社内SEとは?仕事内容から必要なスキル、転職活動での志望動機、資格まで解説 | サービス | プロエンジニア

    社内SEとは?仕事内容から必要なスキル、転職活動での志望動機、資格まで解説

    • このページをはてなブックマークに追加

    システムエンジニア、ネットワークエンジニアなど、IT業界の職種は数多くあります。
    現在では、IT系以外の企業においても業務のIT化が進み、エンジニアの需要は増すばかりです。
    エンジニアの転職活動でも「社内SE」という言葉を一度は目にしたことがあると思います。社内SEとはいったいどのような職種なのか、社内SEについて詳しく解説します。

    1.社内SEとは

    社内SEとは、文字通り社内の情報システム部で働くSE(システムエンジニア)のことを指します。
    客先常駐ではなく、主に自社に出勤し、自社内のシステムおよびインフラの構築・管理業務を担当します。
    基幹システムやサーバーの運用保守、社内ネットワークの管理、各種アカウントやライセンス管理、社員に対するサポートに至るまで業務内容は企業により幅広く存在します。

    2.社内SEの仕事内容

    社内SEの実際の仕事内容を見ていきます。社内SEとしての業務に明確な定義はなく、あらゆる社内システムに付随する幅広い業務を担当します。

    2.1 社内システムの構築、運用、保守

    まずは、社内システムの構築、および運用保守です。

    社内で使う勤怠管理システムや、会計、在庫管理システムなど、その会社で利用するシステムを実装し、運用サポートを一貫して行います。
    システムの長期的なメンテナンス、バージョンアップ、データ管理などを通して、自社の社員が安心して社内システムを利用できるようにします。
    社員の入退社や部署異動によって、システムを利用するユーザも変わりますので、ユーザーアカウント管理や、各種ソフトウェアのライセンス管理なども行います。

    また、運用だけでなく、システムの追加要件の希望があれば、社員から要件をヒアリングして設計、実装も行いますので、社内SE=社内システムを担当するシステムエンジニアと言えるでしょう。開発業務を外部に委託する場合は、開発ベンダーとの調整も行います。

    2.2 社内インフラの構築、運用、保守

    社内システムが常に安定稼働するよう整える必要があるため、システム開発の知識だけではなく、ネットワークやサーバーなどインフラ周りの知識も必要となります。
    システムが重い、または動かなくなったり、ネットワーク機器の故障、サーバーが起動しないなど、社内インフラの保守対応も社内SEの仕事です。

    2.3 社員からの問い合わせ対応

    パスワードロックでログインできない!や、システムの使い方がわからない!など、社内ヘルプデスク業務として、システムに関する社員からのあらゆる問い合わせ対応も、企業によっては社内SEの仕事となります。
    業種によっては、社員の中にITにあまり詳しくない人も含まれますので、専門的な知識を持つ社内SEは、頼りにされる存在です。

    ヘルプデスク業務についての詳細は、こちらの記事でも紹介されていますので、ぜひ参考にしてください。
    【関連記事】ヘルプデスクの仕事で必要なスキルとは?業務内容から求人まで解説

    2.4 社内ITシステムのマルチプレイヤー

    社内SEという言葉自体、企業によって捉え方も様々です。

    単純にPCサポートだけを指す企業もあれば、その企業がサービスを提供している一般ユーザからの問い合わせを行うヘルプデスクでの意味合いで社内SEと呼ばれることもあります。企業によっては、それらを兼任することもあるでしょう。
    広義の意味で社内SEとは、社内のITシステムに関するマルチプレイヤーと言えます。

    3.社内SEとシステムエンジニアの違い

    3.1 ユーザーが社員である

    社内SEとシステムエンジニアの主な違いは、ユーザーが顧客であるか、自社の社員であるかであると言えます。

    システムエンジニアの場合、プロジェクト単位で顧客も変わりますが、社内SEは主に自社での業務であるため、社内システムの利用者は自社の社員となります。
    自分が担当するシステムを使うユーザーが常に周りにいることで、ユーザーが困っていることを直接聞ける、利用している姿を間近で見られる、ありがとうという声を直接聞くことができるなど、よりユーザーに近い現場で働きたいエンジニアには、適した職種であると言えます。

    3.2 腰を据えて取り組める

    システムエンジニアの場合、プロジェクト単位で使用する言語や常駐先が変わることも珍しくありません。

    しかし、社内SEはプロジェクト単位ではなく、常に社内システムの業務を行います。社内での継続的な業務になりますので、ノウハウを蓄積しやすい傾向にあります。 社内システムの環境に精通すればするほど、ルーチン作業も多くなる傾向があるのも事実ですが、企業の根底である社内システムという大きなプロジェクトにじっくり腰を据えて取り組めるのは、社内SEのメリットでもあります。

