ゲームプログラマーになるには?未経験からの転職と求人、仕事内容まで解説 | サービス | プロエンジニア

    ゲームプログラマーになるには?未経験からの転職と求人、仕事内容まで解説

    • このページをはてなブックマークに追加

    「ゲームを作る仕事に就きたい!」大好きなゲームを仕事にできる、大のゲーム好きの方であればまさに夢のような職業として、ゲームプログラマーを目指したことがあるのではないでしょうか。
    今回は、IT業界の中でもゲームプログラマーに関心がある方へ向けて、未経験からでもゲームプログラマーを目指せるのかなど、必要となる情報をまとめました。これからの転職活動などの際にぜひ参考にしてください。

    なお、ゲーム業界についての詳細は、以下の記事で解説されていますので、ぜひ参考にしてください。
    関連記事: ゲーム業界とは

    1.ゲームプログラマーとは

    1つのゲームを作り上げるまでには、グラフィックデザイナーやシナリオライター、サウンドクリエイター、プロデューサーをはじめ、様々な人が携わっています。
    ゲームの企画書や仕様書、デザイン、音声などゲーム作りに必要となる素材をとりまとめ、プログラミングしてゲームを完成させる職種がゲームプログラマーです。

    ゲーム作りに必要なプログラミング言語は、企業や対象となるゲームによっても様々あります。コンシューマーゲーム(家庭用ゲーム)では、主にC言語やC++等が利用されており、近年急成長しているオンラインゲームやスマホでも遊べるソーシャルゲームでは、C#、Java、PHPやSwift等が広がりつつあります。

    2.ゲームプログラマーの仕事内容

    ゲームプログラマーの仕事内容は、ゲームの仕様書に沿ってプログラミングを行います。
    デザイナーが作成したキャラクターや画面レイアウト、実際の物語(シナリオ)がゲームプログラマーの手によって繋がり、ゲームとして実際に見たり聴いたり、操作したりすることができるようになります。
    個々のデータだけではゲームは完成しませんので、ゲームプログラマーは、ゲームを作る上でとても重要な役割を担っています。

    ただ画面が動けば良いのではなく、細かい動きに合わせたサウンド調整など、改良を加えてより良いものを作り上げる必要があります。バグの修正対応も行いながら、納期を常に意識した開発となるので、技術に対するスキルアップと集中力が欠かせません。

    3.未経験から転職してゲームプログラマーになるには

    ゲームプログラマー求人の条件としては、これまでに「プログラミング経験を有すること」が挙げらている場合がほとんどです。また、未経験からの場合は、学歴不問といった求人も少なからずあるものの、第二新卒・20代など、比較的若年層の人材であることが必要となるようです。

    全くの未経験からの転職の場合、ゲームプログラマーへ応募する前に、プログラミングスキルを高めるためにもまず、自分でプログラミングをやってみることをおすすめします。

    3.1 プログラミング経験を作る

    独学でプログラミングを学び、何かしら自分でゲームを作成してみるなど、「とにかくプログラミングをやってみる」ことが未経験からの第一歩と言えるでしょう。
    実際に手を動かしてプログラムを作ってみると、もっとこうしたい、もっとより良くしたいなど、見えてくるものがあるはずです。

    プログラミングを独学で学ぶためのオンライン学習サイトとして、 6.独学オンライン学習サイトでプログラミングで3つ挙げておりますので、ぜひ参考にしてください。

    3.2 ゲーム専攻の大学や専門学校

    独学ではなく、ゲームクリエイターのプロを育成する大学、または専門学校を探すという道もあります。就職サポートもしてもらえるだけでなく、同じ志を持った仲間と切磋琢磨しつつ、在学中から様々な作品を制作してアピールできる機会をもつ学校も多くあります。

    ゲーム制作に必要となる企画やシナリオ、コンピュータグラフィックス専攻の講義も受けることができたりと、ゲームプログラミングだけではなく、豊富なカリキュラムからゲーム制作全体の知識を体系的に学ぶことができるのも、大学や専門学校の大きな利点でしょう。

