Microsoft認定資格プログラム(MCP)とは?難易度から受験料まで徹底解説 | サービス | プロエンジニア

    Microsoft認定資格プログラム(MCP)とは?難易度から受験料まで徹底解説

    • このページをはてなブックマークに追加

    IT系の資格には、公的な資格だけでなく様々なベンダー資格が存在します。今回は世界中で最も普及しているMicrosoft製品について、必要な知識と技術を取得していると証明できる資格「MCP」をピックアップしてご紹介したいと思います。

    目次

    1.Microsoft認定資格プログラムとは?

    1.1 全世界に通用する共通資格

    マイクロソフト認定資格プログラム(MCP:Microsoft Certification Program)は、米Microsoft Corporation(日本法人・日本マイクロソフト社)が実施する、マイクロソフト製品に対する知識と技能をレベル別に認定する試験です。

    受験者数や合格者数は非公開ですが、2003年時点の有資格者数は全世界で180万人、日本国内でも12万人を超える、大人気資格となっています。

    また企業情報に資格取得者数を掲載する企業も多く、重要視されていることが分かります。

    ▲目次へ戻る

    1.2 2012年度より新資格体系に移行

    2012年の4月、Microsoft製品に関するITエンジニア向け認定資格体系は大幅に刷新されました。2012年以前の旧MCPは「Microsoft認定プロフェッショナル(Microsoft Certified Professional)」の略称でしたが、新MCPは「Microsoft認定資格プログラム」の略称となりました。

    ▲目次へ戻る

    column_image4661_01

    1.3 資格取得のメリット

    ■未経験から就職の場合

    取得=即戦力という判定を受けるのは難しいですが、IT技術に対する学習意欲の高さは多くの企業で評価対象になります。

    ■実務経験ありから転職の場合

    取得した試験の内容が自分の業務経験の内容に沿っていれば、経験を裏付ける資料のひとつとして評価対象になります。沿っていない場合は「なぜその資格を取ったのか」についてしっかりと説明できなければ、実のない資格として評価対象とされないケースもあるようです。

    ■その他のメリット

    MCPは製品とそのバージョンごとに細かく分類されており、漠然と取るには向かない資格です。自分が「何をやっているのか」「これから何をやりたいのか」それらをしっかりとと考えた上で試験対策を行うことにより、自分の知識体系の整理を行うことができ、さらに足りなかった知識の補足を行えるというメリットがあります。

    ▲目次へ戻る

    2.試験の種類(グレード)と難易度

    MCPのグレードは、簡単な方から「アソシエイトレベル(MCSA)」「エキスパートレベル(MCSE、MCSD)」の2段階に分かれます。さらにその下位にあたる入門レベルとして、「MTA」という試験が実施されています。

    column_image4661_02

    以前は上位レベルにマスターレベルとして「MCSM」が設定されていましたが、2014年1月1日に新しく認定するための試験は終了したようです。なお「MTA」は、「MCP」とは別体系の資格になります。ですが「MTA」の試験内容は、「MCP」の入門編といえる内容になっています。

    またマイクロソフト社の有名な資格としてはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)がありますが、こちらもMCPとは別体系の資格であり、Microsoft Office製品に特化した資格となっています。

    本記事では「MTA」および「MCP」の各試験を中心に、ご紹介していきたいと思います。

    ▲目次へ戻る

    3.各グレードの試験時間・出題数・合格ライン

    3.1 MTA(Microsoft Technology Associate)

    未経験の方や学生の方はMTAからの受験も有効ですが、業務経験のあるエンジニアが武器とするには少し物足りない資格といえます。未経験者(学生など)の取得を想定した資格となっています。