    3.3 経営の視点が必要である

    社内SEのマネージャークラスともなると、社内システムが経営の視点から、いかに効果を出せる業務として遂行できるか、が問われるようになります。
    コスト部門とされがちな情報システム部門において、常にシステムの費用対効果を検討する必要もあるでしょう。社内システムの側面から企業経営を考える、これは社内SEだからこそできることであり、社内SEは自分の主体性次第で業務の幅は無限に広がる、大変やりがいのある仕事だと言えるのではないでしょうか。

    システムエンジニアについての詳細は、こちらの記事でも紹介されていますので、ぜひ参考にしてください。
    【関連記事】システムエンジニアの仕事内容とは?年収や役立つ資格もまとめました

    4.社内SEの志望動機

    転職活動において、履歴書の中で最も重要視されるのが志望動機です。社内SEの志望動機を作成するポイントをいくつかご紹介します。

    4.1 「その企業」を選んだ理由

    社内SEの志望動機で最も重視されるのは、なぜその企業を志望したかという点です。 社内SEとして成長したい、身近でユーザーサポートをしたいという曖昧な理由だけだと、「だとしたらウチでなくとも」と思われかねません。経験やスキルをアピールするするだけではなく、なぜその企業でなければならないのかを具体的に示すことがポイントとなります。

    4.2 社内SE志望のきっかけ

    続いて、社内SEを志望するようになったきっかけと理由です。
    ITエンジニアには様々な職種があります。その中で、なぜ社内SEという職を選ぶようになったのかを伝えるようにします。
    数年で解散してしまうプロジェクト単位での業務が続く中で、「企画から実装、運用サポートまで一貫して携わりたいと考えるようになった」など、具体的なきっかけに、自分自身のエピソードを伝えると説得力がアップします。

    なお、ITエンジニアの種類についての詳細は、こちらの記事でも紹介されていますので、ぜひ参考にしてください。
    【関連記事】あなたが目指すのはどれ?ITエンジニアの種類大解剖

    4.3 社内SEを通して貢献できること

    続いて、社内SEとして自分が貢献できることを示すことが必要です。
    例えば、「自分の〇〇のノウハウと専門知識を生かして御社の××システムについて〇〇といった新規企画に挑戦したい」など、自分が入社することでその企業にどのように貢献できるのかを伝えることが大切です。

    以上を踏まえ、以下の記事では、社内SEについて、および社内SEの志望動機例が紹介されていますので、ぜひ参考にしてください。
    【関連記事】システムエンジニア(SE)の志望動機、就職や転職活動で使える例文とポイントをまとめました

    5.社内SEの求人

    5.1 社内SE×未経験可の求人

    社内SEの求人は、未経験でも募集している企業はあります。
    未経験可で募集している企業の特徴として、入社後に数か月かけて研修を行い、OJTを通して実務経験を積むなど、研修体制を充実させていることが挙げられます。

    そして、積極的に技術を習得して活躍していきたいという応募者の意欲を最も重視しています。自分なりに技術書を読んで勉強している、自宅でサーバーを立ち上げてみているなど、未経験でも何かしらの自己啓発を行っていることを示せると良いでしょう。
    業種未経験可、学歴不問の人材募集なども存在しますので、社内SEはこれからIT業界にジョブチェンジしていきたいという方がチャレンジすることも可能と言えます。

    5.2 社内SE×転勤なしの求人

    自社勤務ですから勤務地が固定、つまり転勤なしであることを希望して社内SEを志望する方もいると思います。会社自体が移転しない限り、社内SEの転勤の可能性は少ないと言えます。
    しかし、全国に支社があり、それぞれに情報システム部を持つ企業などであれば、社内SEであっても転勤の可能性もあるでしょう。
    求人広告では、初めから「転勤なし」を謳っている企業もありますので、その企業がどのようなポジションで社内SEを募集しているのかを把握し、面接の際に転勤があるかどうかを予め聞いておくと、ミスマッチを防ぐことができます。

    5.3 社内SE×企業によって業務はさまざま

    問い合わせ窓口(ヘルプデスク)としての社内SE募集や、ネットワークなどインフラの運用管理エンジニアを社内SEと呼んだり、新規システムの設計や構築の募集だったりと、企業によって社内SEという人材の枠組みも様々です。
    よって、必ずしも「社内SE」という言葉で募集がかかっているわけではないので、注意深く探してみると、希望する企業がより見つけやすくなるかもしれません。

    5.4 社内SE×転職エージェント

    社内SEの求人を探す場合、転職エージェントを利用するのもおすすめです。
    転職エージェントでは、履歴書の書き方や面接のアドバイスなど、コンサルタントが転職活動の様々なサポートを行うだけでなく、応募者の希望に沿った求人を紹介してもらえるなど、個人で行う転職活動にはない手厚いサービスを受けることができます。
    また、中には非公開求人を取り扱っている場合もあり、希望の求人に巡り合えるチャンスがアップする可能性も高まります。

