• Windows向けプログラミング言語、おすすめ4つを徹底解説

    公開日:2022年03月24日 最終更新日:2022年04月25日

    Windowsユーザーの方に向けて、Windowsアプリが開発できるおすすめのプログラミング言語を4つ厳選し、その主な用途や、人気のフレームワーク、環境構築の手順、学習方法などをご紹介します。

    プロエンジニアの無料会員登録はこちら

    1.【Windowsユーザー向け】おすすめプログラミング言語4選

    Windows向けプログラミング言語、おすすめ4つを徹底解説【フリーランスエンジニア案件情報|プロエンジニア】

    Windowsユーザー向けのプログラミング言語では、「C#」「Visual Basic.NET」「C++」「Node.js」の4つがおすすめです。その選定基準と概要について、ご紹介します。

    ▲トップへ戻る

    1.1 選定基準

    本記事で「C#」「Visual Basic.NET」「C++」「Node.js」の4つをおすすめとした理由を、ご紹介します。

    ■ Windowsアプリの開発が可能か

    選定基準の一つ目として、まず「Windowsアプリの開発が可能か」という点が挙げられます。このWindowsアプリの開発を容易にするのが、.NET Frameworkです。Visual Basic、C#、C++、F#など、数多くの言語に対応しています。

    ■ 汎用性

    二つ目の基準は、汎用性の高さです。例えばC#であれば開発環境であるVisual StudioをUnityに連携させてゲーム制作が可能である点や、Node.jsであればElectronの利用でWindowsとmacOSの両OSのアプリケーションを1つのコードから作ることができる点などを重視しています。

    ■ 学習コスト

    三つ目の基準は、学習コストの低さです。環境構築に要する時間が短くすぐに学習が始められる言語や、ウェブ上で閲覧可能な日本語のドキュメントが充実している言語などを重視しています。

    ▲トップへ戻る

    1.2 C#

    まず一つ目のおすすめ言語は、「C#」です。

    ■ 主な用途

    C#の主な用途には、次のようなものが挙げられます。

    項目名 概要
    コンソールアプリ開発 コンソール上でコマンドを入力して実行する、CLIアプリケーションを開発することができる
    Webアプリ開発 Azure だけでなく AWS や GCP などのクラウドにもデプロイ可能なWeb上で動くアプリケーションを開発することができる
    Web API開発 HTTPプロトコルを用いて、外部から呼び出して使うことができるWeb APIを開発することができる
    サーバーレスプラットフォーム上での開発 Azure FunctionsやAWS Lambdaなどの、サーバーレスサービス上で開発を行うことができる
    Webフロントエンド開発 Webアプリケーションのフロントエンド開発を行うことができる
    モバイルアプリ開発 AndroidやiOSといった、モバイル OS 用のアプリ開発を行うことができる
    Windowsアプリ開発 Windowsのデスクトップアプリ開発を行うことができる
    機械学習 ML.NETを使用することで、機械学習を実装することができる
    ゲーム開発&MR(VR/AR)開発 Unityを用いて、ゲーム開発を行うことができる
    IoT 開発 Azure IoT Edgeを用いて、モジュール開発を行うことができる

    ■ フレームワーク

    C#の主なフレームワークには「ASP.NET」と「Xamarin」の二種類があります。
    それぞれの特徴は、次の通りです。

    ASP.NET
    用途 WebアプリケーションやWebサービスの開発
    最新バージョン .NET Framework 4.8
    公式サイトURL https://dotnet.microsoft.com/en-us/apps/aspnet
    動作環境 プロセッサ:1GHz
    RAM:512 MB
    最小空きディスク領域:4.5GB

    Xamarin
    用途 モバイルアプリ、Mono を利用したアプリケーション、UWPアプリなど
    最新バージョン 明示なし
    公式サイトURL https://docs.microsoft.com/ja-jp/xamarin/
    動作環境 プロセッサ:1.8GHz
    RAM:4GB
    ハード ディスク容量:最小850MB

    ■ 環境構築

    開発環境としてVisual Studio Communityを使用する場合、環境構築は次の手順で行います。

    ● Visual Studio Community のページにある「Visual Studio のダウンロード」をクリックし、「VisualStudioSetup.exe」をダウンロードする

    ● ダウンロードしたexeファイルを実行する

    ●「Visual Studio Installer」が表示されたら「続行」を押す

    ● ワークロードの選択画面が表示されたら、用途によって次のチェックを入れる。
    ▸ ASP.NETでWebアプリ開発・・・「ASP.NETとWeb開発」にチェック
    ▸ Xamarinでモバイルアプリ開発・・・「.NETによるモバイル開発」にチェック
    ▸ デスクトップアプリ開発・・・「.NETデスクトップ開発」にチェック