    試験公式サイトでは、次のように定義されています。

    マイクロソフト テクノロジ アソシエイト (MTA) は、テクノロジ分野でのキャリア構築を目指す人向けの、入門的なマイクロソフト認定資格です。MTA 認定資格では、幅広い角度からテクノロジの基本的な概念を扱い、コアとなる技術知識を評価および検証し、テクノロジ面の信頼性を高めます。
    (引用元URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/mta-certification.aspx)
    対象試験 <システム管理者向け>
    98-349、98-365、98-366、98-367、98-368、98-369
    <データベース開発・管理者向け>
    98-364
    <デベロッパー向け>
    98-361、98-375

    以上のうち、いずれか1科目に合格すること。
    試験時間 45分
    出題数 40問前後(変動あり)
    出題形式 CBT(選択問題)
    合格ライン 70%程度
    前提条件 特になし
    履歴書の表記例 Microsoft Technology Associate(98-349※1) 取得

    ■正式名称と履歴書の表記例について

    (※1)には、自分に該当する試験番号を記入します。

    なおMTAの正式名称は「Microsoft Technology Associate」ですが、履歴書の表記は正式名称でなくても「相手に伝われば良い」という側面があります。MTAが評価される企業であれば、MTAという略称でもどの資格か伝わります。そのため「MTA (98-349) 取得」と略称で表記しても問題ありません。

    ▲目次へ戻る

    3.2 MCSA(Microsoft Certified Solution Associate)

    この資格を取得すると、対象となる製品(バージョン)の主要な機能を把握し、基本的な技術を身に着けていることが認定されます。

    「サーバー」「デスクトップ」「アプリケーション」「データベース」「デベロッパー」の5分野に分かれ、さらに製品やそのバージョンによって、2016年10月現在で次の8つに細分化されています。

    サーバー ・MCSA:Windows Server 2012
    ・MCSA:Windows Server 2008
    デスクトップ ・MCSA:Windows 10
    ・MCSA:Windows 8
    アプリケーション ・MCSA:Office 365
    データベース ・MCSA:SQL Server 2012/2014
    ・MCSA:SQL Server 2008
    デベロッパー ・MCSA:Linux on Azure

    それぞれ複数科目の試験を組み合わせて必要な試験に全て合格することで、初めて認定を受けることができます。

    次の表は現在一番人気である「Windows Server 2012」の場合の例になります。

    対象試験 70-410 Installing and Configuring Windows Server 2012
    70-411 Administering Windows Server 2012
    70-412 Configuring Advanced Windows Server 2012 Services
    試験時間 各120分程度
    出題数 各45~55問程度
    出題形式 CBT(選択問題)
    合格ライン 70%程度
    前提条件 特になし
    履歴書の表記例 MCSA Windows Server 2012 取得

    その他の分野の詳細については、公式サイトをご確認下さい。
    https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/mcsa-certification.aspx

    ■正式名称と履歴書の表記例について

    MCSAの正式名称は「Microsoft Certified Solution Associate」ですが、MTAの項でも述べた通り、履歴書の表記は相手に伝わることが重要です。MCSAが有効な企業であればMCSAで十分伝わることが考えられますので、略称で記載しても問題ありません。

    ▲目次へ戻る

    3.3 MCSE(Microsoft Certified Solution Expert)

    現在の資格体系においてマイクロソフト社が主要資格と位置付け、IT技術者が目指すべきレベルと認定されているのがこのMCSEです。定められた要件に従い、システムやアプリケーションの設計を行うことが可能なスキルを身につけていることが認定されます。なお最新の製品やテクノロジーに関する知識を維持する目的から、3年ごとに再認定試験を受験する必要があります

    2016年10月現在では、次の8分野が認定対象となっています。

    ・MCSE: Server Infrastructure
    ・MCSE: Private Cloud
    ・MCSE: Enterprise Devices and Apps
    ・MCSE: Data Platform
    ・MCSE: Business Intelligence
    ・MCSE: Messaging
    ・MCSE: Communication
    ・MCSE: SharePoint

