JavaScriptを有効にする方法

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2018年06月25日 最終更新日:2019年09月26日

    JavaScriptをブラウザーで有効にする方法について解説します。通常「Google Chrome」、「Mozilla Firefox」、「IE」などのブラウザーをインストールした時には、JavaScriptは初期設定で有効になっています。一昔前には、JavaScriptを有効・無効にする事がありましたが、現在ではブラウザーを利用する場合、JavaScriptの設定を変更する事は多くないと思います。しかし、開発や何らかしらの原因で「JavaScript」の有効・無効設定をする場合もありますので、本コラムでは、「Google Chrome」と「Mozilla Firefox」のJavaScriptの設定について説明します。

    目次

    1. 「Google Chrome」でJavaScriptを有効にする方法

    1.1. Google Chromeの設定

    Google Chrome」のJavaScriptを有効・無効にする場所を確認してみましょう。「Chromeブラウザー」の右上にある「Google Chromeの設定」アイコンをクリックして、Chromeの設定画面を開きます。

    ●Google Chromeの設定

    もしくは、ブラウザーのURLに「chrome://settings/」と入力します。

    ▲ページトップへ戻る

    1.2. 詳細設定

    ●Google Chromeの詳細設定

    「設定」画面下の方に「詳細設定」がありますので、三角のプルダウンをクリックして詳細設定を展開します。

    ▲ページトップへ戻る

    1.3. コンテンツの設定

    [プライバシーとセキュリティ]→[コンテンツの設定]と進んで下さい。

    ●[プライバシーとセキュリティ]→[コンテンツの設定]

    [コンテンツの設定]の三角矢印をクリックします。

    ▲ページトップへ戻る

    1.4. JavaScriptの許可・ブロック設定

    [コンテンツの設定]のJavaScriptが「許可」になっている場合は、そのままの設定でJavaScriptが有効になっています。「ブロック」になっている場合、JavaScriptはブラウザーで実行されません。

    ●[コンテンツの設定]→[JavaScript]

    JavaScriptを有効にする場合は、[JavaScript]の三角矢印をクリックしてJavaScriptを「許可(推奨)」に変更して下さい。

    ●[JavaScript]

    ▲ページトップへ戻る

    2. 「Mozilla Firefox」でJavaScriptを有効にする方法

    2.1. 設定一覧を表示する

    Firefox」のJavaScriptの設定はメニューにない為、URLに「about:config」と入力して設定一覧を表示します。

    ●Firefoxブラウザー

    「Firefox」の設定を変更する際には、ブラウザーの安定性、セキュリティー、パフォーマンス等に影響を与える事を理解した上で設定変更を行う旨の確認メッセージが表示されます。

    ●動作保障の警告メッセージ

    危険性を承知の上で使用する」ボタンをクリックすると、設定一覧が表示されます。

    ▲ページトップへ戻る

    2.2. 検索ボックスでJavaScriptの設定を検索する

    設定一覧には「設定名」、「状態」、「型」、「値」が表示されます。

    ●設定一覧

    JavaScript以外の設定も表示されますので、検索ボックスに「javascript.enabled」と入力してEnterキーを押して下さい。

    ●検索ボックス「javascript.enabled」

    ブラウザーの設定を変更していなければ、JavaScriptの初期値は「true」、つまり「有効」になっています。「Firefox」に限らず通常ブラウザーのJavaScriptの設定は有効になっています。設定変更をしない限りブラウザーをインストールした時点でJavaScriptは使えますので、何かしらの原因でJavaScriptを無効にする場合には、この設定を変更します。

    ▲ページトップへ戻る

    2.3. JavaScriptの有効・無効の設定をする

    「JavaScript」を無効にする場合には、「javascript.enabled」の行をどこでもよいのでダブルクリックするだけです。値は「true」から「false」に変わり状態は「初期設定値」から「変更されています」になります。

    ●設定一覧

    無効「false」の状態からJavaScriptを有効「true」に変更する場合にも同じく「javascript.enabled」の行をダブルクリックして下さい。

    ▲ページトップへ戻る

    JavaScriptのスキルが活かせる最新求人情報をチェック!

    年収270万円〜320万円
    勤務地 東京都 港区
    年収250万円〜300万円
    勤務地 東京都 渋谷区
    年収400万円〜700万円
    勤務地 東京都 品川区
    年収350万円〜600万円
    勤務地 東京都 港区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    正社員

    【Java/Ruby】占いアプリ開発エンジニア|第二新卒・未経験歓迎 NEW

    年収 :270万円〜320万円

    ■Android 占いアプリの開発 ・マシン:Mac OSのPCを各自1台以上 ・開発ツール:Eclipse ・開発言語:...

    テレシスネットワーク株式会社

    正社員

    【LAMP】Webアプリ開発エンジニア|第二新卒・未経験歓迎 NEW

    年収 :250万円〜300万円

    自社サイトや社内ツールの開発を担当していただきます。 【同社運営サイト】 ・クチコミ事業「レビ...

    株式会社アイズ

    正社員

    【LAMP】システムエンジニア|ECに特化した顧客管理システムの開発 NEW

    年収 :400万円〜700万円

    自社サービス「うちでのこづち」、また新サービスの開発全般 をお願いします。 アジャイル開発を行っ...

    株式会社E-Grant

    正社員

    【PHP】フロントエンドエンジニア|Webサイトのデザイン・コーディング NEW

    年収 :350万円〜600万円

    様々な業種や規模の企業を担当していただき、Webサイトの デザインとコーディングを行っていただきます...

    株式会社ミスターフュージョン