• Kotlin案件は稼げる?フリーランスエンジニアの平均年収を解説

    公開日:2022年01月18日 最終更新日:2022年01月18日

    「Kotlinはどんな案件があるんだろう」「フリーランスKotlinエンジニアの平均年収が知りたい」と感じていませんか。

    今回は、

    • Kotlinとは

    • フリーランスKotlinエンジニアの案件例

    • フリーランスKotlinエンジニアの平均年収と将来性

    の流れで、フリーランスKotlinエンジニアに役立つ情報をまとめて解説します。

    フリーランスKotlinエンジニアに求められるスキルや学習がおすすめの人についても解説しています。「Kotlinのスキルを習得し、案件を獲得したい」という方は、ぜひ最後までお読みください。

    1. Kotlinとは

    Kotlin案件は稼げる?フリーランスエンジニアの平均年収を解説【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    Kotlin(コトリン)とは、2011年にリリースされた静的型付けのオブジェクト指向プログラミング言語です。

    最大の特徴はJavaとの互換性。Kotlinの構文自体はJavaと互換性を持たない独自方式です。ただし、Kotlinでコンパイル(コンピュータがわかる言語に変換)されたコードはJava VM(Javaの仮想マシン)上で動作するため、Javaの資産の多くを流用できます。

    Googleが2017年にAndroid OS向けアプリ開発の公式言語として採用したことで注目を浴び、公式開発環境「Android Studio」では、Kotlin開発用のプラグインがはじめから組み込まれています。

    ▲トップへ戻る

    1.1 Kotlinでできることの例

    Kotlinでできることの例を3つご紹介します。

    • Androidアプリ開発

    • Webアプリ開発

    • サーバーサイド開発

    Kotlinが最も活躍するのはAndroidアプリ開発です。Javaと互換性がありながら記述がよりシンプルであることから、Kotlinが採用されるケースが増加。既存のJavaの資産を引き継ぎつつ、よりモダンな形へリファクタリング(内部構造の整理)が可能です。

    Webアプリ開発やサーバーサイド開発もできます。レガシーなJavaのシステムをKotlinにリニューアルする例も増えています。

    ▲トップへ戻る

    1.2 Kotlinを実際に使っている企業・サービスの例

    Kotlinを実際に使っている企業・サービスの例として、2つご紹介します。

    • 株式会社サイバーエージェント「アメーバピグ」

    • 株式会社ニューズピックス「NewsPicks」

    アメーバピグは、自分にそっくりなアバター「ピグ」を作ってチャットができるサービスです。サーバーサイドはJavaで開発され、サービス開始から8年半運用されてきました。言語候補はScala・Go言語・Kotlinの3択で最終的にKotlinの導入が決定。言語仕様のモダンさJavaの資産を引き継げることなどが決めてでした。

    NewsPicksは、ソーシャル経済メディアです。新しいスマホアプリの開発にあたり、サーバーサイドでKotlinを採用しています。こちらも同様に既存のコード資産を活かしながらよりモダンな開発ができることが導入の決め手でした。

    ▲トップへ戻る

    2. フリーランスKotlinエンジニアの案件例

    フリーランスKotlinエンジニアの案件例について、初級と中級~上級にわけてご紹介します。
    Kotlinの案件の参考にしてみてください。

    2.1 初級Kotlinエンジニアの場合

    プロエンジニアに掲載されている情報をもとに、初級Kotlinエンジニア向けの案件をご紹介します。初級の場合、改修・運用・管理系の案件が中心です。


    Kotlin案件は稼げる?フリーランスエンジニアの平均年収を解説【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    出典:【Swift/Kotlin】アプリ開発エンジニア★ヘルスケアアプリ保守|プロエンジニア

    スマホアプリの保守業務を担当する案件です。
    具体的な業務は不具合修正、既存機能の拡張などで、iOS(Swift)とAndroid(Kotlin)の開発経験が求められます。月額単価は60万円~80万円です。


    Kotlin案件は稼げる?フリーランスエンジニアの平均年収を解説【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    出典:【Java/Kotlin】バックエンドエンジニア★タレント・インフルエンサー向けサイトの開発|プロエンジニア

    クリエイター向けプロフィールサイトのプラットフォームを展開する企業の案件です。
    業務はAPI 開発、DB 設計がメインとなります。Java によるバックエンド実装経験が3年以上必要ですが、Kotlinは独学などで得た知見で問題ありません。月額単価は80万円からです。

    ▲トップへ戻る

    2.2 中級~上級Kotlinエンジニアの場合

    プロエンジニアに掲載されている情報をもとに、中級~上級Kotlinエンジニア向けの案件をご紹介します。中級~上級の場合、上流の要件定義からプロジェクトに参画するものや、新規開発、サービス規模が大きい案件が中心です。


    Kotlin案件は稼げる?フリーランスエンジニアの平均年収を解説【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    出典:【Android Java/Kotlin】アプリ開発エンジニア★スタートアップのプラットフォーム開発(上流)|プロエンジニア