    こちらもそれぞれ複数科目の試験を組み合わせて必要な試験に全て合格することで、初めて認定を受けることができます。

    次の表は、「Server Infrastructure」の例になります。

    対象試験 70-413 Designing and Implementing a Server Infrastructure
    70-414 Implementing an Advanced Server Infrastructure
    試験時間 各140分程度
    出題数 各40問程度
    出題形式 CBT(選択問題)
    合格ライン 70%程度
    前提条件 MCSA Windows Server 2012が取得済みであること
    履歴書の表記例 MCSA Windows Server 2012 取得

    その他の分野の詳細については、公式サイトをご確認下さい。
    https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/mcse-certification.aspx

    ▲目次へ戻る

    3.4 MCSD(Microsoft Certified Solution Developer)

    MCSEと同様に主要資格と位置付けられており、IT開発者が目指すべきレベルと認定されているのがこのMCSDです。指示された機能を使い、システムの構築やアプリケーションの開発を行うことが可能なスキルを身につけていることが認定されます。最新の製品やテクノロジーに関する知識を維持する目的から、2年ごとに再認定試験を受験する必要があります

    2016年10月現在では、次の6分野が認定対象となっています。

    ・MCSD: Windows Store Apps(Using HTML5、UsingC#の2種あり)
    ・MCSD: Web Applications
    ・MCSD: SharePoint Applications
    ・MCSD: Azure Solutions Architect
    ・MCSD: Application Lifecycle Management
    ・MCSD: Universal Windows Platform

    こちらもそれぞれ複数科目の試験を組み合わせて必要な試験に全て合格することで、初めて認定を受けることができます。

    次の表は、「Windows Store Apps」の例になります。

    対象試験 <Using HTML5なら、次の3つ>
    70-480 Programming in HTML5 with JavaScript and CSS3
    70-481 Essentials of Developing Windows Store Apps Using HTML5 and JavaScript
    70-482 Advanced Windows Store App Development Using HTML5 and JavaScript
    <Using C#なら、次の3つ>
    70-483 Programming in C#
    70-484 Essentials of Developing Windows Store Apps Using C#
    70-485 Advanced Windows Store App Development Using C#
    試験時間 各140分程度
    出題数 各40問程度
    出題形式 CBT(選択問題)
    合格ライン 70%程度
    前提条件 特になし
    履歴書の表記例 MCSD Windows Store Apps Using HTML5 取得
    MCSD Windows Store Apps Using C# 取得

    その他の分野の詳細については、公式サイトをご確認下さい。
    https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/mcsd-certification.aspx

    ▲目次へ戻る

    column_image4661_03

    4.試験の申し込み・日程・会場と受験料

    「オラクル認定Javaプログラマ」は試験日程や試験会場の指定はなく、自分にとって「都合のいい日」に「都合のいい場所」で、いつでも受験することが可能です。(ただし選択した会場が営業日でなければ指定不可)

    4.1 試験日・試験会場・合格発表

    申し込み受付期間 試験の数か月前~当日 ※選択した試験会場による
    試験日 随時 ※選択した試験会場による
    試験会場 会場試験:全国のピアソンVUE公認試験会場
    【試験会場(テストセンター)一覧】
    合格発表 試験終了後 即時

    申し込みは、ピアソンVUE社の以下のページから行います。

    【ピアソンVUE - MTA・MCP申し込みページ】

    column_image4661_04

    ▲目次へ戻る

    4.2 受験料(受験バウチャー料金)

    受験料は下表の通りで、MCPの各科目は共通チケットになっています。

    試験形態 受験料(一般) 受験料(学割)
    MTA 12,000円(税抜) 7,000円(税抜)
    MCP(1科目分) 21,103円(税抜) 11,607円(税抜)

    MCPの認定を受けるには、2~3科目を受験する必要があります。よって3科目ならば、認定を受けるまでに最低でも63,309円必要になります。

    ▲目次へ戻る

    5.受験料節約に再受験無料キャンペーンを活用しよう

    2016年7月18日より、MCPの受験料が改訂となり、1科目2万円を超える21,103円となりました。MCSAなど認定まで3科目合格を要するものが多く、認定を受けるまでに最低でも合計6万円以上かかることになります。