    しかし、社会人として働きながらゲームプログラマーを目指すことを考慮すると、通学の時間や学費にもある程度の余裕が必要となります。

    3.3 デバッカー、テスターから始めてみる

    IT製品が世の中に発表される前には、非常に多くのテストが実施されます。
    ゲームにおいても例外ではなく、発表前のゲームの潜在的バグを発見するため、ひたすらゲームをプレイし続けてエラーを発見していくゲームテスターが募集されていることもあります。
    テスターは、未経験からでも応募できる可能性があるので、まずはテスターとしてゲーム業界に転職して、実務経験を積みながらプログラミングを学習していき、ゲームプログラマーへの転職を目指すキャリアパスも考えられます。

    3.4 システム開発のプログラマーとして経験を積むことから始める

    その他には、業務用システム開発会社にプログラマーとしてジョブチェンジをし、プログラミングの実務経験を積んでからゲームプログラマーへと転職するキャリアパスです。

    作るモノがWebアプリなのかゲームなのかで異なりますが、使用する言語自体はC言語やPHPなど、ゲームプログラマーもシステム開発のプログラマーも同様です。

    現在就業中の企業で、ソフトウェア開発ができる部署やプロジェクトに異動できるならば異動したり、または未経験OKのソフトウェア開発企業に転職してプログラミング経験を積むなど、ゲームプログラマーへ転職するために、希望する言語の「プログラミング開発実務経験」を作ることも選択肢の一つであると言えるでしょう。 少々長い道のりとはなるものの、ゲームプログラマーの募集は経験が重視されますので、IT企業での実務経験があるのとないのとでは、転職活動において応募できる企業の幅も違ってきます。

    3.5 ITエンジニア専門の転職エージェント

    以上4つ以外にも、ゲームプログラマーを目指すための最適なキャリアパスを見つけるための方法として、転職エージェントサービスを利用するのもおすすめです。
    転職エージェントでは、履歴書の書き方から面接ポイントなど、専門のコンサルタントが転職活動に関する様々なサービスを提供しています。未経験からの転職活動のサポート役として、ぜひ利用したいサービスです。

    ゲームプログラマーの最新求人情報はこちら

    3.6 転職支援があるエンジニアスクールに通う

    また、エンジニアスクールでは、机上の学習のみならず、実機を用いてプログラミングやインフラの知識など、ITエンジニアに必要となる知識を学ぶことができます。
    さらに、就職支援も行ってもらえるスクールであれば、転職サポートまで一貫して行ってもらえるので、未経験からの場合でも心強いのが特長です。

    無料の実践型就職支援講座(インターンシップ)はこちらから

    ・エンジニアカレッジ

    4.ゲームプログラマーで取得しておきたい資格

    ゲームプログラマーとして特殊な資格が必要となることはありません。 しかし、未経験者の場合は特に、IPA主催の「基本情報技術者試験」は持っておいて損はない資格です。
    午後試験のソフトウェア開発分野では、C言語も選択言語に含まれています。ゲームプログラマーとしての就職を目指す場合、選択言語はC言語を選んでおけば転職時のアピールにも繋がります。

    ゲームプログラマーはゲームを作り上げる仕事なので、ゲームが好きであることが大前提となります。企画書の内容が実現可能な設計であるかを検討したり、プログラミングの技術力だけでなく、ゲームをより面白く、魅力のあるものにするためのゲームセンスや発想力も、ゲームプログラマーには必要なスキルです。

    仕事上多くのゲームに触れることとなりますが、単純にプレイヤーとしてゲームをすることと、ゲームプログラマーとしてゲームを作ることとでは、ゲームを見る視点や求められる能力が全く異なってくることを意識しておく必要があるでしょう。

    関連記事: 基本情報技術者試験は就職に有利?配点から午前免除方法まで徹底解説【2018年版】
    関連記事: プログラマー必見!プログラミング言語に関する資格17種類一覧

