mi(えむあい) インストールと基本の使い方

    • このページをはてなブックマークに追加

    テキストエディター「mi(えむあい)」のダウンロードとインストールの方法を解説します。本コラムでは、Windowsのα版をインストールし、エディターの基本的な使い方について説明します。

    最終更新日:2017年12月15日

    目次

    1. 「mi(えむあい)」のダウンロード方法

    1.1 mi(えむあい)のインストールファイル(mi3.0.0a24.msi)をダウンロードする

    「mi(えむあい)」はMac OS用のテキストエディターですが、今回は、Windows版をインストールしてみます。開発者のサイトからWindows α版のインストールファイル「mi3.0.0a24.msi」をダウンロードして下さい。「mi(えむあい)」開発者のサイトからは、「Mac OSの最新バージョン」と「Windows版αバージョン」のダウンロードができます。

    ●「mi(えむあい)」開発者のサイト:
    http://www.mimikaki.net/

    ●「mi(えむあい)」Windows版αバージョンのダウンロードサイト:
    https://www.mimikaki.net/download/alpha.html

    「mi(えむあい)」Windows版αバージョンのダウンロードサイトを開いて、真ん中にあるリンク「mi バージョン 3.0.0 α24 (3.0.106.0) のダウンロード 」をクリックして、インストールファイル「mi3.0.0a24.msi 」をダウンロードして下さい。
    「インストールファイル(mi3.0.0a24.msi)」の保存場所は任意で構いませんので、ローカルPCの好きな場所に保存します。

    ▲ページトップへ戻る

    2. インストーラーを使って「mi(えむあい)」をインストールする

    2.1. mi(えむあい)のインストールファイル(mi3.0.0a24.msi)を実行する

    PC上に保存した「mi(えむあい)」のインストールファイル「mi3.0.0a24.msi」をダブルクリックしてインストールを開始します。

    ●mi3.0.0a24.msi

    「mi(えむあい)」のセットアップウィザードが表示されますので、「次へ」ボタンをクリックします。

    ●miセットアップウィザードへようこそ

    ▲ページトップへ戻る

    2.2. インストールフォルダの選択 [mi(えむあい) インストールウィザード]

    「mi(えむあい)」のセットアップウィザードが開始され、インストールするフォルダーを指定するウィンドウが表示されます。「mi(えむあい)」のインストール先を変更する場合は、「参照」ボタンをクリックして、フォルダーを選択します。また、ドライブを変更する場合は、「ディスク領域」をクリックします。

    「mi(えむあい)」インストールウィザード

    インストールフォルダーを変更する必要がない場合は、デフォルト設定の「C:\Program Files (x86)\mi」のまま、「次へ」ボタンをクリックして下さい。

    ▲ページトップへ戻る

    2.3. ユーザーアカウント制御の確認

    次に「mi(えむあい)」の「インストールの確認」ウィンドウが表示されますので、「次へ」ボタンをクリックします。

    「mi(えむあい)」インストールの確認

    Windowsの「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されたら、実行するアプリ(mi)もしくは、ファイル名が「mi3.0.0a24.msi」である事を確認し「はい」を選択してインストールを開始します。

    ●ユーザーアカウント制御

    ●インストール完了

    「インストールが完了しました。」のメッセージが表示されたら「閉じる」ボタンをクリックしてウィザードを終了させます。

    ▲ページトップへ戻る

    3. mi(えむあい)の起動と使い方

    3.1. mi(えむあい)を起動させる

    デスクトップに作成された、「mi(えむあい)」のショートカットをダブルクリックして、アプリケーションを起動させます。

    ●[mi(えむあい)]のショートカット

    ●[mi(えむあい)]

    「mi(えむあい)」のユーザーインターフェイスは、コードを記述する「エディター」と「ジャンプリスト」それから「最近開いたファイル」の3つのエリア(ペイン)からなります。好みに合わせてレイアウト変更をすることもできます。

    ▲ページトップへ戻る

    3.2. mi(えむあい)を使ってみよう

    起動した「mi(えむあい)」でHTML文書を書いてみましょう。以下のサンプルコードを記述してみて下さい。

    ●Sample.html

    <!DOCTYPE html>
    <html lang="ja">
    <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>HTML入門</title>
    </head>
    <body>
    <h1>見出しです</h1>
    </body>
    </html>
    

    ●[mi(えむあい)]エディター

    HTMLのコードは色付けされ、ジャンプリストには、主要タグのリストが表示されます。また、ファイルをタブ形式で複数ファイルを開いたり、最近開いたファイルをリストから選択したり、便利な機能を備えています。

    ▲ページトップへ戻る

    関連記事:【初心者におすすめ】テキストエディター15選!
    関連記事:【初心者におすすめ】無料HTMLエディター15選!
    関連記事:フリーエディター(gPad)のインストール
    関連記事:初心者のためのHTML入門
    関連記事:HTML学習におすすめのオンラインサイト
    関連記事:HTML&CSS 学習者におすすめの本 10選

    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【Java/Spring】システムエンジニア★証券会社向けフロントシステム開発

    証券会社向けフロントシステム開発を お任せします。

    フリーランス

    【Java】システムエンジニア★デリバティブバックオフィス運用改善

    現在、Excelマクロをベースに運用している 証券会社のデリバティブバックオフィス作業を 工数削減と作...

    フリーランス

    【VB6/VB.net】システムエンジニア★VB6→VB.netへのマイグレーション

    医療機関向けの部門システムを、 VB6からVB.netへ マイグレーションしていただきます。

    フリーランス

    【Java/DB】システムエンジニア★人事情報統合・移行システム開発

    銀行の人事情報と利用者情報の統合・移行システム開発を お任せします。 8月~10月までは基本設計フ...

    フリーランス

    【HTML/CSS/Javascript】フロントエンドエンジニア★自社サービス

    ・フロント周りの設計/開発/テスト/運用 ・HTML5、CSS3、JavaScript を利用した開発 (モックアッ...