JavaScriptを有効にする方法

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2018年06月25日 最終更新日:2019年09月26日

    JavaScriptをブラウザーで有効にする方法について解説します。通常「Google Chrome」、「Mozilla Firefox」、「IE」などのブラウザーをインストールした時には、JavaScriptは初期設定で有効になっています。一昔前には、JavaScriptを有効・無効にする事がありましたが、現在ではブラウザーを利用する場合、JavaScriptの設定を変更する事は多くないと思います。しかし、開発や何らかしらの原因で「JavaScript」の有効・無効設定をする場合もありますので、本コラムでは、「Google Chrome」と「Mozilla Firefox」のJavaScriptの設定について説明します。

    目次

    1. 「Google Chrome」でJavaScriptを有効にする方法

    1.1. Google Chromeの設定

    Google Chrome」のJavaScriptを有効・無効にする場所を確認してみましょう。「Chromeブラウザー」の右上にある「Google Chromeの設定」アイコンをクリックして、Chromeの設定画面を開きます。

    ●Google Chromeの設定

    もしくは、ブラウザーのURLに「chrome://settings/」と入力します。

    ▲ページトップへ戻る

    1.2. 詳細設定

    ●Google Chromeの詳細設定

    「設定」画面下の方に「詳細設定」がありますので、三角のプルダウンをクリックして詳細設定を展開します。

    ▲ページトップへ戻る

    1.3. コンテンツの設定

    [プライバシーとセキュリティ]→[コンテンツの設定]と進んで下さい。

    ●[プライバシーとセキュリティ]→[コンテンツの設定]

    [コンテンツの設定]の三角矢印をクリックします。

    ▲ページトップへ戻る

    1.4. JavaScriptの許可・ブロック設定

    [コンテンツの設定]のJavaScriptが「許可」になっている場合は、そのままの設定でJavaScriptが有効になっています。「ブロック」になっている場合、JavaScriptはブラウザーで実行されません。

    ●[コンテンツの設定]→[JavaScript]

    JavaScriptを有効にする場合は、[JavaScript]の三角矢印をクリックしてJavaScriptを「許可(推奨)」に変更して下さい。

    ●[JavaScript]

    ▲ページトップへ戻る

    2. 「Mozilla Firefox」でJavaScriptを有効にする方法

    2.1. 設定一覧を表示する

    Firefox」のJavaScriptの設定はメニューにない為、URLに「about:config」と入力して設定一覧を表示します。

    ●Firefoxブラウザー

    「Firefox」の設定を変更する際には、ブラウザーの安定性、セキュリティー、パフォーマンス等に影響を与える事を理解した上で設定変更を行う旨の確認メッセージが表示されます。

    ●動作保障の警告メッセージ

    危険性を承知の上で使用する」ボタンをクリックすると、設定一覧が表示されます。

    ▲ページトップへ戻る

    2.2. 検索ボックスでJavaScriptの設定を検索する

    設定一覧には「設定名」、「状態」、「型」、「値」が表示されます。

    ●設定一覧

    JavaScript以外の設定も表示されますので、検索ボックスに「javascript.enabled」と入力してEnterキーを押して下さい。

    ●検索ボックス「javascript.enabled」

    ブラウザーの設定を変更していなければ、JavaScriptの初期値は「true」、つまり「有効」になっています。「Firefox」に限らず通常ブラウザーのJavaScriptの設定は有効になっています。設定変更をしない限りブラウザーをインストールした時点でJavaScriptは使えますので、何かしらの原因でJavaScriptを無効にする場合には、この設定を変更します。

    ▲ページトップへ戻る

    2.3. JavaScriptの有効・無効の設定をする

    「JavaScript」を無効にする場合には、「javascript.enabled」の行をどこでもよいのでダブルクリックするだけです。値は「true」から「false」に変わり状態は「初期設定値」から「変更されています」になります。

    ●設定一覧

    無効「false」の状態からJavaScriptを有効「true」に変更する場合にも同じく「javascript.enabled」の行をダブルクリックして下さい。

    ▲ページトップへ戻る

    JavaScriptのスキルが活かせる最新求人情報をチェック!

    月額単価60万円〜90万円
    勤務地 神奈川県
    月額単価80万円〜90万円
    勤務地 東京都 千代田区
    月額単価50万円〜60万円
    勤務地 東京都 千代田区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【Java】バックエンドエンジニア★Web教科書配信システムのアプリ開発 NEW

    月額単価 :60万円〜90万円

    小中学校で利用するWeb教科書配信システムの新規開発業務を担当して頂きます。

    フリーランス

    【PHP】システムエンジニア★Web API開発・Webサイト開発 NEW

    月額単価 :80万円〜90万円

    社内開発メンバーとチームを組んで頂き、以下いずれかの業務を担当して頂きます。 ・スマートフォンア...

    フリーランス

    【Ruby】サーバーサイドエンジニア★医療向けHRサービスの開発 NEW

    月額単価 :50万円〜60万円

    医療従事者向けのHRtechサービスを展開する企業にて、Rubyを用いたサーバーサイド開発を担当して頂きま...

    フリーランス

    【Ruby】サーバーサイドエンジニア★終活・セカンドライフサービスの開発 NEW

    月額単価 :60万円〜70万円

    終活/セカンドライフを考える人向けWebサービスのサーバーサイド開発を担当して頂きます。 【具体的...