    プラットフォーム開発に特化した企業で、女性向けメディアのAndroidアプリ開発における上流工程を担当する案件です。
    アプリ担当者との仕様策定、要件定義、基本設計、詳細設計などがメインになります。月額単価は100万円からです。


    Kotlin案件は稼げる?フリーランスエンジニアの平均年収を解説【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    出典:【Kotlin/Java】Androidアプリ開発エンジニア★放送同時配信サービスのアプリ開発|プロエンジニア

    電子書籍/映像・放送/通信の分野の技術開発を中心に扱う企業です。
    数百万ユーザー数の大規模な放送同時配信サービスで、上流工程~機能追加、バグ修正を担当します。月額単価は100万円からです。

    ▲トップへ戻る

    3. フリーランスKotlinエンジニアの平均年収と将来性

    Kotlin案件は稼げる?フリーランスエンジニアの平均年収を解説【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    ここからは、フリーランスKotlinエンジニアの平均年収と将来性について解説します。
    フリーランスKotlinエンジニアの現状について知ることで、今後のキャリアを考える参考になるはずです。

    ▲トップへ戻る

    3.1 フリーランスKotlinエンジニアの平均年収

    プロエンジニアの掲載案件(※筆者調べ)によると、フリーランス向けのKotlin案件の平均月額単価は80万円~90万円でした。年収に換算すると960万円~1,080万円となります。

    月額単価の最高値は100万円からで、大規模開発に上流工程から参画する案件が多いです。一方で最低値は40万円~50万円でアプリメンテナンスの案件でした。JavaやKotlinの開発経験が3年以上あり、上流工程を請け負えるスキルや経験があると、高年収を目指せます。

    ▲トップへ戻る

    3.2 フリーランスKotlinエンジニアの求人動向・案件動向

    全体的には、Android向けアプリの受託開発案件が多いです。
    受託開発には「古いAndroidアプリのリファクタリング」と「新規のアプリ開発」の2通りがあります。

    Androidアプリのリファクタリングの場合、クラッシュログや問い合わせから見えてくるバグの特定および修正・長期のメンテナンス性向上に向けた改修がメイン。レガシーなJavaコードをKotlinに置き換えつつ、バグを解消したり、コードの読みやすさを改善したりします。
    新規開発の場合は、仕様書をベースに1からKotlinでアプリ開発を行います。

    またJavaとの相互運用性が高いことから、Kotlinエンジニア向けのJava求人も増えています。KotlinだけでなくJavaも並行して学習することで、受注できる案件の幅がより広がるでしょう。

    プロエンジニアのフリーランスエンジニア向けKotlin案件一覧はこちら

    ▲トップへ戻る

    3.3 フリーランスKotlinエンジニアの将来性

    次のような理由から、Kotlinの将来性は高いといえます。

    • Androidアプリ開発でKotlinが使われることが増えている

    • Googleが2017年にAndroidアプリ開発の公式言語として発表した

    • アプリ開発だけではなくサーバーサイド用途にも拡大している

    • Kotlin/Nativeを使えばマルチプラットフォームに対応できる

    Androidアプリ向けの言語としては、React NativeなどiOS/Adnroid両対応の開発も広がっています。ただし、より高度なパフォーマンスが求められるようになった段階で、それぞれに特化した言語にリファクタリングされることも少なくありません。なおかつKotlinも「Kotlin/Native」というツールを使えばiOS向けアプリを開発することは可能です。

    Googleが2017年にAndroidアプリ開発の公式言語として発表している以上、今後もAndroidアプリ開発でKotlinを採用する企業は多いでしょう。

    ▲トップへ戻る

    4. フリーランスKotlinエンジニアに求められるスキル

    Kotlin案件は稼げる?フリーランスエンジニアの平均年収を解説【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    フリーランスKotlinエンジニアに求められるスキルは、次の4つです。

    • Androidアプリ開発スキル

    • Webアプリ開発スキル

    • アプリ開発ツールを使いこなすスキル

    • サーバーサイド開発スキル

    Kotlinはほかのプログラミング言語と比べて、比較的書きやすい言語です。アプリ開発スキルを習得できれば、案件を獲得してフリーランスエンジニアとして活動できます。開発経験を積み重ねることで、より上級の案件も獲得できるようになるでしょう。

    さらに、サーバーサイドの記述ができると企業の即戦力になります。近年はサーバーサイドの案件も増えているので、ぜひ身につけたいスキルです。

    ▲トップへ戻る

    5. Kotlinに関するよくある質問

    Kotlin案件は稼げる?フリーランスエンジニアの平均年収を解説【フリーランスエンジニア案件情報 | プロエンジニア】

    Spring Bootに関するよくある質問とその回答について、2つご紹介します。

    • KotlinとJavaの違いは?

    • Kotlinを学習すべき人と他の言語の習得を優先すべき人は?

