、いずれまた日本に戻ってきて仕事をするんだろうな、位で考えていました。エンジニアとしてやっていくかもわからなかったです。
    でも、先のことを読みすぎると、今、行動できなくなってしまうと思ったんですよね。だから留学後のことは考えないで、「今どうしても英語を身に付けたい」「かっこいい英語を話したい」という思いだけに集中していました。どうなるかわからないという不安はありましたが、その時の気持を優先しました。留学後に日本に戻ったら、収入が少なくなってしまったということもあるかもしれないとは思いましたが、やりたいことをやらなかった後悔の方が大きくなると思ったので、迷いはなかったですね。

    ▲目次へ戻る

    8.カナダに渡ってからは、どの様に過ごされたんですか?

    学生ビザで1年8ヶ月程滞在しました。その間、語学学校に通っていたんですが、バンクーバーには日本人の留学生が多くて、もっとネイティブの英語に触れて使っていきたいと思っている自分にはマズいなと思って、更に田舎のカレッジに行って、そこで現地の大学生に交じってビジネス関係のクラスを何個かとって勉強もしていました。周りは20歳前後のカナダの学生たちだったんですが、早口で、かつ教授が話す様なフォーマルな英語ではなくてアンフォーマルな砕けた英語を話すので、付いて行くのが大変でした。
    授業ではディスカッションなどもするんですが、一人だけ英語がうまく話せなくて恥ずかしかったりと、メンタル面でのバードルを乗り越えていくことが大変でしたね。勉強はハードでしたが、これは時間を掛ければ乗り越えられますので。それよりも、英語のハンディを持ちながら、それでもカレッジの学生たちに混ざっていくことの方が大変で、この時の経験で、メンタル面はかなり鍛えられたんじゃないかと思います。

    ▲目次へ戻る

    9. 学生ビザで勉強した後のことを教えていただけますか?

    その後、1年間ワーキングホリデーで、自分が利用してお世話になったバンクーバーの留学エージェントで仕事をしました。当時は、バンクーバーではなくてトロントに行ってくれと言われたので、トロントで仕事をしました。現地のホームステイ先を開拓したり、学校取材をしてページを作ったりといったことをしていましたね。すごく安く叩かれたんですが(笑)、これは将来の自分の為になると感じていたので、すごく時間をかけて働きました。トロントにはオフィスがなくて、在宅で仕事をする形だったんですが、一通りのエージェントの仕事というものをゼロから経験できました。あと、自分個人のサイトもやっていたんですが、そちらの方で収益も上げられるようになって、楽しくなっていきましたね。

    ▲目次へ戻る

    10. 自社サイトはどの様な経緯で作られたんですか?

    自分のサイト(『STUDY IN CANADA』 http://studyincanada.ciao.jp/)は、留学について徹底的に一番情報の多いサイトを作ろうと思って、留学する直前に作りました。情報サイトを作ったら、同じように情報を集めている人が来て、結果として自分に有益になるだとろうと思ったのが作ったきけっかです。初めの頃は、素人っぽい恥ずかしいサイトだったんですが、ずっと続けて、何度も何度も作り変えながら今に至ります。自分でHTMLやFTP、PHP、CSSを勉強し直しながら、手打ちで作成しました。
    自分でサイトが作れたことは、今の自分の色んなことに繋がっていると思います。というのが、サイトで集客力があったことことが一つの支えになって、独立しようと思えたところがあったんですよね。

    interview3_02

    ▲目次へ戻る

    11. ワーキングホリデーが終了した後は、どの様に過ごされたんですか?

    カナダに残りたかったんですが、当時は残る方法が無くて、一旦は日本に戻りました。初めの半年は、そこそこ自分のサイトから集客があったので、自分でエージェントをやろうと思ってやったんですが、会社を設立するだけの規模にはなりませんでした。その後、マーケティングの会社に入って、Webの部署で1年間程仕事をしていました。
    ただ、カナダで働きたいというのを依然として思っていて、それをブログでつぶやいていたんですが、向こうの日系の留学エージェントがそれをたまたま見て拾ってくれたんですよね。そのエージェントが留学支援だけではなくて、人材紹介事業も立ち上げるということで、その立ち上げ事業を一緒に始めました。元々は日本で仕事をやることになっていたんですが、やはり距離があるとなかなか難しいのでカナダに来てくれと言われ、観光ビザを取得してカナダに行きました。そこからはWebサイトを作ったり、プログラムを作ったり、マーケティングを考えたりということをしていました。
    1年位そうやって仕事をしたんですが、その頃、留学支援のポジションが空いて、私は経験があって、留学の仕事をしたいとも思っていたので担当することになりまして、それから約5年間はその会社で留学支援の仕事をしました。その間にも、個人でWebサイトをいくつか運営するということを続けていました。

    ▲目次へ戻る

    12. 会社を辞めて、ご自身で会社を始めたのはどの様な経緯だったんですか?