    5.ゲームプログラマーの年収

    当サイトProEngineerの求人情報から正社員のゲームプログラマーの年収を見たところ、2018年2月1日現在で、280万~の求人となっており、当サイトでの平均年収を算出したところ、次のような結果となりました。

    平均年収:501万円

    ゲーム業界もゲーム機器メーカーやソーシャルゲーム、アーケードゲームと様々あり、企業や雇用形態によって年収も前後します。さらにプログラミング経験次第では、年収UPの可能性ももちろんあります。

    6.独学オンライン学習サイトでプログラミング

    プログラミングに関する参考書は多く出版されており、インターネットのサイトなどで調べることで、気軽にプログラミングを始められる環境が整っています。いきなりプログラミングスクールに通うという選択肢もありますが、まずプログラミングをやってみることをおすすめします。

    プログラミングを独学で学ぶためのオンライン学習サイトをご紹介します。

    6.1 Progate

    PHP、JavaScript、Swiftなどゲームプログラマーも使用する言語について、基礎からコードを自分で打ちながら学ぶことができます。初心者でもスライドを見て学習してから実際にコードを組んでみることで、座学だけではない実践的な学習をすることが可能です。また、学習を進めていくとレベルが上がるように設定されており、このレベル上げがゲーム感覚で、非常に楽しく勉強することができます。

    (サイトURL: https://prog-8.com/

    6.2 ドットインストール

    C言語やC#、PHPからJavaScriptなどゲームプログラマーも使用する言語について学ぶことができます。
    一つ3分の動画から手軽に始めることができ、プレミアム会員ではiOSアプリやAndroidアプリの開発入門も掲載されていますので、初心者でも自分で実際に作ってみたい方にはオススメです。

    (サイトURL: https://dotinstall.com/

    6.3 Schoo

    こちらもアプリ開発やC言語などゲームプログラマーに必要な言語について学ぶことができ、プレミアムプランでは全ての授業(動画)を閲覧することが可能です。プログラミングだけではなく、英語や教養、Webデザインなど他のカテゴリも勉強できますので、自分の興味次第で広く利用することが可能です。

    (サイトURL: https://schoo.jp

    7.まとめ

    いかがでしたでしょうか。
    ゲーム業界は人気ながら専門性が高く、進化が早いことが特徴です。
    基礎的な部分からプログラミングの経験値をより多く積むことで、自分の強みや適性をアピールできる材料にもなります。未経験からゲームプログラマーを目指す場合は、まずプログラミングを始めて、1つでも多くのゲームを自分で作ってみることから、スタートされてみてはいかがでしょうか。

    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【JavaScript/Angular2/React.js】システムエンジニア★メガバンクWEBシステム開発

    月額単価 :80万円〜

    JavaScriptによる某メガバンクの ユーザー向けWEBシステムの開発をお任せします。 行程は詳細設計~...

    フリーランス

    【HTML5/JavaScript】フロントエンドエンジニア★RPGブラウザゲーム開発

    月額単価 :70万円〜

    新プラットフォームenzaを使用したRPGブラウザゲームの フロントサイド開発をお任せします。 ツールは...

    フリーランス

    【Unity】自社内ゲーム開発エンジニア

    月額単価 :80万円〜

    Unityを用いた自社内ゲーム開発を担当して頂きます。 既存のタイトルではなく、今後リリースを控えて...

    フリーランス

    【C++】ゲームプログラマー★カジノ用ゲームのソフトウェア開発

    カジノ用ゲームマシンの映像制御、リール制御、システム、 ライブラリ等の、ソフトウェア開発に携わっ...

    正社員

    【Java/C/C++】フルスタックエンジニア|金融系自社内サービス運用管理★未経験可

    年収 :400万円〜500万円

    ◆自社で手掛けるサービスに対し、運⽤管理担当者として提案〜開発を担当 ◆それぞれの分野でス ペシャリ...

    クォンツ・リサーチ株式会社