    それでは、順番に見ていきましょう。

    ▲トップへ戻る

    5.1 KotlinとJavaの違いは?

    KotlinとJavaの違いは次の通りです。

    Kotlin

    • 簡潔に書ける

    • 学習コストがそれほどかからない

    • 安全性が高い

    • 日本語のリソースが少ない

    • Javaよりも案件は少ない

    Java

    • ルールや記述が多い

    • 学習コストがかかる

    • Kotlinよりも安全ではない

    • 日本語のリソースが多い

    • 案件が豊富にある

    Kotlinは、Javaと比較してより簡潔に書ける、学習コストが低いといったメリットがあります。これからKotlinを学び、開発をしたい方にとってハードルは低いです。

    また、Kotlinはコードがシンプルなこと、NotNull型でエラーを防ぐことから、安全性が高い特徴もあります。Javaよりも安全な開発が可能です。

    ▲トップへ戻る

    5.2 Kotlinを学習すべき人と他の言語の習得を優先すべき人は?

    Kotlinを学習すべき人とほかの言語の習得を優先すべき人について解説します。
    「自分はKotlinを学習すべきだろうか」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

    それぞれの特徴について見ていきましょう。

    ▲トップへ戻る


    5.2.1 Kotlinの学習がおすすめの人

    次のような方にはKotlinの学習がおすすめです。

    • Androidアプリ開発をしたい人

    • アプリ開発とサーバーサイド開発に携わりたい人

    • Javaの十分な知識があり次に学ぶ言語を検討している人

    Kotlinを使ったAndroidアプリ開発や、AndroidアプリにおけるJavaからKotlinへの移行は増えています。Androidアプリ開発をしたい方は、Kotlinを学習するといいでしょう。

    また、Javaの十分な知識や開発経験があり、次に学ぶ言語を検討している人にもKotlinは適しています。Kotlinなら、Javaの知識や経験を活かしながら時代に合わせて活躍する領域を広げることが可能です。

    ▲トップへ戻る


    5.2.2 Kotlin以外の学習を優先するのがおすすめの人

    KotlinはJavaとの相互運用性が非常に高いため、モバイル分野でもWeb分野でも発展の可能性があり、基本的にはあらゆる人におすすめできます。

    ただ、開発したい分野が特化している場合には、開発内容に合った言語を選ぶといいでしょう。たとえばiOSに特化した開発をしたい人は、Objective-CやSwiftの学習がおすすめです。

    ▲トップへ戻る

    6. まとめ

    今回は、

    • Kotlinとは

    • フリーランスKotlinエンジニアの案件例

    • フリーランスKotlinエンジニアの平均年収と将来性

    の流れで、Kotlinについてお伝えしました。

    Kotlinは、Javaの資産を利用できる上により書きやすく、安全性の高いプログラミング言語です。
    Kotlinのフリーランス求人や案件は増加傾向にあり、今後さらに需要が高まる言語といえるでしょう。

    今回ご紹介した内容を参考に、Kotlinの案件動向や月額単価を理解して、今後のキャリアに活かしてくださいね。

    ▲トップへ戻る

    最新のフリーランスエンジニア情報をチェック!

    月額単価80万円〜90万円
    勤務地 東京都 千代田区
    勤務地 フルリモート
    月額単価70万円〜80万円
    勤務地 東京都 千代田区
    月額単価70万円〜80万円
    勤務地 東京都 新宿区
    月額単価70万円〜80万円
    勤務地 東京都 千代田区

    フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?

    • 定期的に案件を紹介してほしい
    • 完全フルリモートワークや、週1出勤など、働き方を選びたい
    • 単価交渉など営業周りが苦手なので、誰かに任せたい

    プロエンジニアにお任せください!

    プロエンジニアはほとんどEND直案件!高額単価案件ならお任せください。
    完全フルリモートや、週1出勤など、希望に合わせた働き方ができる案件を多数ご用意しています。
    単価や契約交渉などは弊社キャリアコンサルタントに全てお任せください。

    無料登録して、あなたの希望に合った案件をチェック!

    簡単60秒!無料登録はこちらから

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    NEW 【PM】保育園支援プロダクトの開発ディレクション

    保育園や保育士、保護者向けなど保育関係に特化したプロダクトを複数展開している企業にて、園・施設で...

    月額単価:80万円〜90万円

    フリーランス

    NEW 【PM/PMO】アルバイト求人サイトのバックエンドシステム改修

    受託をメインに活動している大手テクノロジー企業にて、今回は10年程度利用されてきたアルバイト求人サ...

    月額単価:70万円〜80万円

    フリーランス

    NEW 【Kotlin】Androidアプリ開発エンジニア★ライブ配信アプリの開発

    ブロックチェーン技術を利用した決済アプリやライブ配信システムを展開している企業にて、Android/Kotli...

    月額単価:70万円〜80万円

    フリーランス

    NEW 【Flutter】アプリ開発エンジニア★ヘルスケアアプリの開発

    toC向けにヘルスケアプラットフォームアプリを展開している企業です。 今回は、Flutterを用いて同社が...

    月額単価:70万円〜80万円

SCROLL TOP