    6.社内SEに必要なスキル

    6.1 システム開発とインフラの基礎知識

    まずは社内システム管理を行うための知識です。 一連のシステム開発のスキルや、ITの基礎知識となりますが、その範囲は非常に広いため、日々の業務と自己啓発によって蓄積されるものと言えるでしょう。

    また、社内SEは、経験を積めば積むほど、社内のシステム全般における運用保守を担うことが多いので、システムの開発知識のみならず、サーバーやネットワーク等のインフラの知識もあると良いでしょう。

    6.2 問題解決、問題提案

    社内システムの側面から、社員をサポートし、どう企業に貢献できるのか。システムの改善点などを考えて提案するのも社内SEの仕事ですので、問題提案スキルが必要です。 また、あらゆる問題を解決するために、自ら原因を突き止め、解決への糸口を探していく問題解決能力が問われます。

    6.3 マルチタスク能力

    システム更改の検討をしながら、飛び込みでやってくるシステムトラブルに対応しつつ、尚且つ社員のサポートも行うなど、複数の作業を並行して行う必要もあるので、マルチタスクスキルも必要です。

    6.4 業務知識

    ITエンジニアとしての知識の他にも、その企業の事業に沿った業務知識が必要となります。会計システムであれば簿記の知識、金融システムであれば金融の仕組みなど、社内SEとして企業に即した知識が欠かせません。

    7.社内SEが取っておきたい資格

    社内SEとして業務を円滑に遂行させるため、スキルアップのため体系的に知識を学ぶという意味合いで、資格を取得することは大変有意義となります。企業によっては、資格を保有していることを応募条件に挙げている場合もありますので、転職活動にも役立つでしょう。

    ・基本情報処理技術者
    ・CCNA
    ・LPICレベル1
    ・オラクルマスター

    上記はITの基礎とインフラの知識を学ぶには最適な資格です。基本情報処理技術者はITエンジニアとしての基礎知識を得ることができます。
    CCNAはネットワークの基礎、LPICレベル1はサーバーで多く用いられるlinuxの基礎となります。オラクルマスターはデータベースの知識を学ぶことができるので、自分の業務内容に合わせて取得を検討してみてはいかがでしょうか。

    8.社内SEの平均年収

    まず、IT/通信業の平均均年収ですが、DODAが発表した平均年収ランキング2017の調査によると、以下のように発表されています。

    平均年収(全体) 466万
    平均年収(男女別) 男性 492万
    女性 395万
    平均年収(年代別) 20代 372万
    30代 505万
    40代 621万
    50代 769万

    では、実際の社内SEの年収はどれくらいになるのでしょうか。
    2017年12月時点に株式会社ミクシィが実施した調査によると、平均年収は次のような結果が出ています。

    平均年収:456万円

    また、当サイトProEngineerの求人情報から正社員社内SEの平均年収を算出したところ、2018年1月11日現在で、以下の結果となりました。

    平均年収:464万円

    多くの求人情報を見た限り、300万円~500万円の求人が比較的多めですが、より多い年収を狙える企業ももちろんあります。
    上記のとおり、社内SEとしての年収は平均450万円前後と言われていますが、中には外資系や上流工程を担う場合には1000万となるケースも。より年収アップを図るためには、システム運用やユーザーサポートからキャリアアップして、経営側からのシステム立案ができることなど、やはりマネージャークラスのポジションとなる必要があるようです。

    9.まとめ

    いかがでしたでしょうか。 社内SEを希望する応募者数は多く、人気の高い職種となっています。企業のシステム環境をサポートすることでエンジニアとして活躍できる社内SEに、ぜひ挑戦してみてください。

    社内SEの最新求人情報をチェック!

    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【Linux】インフラエンジニア★ファイルストレージ(ownCloud)の大型導入

    月額単価 :70万円〜

    ownCloudというファイルストレージの大型導入案件を ご担当いただきます。

    フリーランス

    【Unity/Android/iOS】システムエンジニア★幼児向けアプリ開発

    月額単価 :90万円〜

    Unityにて、2DiPad/Tablet環境で使える 幼児向けアプリの開発をお任せします。

    フリーランス

    【Java】システムエンジニア★コスメブランドAppサービス改修(バックエンド)

    月額単価 :100万円〜

    大手コスメブランドのAppサービス改修プロジェクトにおいて サービスのバックエンド側の設計・開発及び...

    フリーランス

    【LAMP】システムエンジニア★顧客情報分析システム開発

    月額単価 :70万円〜

    BtoB向けのBIGデータを利用した来店者計測ツールの 開発をお任せします。 また、そのデータを元にイン...

    フリーランス

    【Linux】自社プロダクトのテクニカルサポート★最先端セキュリティ関連

    月額単価 :50万円〜

    サービス導入済みのお客様に対する技術サポート、 クラウドサーバ運用保守のサポートをお任せします。 ...