CCNAとはどんな資格?難易度から気になる受験料までまとめました

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2021年05月18日 最終更新日:2021年10月20日

    IT系の資格には数多くのベンダー資格が存在しますが、それゆえにどの資格を選択すればいいのか、迷ってしまうこともあるのではないかと思います。
    そこで今回は慢性的に不足していると言われているネットワークエンジニアにおすすめの資格として、必要な知識と技術を世界的に証明できると言われている「シスコ技術者認定」のうち「CCNA」をピックアップしてご紹介したいと思います。

    1. CCNAとは?

    CCNAとはどんな資格?難易度から気になる受験料までまとめました【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    CCNA(Cisco Certified Network Associate)」は、世界最大手のネットワーク関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施する、ネットワークエンジニアの技能を認定する試験です。同社の主力商品であるCiscoルータ、Catalystスイッチに関する技術力の証明となるだけでなく、基礎的なネットワーク技術(TCP/IPなど)を持つことの証明にもなります。

    世界共通基準の資格であり、ネットワークの世界では最も有名な資格でもあります。

    ▲トップへ戻る

    2. CCNA取得のメリット

    CCNAを取得すると、二重にメリットがあります。

    1つは、世界に通用する資格を得ることで、ネットワークエンジニアとしての基本的スキルが備わっているということが証明できる点です。

    もう1つは、自分自身のスキルチェックになるという点です。CCNA試験範囲は、ネットワーク の基礎を系統だって、とても丁寧に網羅しています。固定の業務をこなしていると、どうしても知識が偏ってくる場合があります。自分に足りない知識はないか、また得意な分野はどこなのか、客観的にチェックすることができます。

    これは初心者からネットワークの勉強を始めたいと考えている方にも有効です。独学で勉強を始めようにも、ネットワークは世界が広すぎてどこから手を付けていいのか分からないという状況は多々あると思います。そんな時に、CCNAの勉強をすれば効率よくネットワークの基礎を学ぶことができるのです。

    ▲トップへ戻る

    3. 試験のグレードと分野

    3.1 試験のグレードは6種類

    シスコ技術者認定には6つのグレードがあり、簡単な方から「エントリー」「アソシエイト」「スペシャリスト」「プロフェッショナル」「エキスパート」「アーキテクト」の順です。その中で最もポピュラーなものがアソシエイトレベルに属する「CCNA」です。

    なお以前は行われていた「エントリー」レベルの試験については、2020年の改定で「CCT」という試験のみに変更になりました。ただ「CCT」は英語試験となっており、日本語で受験できるエントリー試験は事実上の廃止となっています。

    シスコ技術者認定試験の6つのグレード【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    ▲トップへ戻る

    3.2 試験の分野は7種類

    各グレードの資格はさらに7つの分野に細分化されており、それぞれ業務や業界に適した資格が用意されています。

    ▲トップへ戻る

    3.3 「CCNA」は1種類のみ!

    以前のCCNA試験は複数に細分化されていましたが、現在は統合され「200-301 CCNA」の一種類のみとなりました。

    ▲トップへ戻る

    4. CCNAの試験時間・出題形式・合格点


    対象試験 200-301 CCNA v1.0 の1試験
    試験時間 120分
    問題数 非公開
    出題形式 CBT(コンピュータ入力)方式
    合格点 非公開
    前提条件 特になし(ただし年齢制限あり)
    履歴書の表記 シスコ技術者認定 CCNA

    ▲トップへ戻る

    4.1 試験時間

    試験時間は120分です。CCNAは選択問題だけでなく筆記問題が存在します。さらに出題数も多いため、あまり1問に悩まず、まずは最後まで解ききることがおすすめです。

    ▲トップへ戻る

    4.2 出題形式

    CBT(Computer-Based Testing)方式とは、紙の問題用紙・解答用紙ではなく、コンピュータを用いて問題表示・解答入力を行う方式です。マウスで操作する選択問題や、キーボードで操作するシミュレーション問題などが出題されます。

    ▲トップへ戻る

    4.3 CCNAの受験資格と前提条件

    13 歳未満の場合、親の同意があったとしても受験および認定資格の取得はできません。13歳から17歳の場合は、保護者の同意があれば可能です。詳しくは公式サイトのポリシーを確認して下さい。

    ▶ 認定試験ポリシー|Cisco

    ▲トップへ戻る

    4.4 履歴書の表記

    履歴書には正式名称で書くことが一般的ですので、次のように表記できます。

    「令和○○年○月 シスコ技術者認定 CCNA 合格」

    ただし履歴書はあまり厳密に書く必要はなく、「分かれば良い」という側面があります。もっとシンプルに書いても、相手に伝わるようであれば問題ありません。

    ▲トップへ戻る

    5. CCNAの試験範囲

    2021年3月時点で最新バージョンであるv1.0の試験範囲は、次の通りです。

    試験範囲についてさらに詳しく確認したい方は、リンク先の公式サイトをご覧下さい。

    • ネットワークの基礎
    • ネットワークアクセス
    • IPコネクティビティ
    • IPサービス
    • セキュリティの基礎
    • 自動化とプログラマビリティ