    5年が終わった頃、会社を辞めて自分で会社を作りました。いくつかある自分のサイトに集客力があったので、それでやっていけるんじゃないかと思ったのと、より自由度のある中で仕事をしたいと思ったからですね。あと、丁度その頃3.11が起こったんですが、その時に「自分も人類も、明日どうなるかわからない。やりたいことを今やらないと、もう2度とできないかもしれない。」と考えたことも、踏み出すきっかけになりましたね。
    そしてやっぱり、やらないで後悔する、ということは自分は絶対にしたくなかったんですよね。やってみて、わーと行動して、たとえそれでヘロヘロになっただけだったとしても、そちらの方がいいと思っていました。

    ▲目次へ戻る

    13. これまで仕事をしてきて、大変だったことは何でしょうか?

    あえて言うなら、お客様からのクレームですかね。日々クレームはあるんですが、お客様で感情的になって冷静に話ができない時は大変ですね。これまでだと、留学先として支援した学校に納得がいかないからお金を全額返金してほしいといったことがあったり、ホームステイ先での人間関係でトラブルがあったりしたことがあります。
    対人の仕事は正解があるわけではないので、人間力が問われるところがあり大変さはありますが、その分楽しいですし、自分もすごく成長できるとやりがいを感じます。

    ▲目次へ戻る

    14. では、楽しかったことは何でしょうか?

    会社の皆で気持を一緒にして、目標に向けて頑張っていることが楽しいですね。
    あとは、社員は元々知り合いではなかったわけですが、そこからお互いに関わって新しい人間関係が広がって発展していくこと、そしてそこに留学を支援する学生も関わってきますので、色んな出会いがあって新しい刺激が生まれていくのが楽しいと感じます。
    自分は会社の運営が仕事ではあるんですが、中の人間になってしまうんではなくて、現場で人に関わるということはずっとしていきたいと思っています。

    ▲目次へ戻る

    15. では、楽しいと感じることは何でしょうか?

    会社の皆で気持を一緒にして、目標に向けて頑張っていることが楽しいですね。
    あとは、社員は元々知り合いではなかったわけですが、そこからお互いに関わって新しい人間関係が広がって発展していくこと、そしてそこに留学を支援する学生も関わってきますので、色んな出会いがあって新しい刺激が生まれていくのが楽しいと感じます。
    自分は会社の運営が仕事ではあるんですが、中の人間になってしまうんではなくて、現場で人に関わるということはずっとしていきたいと思っています。

    ▲目次へ戻る

    16. 日々、色んな方とお会いされる中で、大切にしていることはありますか?

    あまり先入観を持たずに、今ある物を受け入れることですね。こうあるべき、こうしたいとう自分なりの考え・道筋はありますが、多様性の世界ですし、自分の思い通りにならないこともたくさんありますので、ご縁を感じたり、純粋に面白いと思ったことを、その場その場で受け入れるようにしています。
    例えば今、カナダのバレエ団への留学支援を行っているんですが(http://studyincanada.ciao.jp/gohballet/index.html)、これもご縁があって始めたものなんですよね。バレエの世界は全く知らなかったですし、初めは留学支援も難しいかと思ったんですが、3年位たった今、少しずつ軌道に乗り始めて事業として育ってきています。

    ▲目次へ戻る

    17. 今後、会社をどの様に成長させていきたですか?

    もちろん会社として、部門としてのそれぞれの売り上げの目標数値はあるんですが、今持っているポテンシャルをもっと引き出していきたいと思っていて、人材というキーを元に横への展開を広げていきたいですね。例えば、2020年のオリンピックの時に、英語が話せてかつ英語を使いたいと思っている人たちを紹介して繋いでいくことで社会に貢献する、ということも考えている一つです。

    ▲目次へ戻る

    18. ちなみに、カナダの日本人のビジネスのコミュニティはどんな感じ何ですか?