    6万円といえば大金ですから、落ちそうな状態では受験に二の足を踏んでしまう方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、再受験無料キャンペーンの活用です。

    5.1 セカンドショットキャンペーン

    column_image4661_06

    1回目の試験に不合格となった場合、その後1か月以内に2回目の受験予約を入れると再受験が無料になるキャンペーンです。セカンドショットキャンペーンの受験バウチャー(チケット)料金は、通常と同じ「21,103円」です。

    再受験無料申し込み期間・・・1回目受験の24時間後~30日以内

    この30日しばりは予約にのみ有効なため、予約さえ取っておけば余裕を持って勉強し直すことも可能です。なお1回目と2回目は同じ科目しか申し込みできません。

    時期は不定期ですが、ほぼ毎年実施されています。申し込み期間は長めで、前回は「2015年7月12日~2016年1月12日」の間に実施されました。特に急ぎでない場合は、キャンペーンを待ってみるのもいいのではないでしょうか。

    5.2 ブースターパック

    column_image4661_07

    こちらのキャンペーンはなんと、再受験が4回まで無料、つまり同じ試験であれば受かるまで計5回も受験できるというとてもお得な受験バウチャーです。ただし料金が少し高めに設定されており、料金は1割弱アップの「23,000円」です。

    こちらは2016年4月から新しく始まったキャンペーンで、当初は2016年5月31日までの期間限定発売でした。その後8月31日まで販売期間が延長され、2016年10月現在では在庫が売り切れ次第販売終了とのことです。

    ブースターパックの販売については7月の料金改定を踏まえての特別措置の可能性があり次の販売があるかは未知数ですが、セカンドショットキャンペーンと合わせて実施されていないかこまめにチェックしてみてはいかがでしょうか。

    ▲目次へ戻る

    column_image4661_05

    6.MCP受験で自分のスキル指標づくりを

    MCPはこの7月の価格改定でさらに受験料が高額となり、気軽に力試しはできない価格になりました。ですが試験勉強を通して実務の中で身に着けてきた技術の棚卸しを行うことで、新たな発見や長年の疑問の解決にもつながるかもしれません。

    井の中の蛙にならないスキル指標づくりのためにも、試しに参考書など一読してみてはいかがでしょうか。

    MCPの資格が活かせる最新求人情報をチェック!

    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    キャンペーンサイトのコーディング業務 HTML CSS Javascript Webデザイナー コーダー NEW

    キャンペーンサイトのコーディング業務をお任せします。

    フリーランス

    飲食店舗ビッグデータ分析システムの改修支援 Linux SQL システムエンジニア プログラマー

    月額単価 :70万円〜

    既存サイトビッグデータ(店舗メニュー情報)分析システムの バッチ処理について、処理の大幅改修作業...

    フリーランス

    医療系Webサイトの開発 PHP ZendFramework CakePHP システムエンジニア プログラマー

    医療系Webサイトの開発をご担当頂きます。 【環境】 OS:Linux 言語:PHP DB:MySQL FW:ZendFra...

    正社員

    【自社内】英語力が活かせる テクニカルサポート トラブルシューティング 客先常駐無 海外展開有|メール関連サービス 

    年収 :350万円〜500万円

    ◆自社製品・サービスをご利用のお客様からに対してのサポート対応 ◆「自社内勤務」客先常駐等は無く、...

    株式会社クオリティア

    フリーランス

    STB向けBtoCシステムのバッチ処理、IoTデバイス Webインターフェース機能追加 PHP LAMP システムエンジニア プログラマー

    ・STB向けBtoCシステムのバッチ処理 ・IoTデバイス Webインターフェース機能追加 をご担当頂きます。