    ▶ Cisco Certified Network Associate (200-301 CCNA)|Cisco

    ▲トップへ戻る

    6. CCNAの有効期限と資格の更新

    CCNAなどシスコ技術者認定資格は、3年で失効してしまいます。資格を保持し続けるには、3年以内に同じレベル、または上位のレベルの試験に合格して資格を更新する必要があります。

    厳しいようですが、この仕組みが常に資格をフレッシュな状態に保ち、即戦力につながる知識や技術があるというブランド力の裏付けになっています。

    ▲トップへ戻る

    7. CCNAの難易度は?

    CCNAとはどんな資格?難易度から気になる受験料までまとめました【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    7.1 難易度と勉強時間の目安

    未経験から2ヵ月でITエンジニアを目指すスクール「エンジニアカレッジ」の講師である竹本さんに、CCNAに合格した方の勉強時間の目安を伺ってみました。

    エンジニアカレッジは、2ヵ月の講座内でLinuCへの合格を目標としています。そこからさらに独学でCCNAを取得する方のケースでは、LinuCの合格後から早くても1か月半~2か月ほどの勉強期間を要しているようです。

    なお同じく講座修了後の状態から、独学ではなく就職先の新人研修などで取得を目指す場合、その期間は1か月という場合が多いようです。

    なおこれらのケースは1日に5~7時間程度勉強した場合ですので、1日の勉強時間があまり取れない方は、そのぶん長くかかると見積もった方がいいでしょう。逆に経験者の方であれば、もっと短時間で合格できるケースも。

    まずは後述の参考書を一通りめくって、出題範囲の理解度を確認してみてはいかがでしょうか。

    ▲トップへ戻る

    7.2 シミュレーション問題が難易度の分かれ目に

    「200-301 CCNA」では、シミュレーション問題と呼ばれる「実機の設定をシミュレートする記述式の問題」が出題されます。実機を操作したことのない方には、これが特に難関になります。

    個人で購入するには実機はとても高価なので、Web上で動くシミュレーターなどを活用して学習を進めて下さい。

    シミュレーター付きの参考書について、詳しくは「11. CCNAのおすすめ参考書&問題集」にてご紹介します。

    また、Ciscoから公式でシミュレーターも提供されています。英語に抵抗感のない方は、こちらを利用するのがおすすめです。

    ▶ Cisco Packet Tracer|Cisco

    ▲トップへ戻る

    8. CCNAの合格点と合格率は?

    CCNAの問題はランダムに出題されるため、同じ会場で同時に受けている方でも異なる出題内容となっています。合格点も同様で、受けた人により異なります。

    合格ラインは公式では非公開となっていますが、後述の勉強サイト「Ping-t」の合格体験記コーナーに、合格された方々が「何点で合格したか」を多数投稿されています。「何回目で何時間勉強して合格した」などの感想も多く投稿されていますので、合格率などを知りたい方も一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

    ▲トップへ戻る

    9. CCNAにはどんな問題が出題されるのか

    選択式だけでなく、ドラッグ&ドロップ式、キーボードを使用したコマンド入力式などがあります。

    試験の公式サイトにて少量ですが出題形式の分かる練習問題が掲載されています。公式サイトについて詳しくは、「12. CCNAの公式練習問題で難易度チェック」にてご紹介いたします。

    またWeb問題集サイト「Ping-t」にて、ドラッグ&ドロップ式のサンプルが掲載されています。勉強サイトについて詳しくは、「13. CCNAの勉強サイト」にてご紹介いたします。

    ▲トップへ戻る

    10. CCNAの勉強方法

    10.1 ネットワークの実務経験が無い方

    CCNA試験には「シミュレーション問題」という「実機の設定を疑似的に行う問題」も出題されるため、参考書を読むだけでなく実機を動かして試せる環境を作ることが重要です。

    しかし実機を個人で準備するのは難しいのではないかと思います。Cisco公式のシミュレーター(Cisco Packet Tracer)のインストールが難しいという場合は、後述の参考書「短期集中! CCNA Routing and Switching/CCENT教本」にてブラウザ上で動くシミュレータが提供されていますので、ネットワークの環境準備が難しい方は利用してみてはいかがでしょうか。