    全体的に大きくはないので、お互いが繋がりやすいと思います。事業としては、ラーメン屋とか居酒屋といった外食系をやっている人が多いです。あとは、不動産、保険、引っ越しなどもありますね。
    カナダでは、自分でビジネスをやっている人がすごく多いので、逆に独立することが自然の様に感じられて、自分でビジネスをすることに対しての気持ち的なハードルがだいぶ落ちると思います。
    会社を設立するにしても、私が日本で設立した時は手続きなどが大変でしたが、カナダは制度的にも簡単です。弁護士にお願いするのが早くて、弁護士に4~5万円位、投機に4~5万円位払ってと、全部で10~20万円程で出来ますし、掛かる時間も1週間位です。こういった手続きはオンラインでもできます。
    コミュニティを通して情報もたくさん集まってきますし、そういった意味で、カナダでは小規模ビジネスはやりやすいと思いますね。

    ▲目次へ戻る

    19. 今後もカナダで生活していく予定ですか?

    永住権は取りましたが、一生カナダに骨を埋めて生きる、というのは考えていません。現時点ではカナダがベストなのでカナダにいますが、何かきっかけがあったら日本に帰るかもしれませんし、あるいは他の国に行くかもしれません。
    NTT系の会社に入った頃は、まさか自分が日本以外の国に行って、永住権を取って、しかも会社をやって、なんて夢にも思ってなかったですね。その時は、年金をもらうつもりでずっと会社で働いていこうと考えていましたから(笑)。人生ほんとどうなるかわかりませんね。でも、リスクを取りながら、駆け引きをしながらやっていくのはとても楽しいと感じます。

    ▲目次へ戻る

    20. 今後の目標を教えてください!

    会社として、売り上げと規模を大きく成長させていきながら、私が関わらないでも自然と回るような、強い組織にしていきたいと考えています。今年で会社は4年目で、まだまだ規模は小さいですが、売り上げは順調に伸びてきています。オフィスも増えて、スタッフも増えてきていて固定費も増えているので、ここから更に伸ばしていくのは大変ですが、これからですね。
    あと、日本とカナダともう1ヶ国くらいを移動するなどして、環境を変えながら仕事をして、生活をしていきたいですね。

    21. ありがとうございました!

    interview3_03

    ▲目次へ戻る

    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • OCTPASS

    ピックアップ

    フリーランス

    【Swift】アプリ開発エンジニア★コミュニティサービス新規開発(iOS)

    月額単価 :60万円〜90万円

    ・iOS ネイティブアプリケーションの設計、開発 ・プロダクトのUI/UX改善 ・iOSバージョンアップへの...

    フリーランス

    【PHP】サーバサイドエンジニア★国内大手コスメECサイト開発

    月額単価 :60万円〜90万円

    日本最大のコスメ・美容の総合サイトを運営してる企業にて、 PHPを用いた自社ECサイトのサーバーサイド...

    フリーランス

    【Linux】インフラエンジニア★メール配信システム向けサーバ設計・構築

    月額単価 :70万円〜

    大規模メール配信システムのインフラ部分で 既存運用の改善、機能改修や構成変更に伴う 各種計画作業...

    フリーランス

    【Linux】インフラエンジニア★大手ECサイトサーバリプレイス

    月額単価 :80万円〜

    本番稼働中の流通小売業界大手クライアント向け ECサイトのサーバリプレイスをお任せします。 メン...

    フリーランス

    【Android Java】サーバーサイドエンジニア★大手企業向けスマホアプリ開発

    月額単価 :80万円〜

    大手企業より受託開発を行っている企業内にて スマホアプリのサーバーサイドの実装を お任せします。 ...

    OCTPASS

    絞り込みメニュー

    絞り込みメニュー

    職種で探す

    SEACH_LISTjobcat257

    SEACH_LISTjobcat258

    SEACH_LISTjobcat259

    SEACH_LISTjobcat260

    SEACH_LISTjobcat261

    SEACH_LISTjobcat262

    SEACH_LISTjobcat263

    SEACH_LISTjobcat264

    SEACH_LISTjobcat265

    SEACH_LISTjobcat266

    SEACH_LISTjobcat267

    業種で探す

    雇用形態で探す

    勤務地で探す

    SEACH_LISTloccat391

    SEACH_LISTloccat394

    SEACH_LISTloccat403

    SEACH_LISTloccat413

    スキルで探す

    SEACH_LISTsklcat465

    SEACH_LISTsklcat466

    SEACH_LISTsklcat467

    SEACH_LISTsklcat468

    SEACH_LISTsklcat469

    SEACH_LISTsklcat470

    SEACH_LISTsklcat471

    こだわり条件で探す

    SEACH_LISTgoodcat337

    SEACH_LISTgoodcat338

    SEACH_LISTgoodcat339

    SEACH_LISTgoodcat340

    SEACH_LISTgoodcat341

    SEACH_LISTgoodcat342

    SEACH_LISTgoodcat343