    ▲トップへ戻る

    10.2 ネットワークの実務経験が有る方

    まずは試験範囲の把握から始めて下さい。一通り参考書(白本)に目を通し、初見の項目があればまずそこを理解することから始めることがおすすめです。

    ひととおり試験範囲を理解することができたら、あとは時間のある限りひたすら後述の学習サイトで提供されている練習問題を繰り返し解いておくことがおすすめです。

    ▲トップへ戻る

    11. CCNAのおすすめ参考書&問題集

    11.1 ネットワークの実務経験が無い方

    1週間でCCNAの基礎が学べる本


    著者:宮田 かおり
    出版社:インプレス
    発売日:2021年4月13日
    価格:2,640円
    ページ数:336ページ

    出典:Amazon

    完全初心者からCCNAを目指している方へ、ぜひ最初に読むことをおすすめしたい本です。ネットワークに関する基礎がとても分かりやすく解説されています。

    逆に学校などで情報系を専攻していた方にはどこかで聞いたことのある内容ばかりですが、手軽に復習することができます。また7章にはシスコ製品についての解説ありますので、製品についてあまり知らないという方にもおすすめです。

    ▲トップへ戻る

    11.2 ネットワークの実務経験が有る方

    シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200-301


    著者:林口 裕志、浦川 晃、中道 賢(監修)
    出版社:翔泳社
    発売日:2020年6月24日
    価格:4,268円
    ページ数:888ページ

    出典:Amazon

    参考書と問題集が1冊にまとまっています。これが全て理解できれば、あとは試験日までひたすら練習問題を解いていくだけと言える一冊です。

    ▲トップへ戻る

    11.3 ネットワークの設定を実行できる環境が無い方

    短期集中! CCNA Routing and Switching/CCENT教本


    著者:のびきよ
    出版社:マイナビ
    発売日:2014年9月19日
    価格:1,523円
    ページ数:336ページ

    出典:Amazon

    ブラウザ上で動くシミュレーターが提供されています。本試験では、ネットワークの設定を模擬的に行うシミュレーション試験が実施されます。実機が触れない方は、ぜひ何らかのシミュレータで設定の練習など行っておくことをおすすめします。


    ほか問題集としては次のものがあります。試験範囲を一通り把握し終えた方は、ぜひ問題集を解いてみて下さい。

    Cisco試験対策 Cisco CCNA問題集 [200-301 CCNA]対応(通称:赤本)


    著者:Gene、松田 千賀
    出版社:SBクリエイティブ
    発売日:2020年9月19日
    価格:3,960円
    ページ数:760ページ

    出典:Amazon

    ▲トップへ戻る

    12. CCNAの公式練習問題で難易度チェック

    CCNAについては、公式サイトで練習問題が提供されています。本試験の傾向を掴める内容となっていますので、問題集を解き始める前にぜひ確認してみて下さい。

    練習問題は、各テーマにつき3問ずつ用意されています。量としては少な目ですが、どういった問題が出題されるのか、また難易度がどの程度なのか、とても分かりやすい出題になっています。ネットワークの経験者から勉強を始める方は、力試しにまず解いてみてはいかがでしょうか。

    ▶ CCNA 練習問題|Cisco

    ▲トップへ戻る

    13. CCNAの勉強サイト

    13.1 CCNAイージス

    CCNAイージス【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    サイトURL:https://www.infraexpert.com/info/ccnaz7.html

    CCNAの無料Web教科書です。個人の方が運営するサイトですが、市販の参考書と遜色ない、とても充実した内容に仕上がっています。そのほか同サイト「ネットワークエンジニアとして」では、ネットワークエンジニアに役立つ様々な情報が提供されています。

    ▲トップへ戻る

    13.2 Ping-t

    Ping-t【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    サイトURL:https://ping-t.com/

    企業による運営の勉強サイトですが、ユーザー登録を行うだけで閲覧できる無料Web問題集やコマ問集があります。ドラッグ&ドロップ問題のサンプルもあります。

    特に多くの方による詳細な合格体験記を読めるということが大きな特徴です。本番試験の雰囲気をつかめますので、読んでみてはいかがでしょうか。

    ▲トップへ戻る

    14. CCNAの試験日、試験会場は?

    CCNAには、試験日や試験会場の指定はありません。自分にとって「都合のいい日」に「都合のいい場所」で、いつでも受験することができます。


    申し込み受付期間 随時
    試験日 祝日を除く、月~土曜日
    試験会場 全国のピアソンVUE公認試験会場
    【試験会場(テストセンター)一覧】
    合格発表 試験終了後、即時

    ▲トップへ戻る

    14.1 申し込み受付期間

    CCNAの申し込みは、試験希望日の前日まで可能です。しかしながら目標とする試験日を決めることで勉強計画もたてやすく気合も入ると思いますので、早めの申し込みがおすすめです。

    ▲トップへ戻る

    14.2 試験日

    試験が実施される日は、基本的に祝日を除く月~土曜日ですが、テストセンターにより休日が異なる場合もあります。念のため事前にご確認下さい。

    試験が受験可能な時間帯も、会場により異なります。

    ▲トップへ戻る

    14.3 試験会場

    試験会場には全国100か所以上のテストセンターから、希望の会場を選択することができます。詳しくは表のリンク先をご覧下さい。

    ▲トップへ戻る

    14.4 合格発表・合格証

    合格発表は、試験終了の直後に画面上の表示で行われます。

    印刷された合格証が必要な場合については、郵送で届けられます。申請から配送までに必要な時間は、6~8週間程度です。

    ▲トップへ戻る

    15. CCNAの受験料とその支払方法は?

    15.1 各試験の受験料

    受験料は下表の通りです。

    試験名 料金(税別)
    200-301 CCNA 33,600円(税抜)

    ▲トップへ戻る

    15.2 受験料の支払い方法

    オンライン申し込みの場合、支払いはクレジットカード、または事前に購入したバウチャーで行うことができます。

    また、テストセンターに直接行って申し込むことも可能です。その場合、テストセンターによっては上記以外に現金での支払いを受け付けているところもあります。

    ▲トップへ戻る

    16. 申し込みの流れ


    1. まずピアソンVUE社のページからアカウント登録を行います。
       →ピアソンVUE社申し込みページ
    2. 次に受験申し込みページから近所のテストセンターを日時を指定し、受験予約を行います。
    3. なおホームページからの申し込みのほかに、次の2通りの方法があります。
       ・コールセンター(0120-355-583 または 0120-355-173)へ電話する
       (フリーダイヤルが利用できない場合の電話番号:03-6743-6643)
       ・テストセンターへ直接向かう

    ▲トップへ戻る

    17. 受験当日の流れ

    当日は試験開始時刻の15分前までに到着しておく必要があります。なお試験時間に15分以上遅れると受験資格がなくなってしまい、その場合は受験料の返金は行われません。

    身分証明書が2種類(1つは免許証やパスポート、マイナンバーカードなど、公的機関が発行し顔写真が入ったものであること)必要なので、忘れずに持参しましょう。

    ▲トップへ戻る

    18. CCNAの再受験ポリシー

    1回目の受験で残念ながら不合格となってしまった場合、同じ科目の2回目を受験できるのは中5日空けた翌日からになります。

    CCNAの再受験ポリシー【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    なおPCのフリーズなどによりきちんと受験できなかった場合は、日程を改めての再受験が可能です。

    ▲トップへ戻る

    19. キャンペーンを有効活用しよう

    CCNAは不定期にさまざまなキャンペーンを行っています。

    ▶ プロモーション・キャンペーン情報|Cisco

    過去にはロゴ入りグッズプレゼントなどのイベントも行われていたようですので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

    ▲トップへ戻る

    20. CCNA受験でネットワークのスキルチェック

    ベンダー資格は受験料が高額なため受験をためらうことがあるかもしれません。しかしこれからネットワークの勉強を始めようとしたけれど何から手を着けていいのか分からないという方には、CCNAの学習を通して基礎を効率よく学べるというメリットがあります。

    また日常的にネットワークの実務をこなしているという方にも、自分のスキルがどのくらいのレベルのものなのか、また偏っていないかなどを確認することができます。これまでの知識の整理や新しい発見にもつながるので、よければこの機会に練習問題など一読してみて下さいね。


    ▲ページトップへ戻る


    CCNAの資格が活かせる最新求人情報をチェック!

    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    正社員

    【Cisco】サーバーエンジニア|商用サーバー・ネットワーク機器の構築 NEW

    年収 :350万円〜650万円

    【業務内容】 ・商用サーバー、ネットワーク機器の構築/運用/保守  サーバーOS: Unix系、Linux系  ...

    株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズ

    正社員

    【Linux】インフラエンジニア|ネットワーク/サーバの導入・構築・運用

    年収 :300万円〜600万円

    ネットワーク/サーバの導入・構築・運用管理・システム運用支援業務をご担当いただきます

    ワイズマトリックス株式会社

    正社員

    【Cisco】ネットワークエンジニア|NWシステムの設計・構築・運用

    年収 :300万円〜

    ネットワークに関わる基本設計から構築、運用までを担当頂きます。

    株式会社アクロウェーブネット

    正社員

    【Linux】インフラエンジニア|サーバー・ネットワークの構築

    年収 :400万円〜

    仮想環境上でのサーバー構築やネットワーク構築のほか、アプリケーション(データベース、バックアップ...

    株式会社アナザーウェア