    Windows向けプログラミング言語、おすすめ4つを徹底解説【フリーランスエンジニア案件情報|プロエンジニア】

    ● 必要ならオプションを追加して、右下の「インストール」ボタンを押す

    ● インストールが完了し「再起動が必要です」と表示されたら「再起動」を押す

    参照:Visual Studio Community


    ■ 学習方法

    C#を独学するには、次のように「学習サイトで学ぶ」「参考書で学ぶ」という二つの方法があります。

    【学習サイトで学ぶ】

    Windows向けプログラミング言語、おすすめ4つを徹底解説【フリーランスエンジニア案件情報|プロエンジニア】

    出典:C#入門|ドットインストール


    授業形式で学ぶことが合っている人におすすめなのは、学習サイト「ドットインストール」を利用する方法です。現在はプレミアム会員のみが対象のコンテンツで、料金は他の授業も含めて受け放題で月額1080円です。授業動画の視聴だけでなく、授業の文字起こしの確認、ソースコードの比較、先生への質問などが行えます。参考書を読むよりも授業を受ける方が合っているという方に、おすすめです。


    【参考書で学ぶ】

    『確かな力が身につくC#「超」入門 第2版』


    著者:北村 愛実

    出版社:SBクリエイティブ

    発行日:‎2020年7月7日

    価格:2,860円(税込)

    ページ数:368ページ

    出典:Amazon

    一人で参考書を読みながら進めたいという方におすすめなのは、この「確かな力が身につくC#「超」入門 第2版」です。C#の導入方法からプロジェクトの新規作成など、一通りの流れを基礎から順に学んでいくことができます。

    ▲トップへ戻る

    1.3 Visual Basic.NET

    二つ目のおすすめ言語は、「Visual Basic.NET」です。
    VB.NETと似た言語に、VB、VBA、VBScriptがあります。その違いを表にまとめました。

    VB 1990年代にMicrosoftが開発していたプログラミング言語
    VB.NET VBの後継となるプログラミング言語
    VBA ExcelやAccessなどOffice製品を操作するための、VBを簡略化したプログラミング言語
    VBScript VB風のスクリプト言語

    ■ 主な用途

    項目名 概要
    コンソールアプリ開発 コンソール上でコマンドを入力して実行する、CLIアプリケーションを開発することができる
    UWPアプリ開発 ユニバーサルWindowsプラットフォームで動くアプリを開発することができる
    WPFアプリ開発 Windowsのデスクトップアプリ開発を行うことができる
    ActiveXでUIが作成されている
    Windowsフォームアプリ開発 Windowsのデスクトップアプリ開発を行うことができる
    Win32apiでUIが作成されている
    Webアプリ開発 AzureだけでなくAWSやGCPなどのクラウドにもデプロイ可能なWeb上で動くアプリケーションを開発することができる

    ■ フレームワーク

    VB.NETでも、C#同様にASP.NETを使ってWebアプリケーションやWebサービスの開発を行うことができます。


    ■ 環境構築

    開発環境としてVisual Studio Communityを使用する場合、環境構築はC#と同じ手順で行います。ワークロードから必要な項目を選択する部分で、Webアプリ開発かフォームアプリ開発かの目的によって、チェックする項目を変更してください。


    ■ 学習方法

    VB.NETを独学するために、おすすめの参考書をご紹介します。

    『VisualBasic2022パーフェクトマスター』


    著者:金城 俊哉

    出版社:秀和システム

    発行日:‎2022年2月1日

    価格:3,410円(税込)

    ページ数:735ページ

    出典:Amazon

    VB.NETの独学におすすめなのは、この「VisualBasic2022パーフェクトマスター」です。開発環境の準備からデスクトップアプリやウェブアプリ開発まで、サンプルを動かしながら実践的にプログラミングを学べます。

    ▲トップへ戻る

    1.4 C++

    三つ目のおすすめ言語は、「C++」です。
    C++と似た言語に、C言語、C#があります。その違いを表にまとめました。

    C 1972年にAT&Tベル研究所が開発した汎用プログラミング言語
    C++ 手続き型のプログラミング言語であるC言語に、オブジェクト指向などを組み合わせて拡張した汎用プログラミング言語
    開発効率を高めるための様々な機能が追加されている
    C# Unityなどゲーム開発言語としても使えるほか、業務システム開発やWebアプリ開発の現場でも利用されている

    ■ 主な用途

    C言語を拡張して作られたC++は、極論を言うと、プログラミングで作成するものについてはほぼ何でも作ることができます。
    中でも主な用途には、次のようなものが挙げられます。

    項目名 概要
    コンソールアプリ開発 コンソール上でコマンドを入力して実行する、CLIアプリケーションを開発することができる
    大規模業務システム開発 開発に数十名が参加するような、大規模な業務システム開発を行う
    人工知能(AI) ディープラーニングや人工知能の開発に使われている。Pythonの処理系にも、C++で書かれているものがある
    制御システム開発 ロボットなど様々な機械の制御システム開発に使われている
    組み込みシステム開発 家電製品や情報機器の組み込みシステムの開発に使われている
    DirectXゲーム開発 コンシューマーゲームの開発や、ゲーム機本体の制御を行うソフトウェアの開発などにも使われている

    ■ フレームワーク

    C++で人気のフレームワークには「Drogon」と「Qt」の二種類が挙げられます。
    それぞれの特徴は、次の通りです。

    Drogon
    用途 WebアプリケーションやWebサービスの開発
    最新バージョン dorogon 1.7.3
    公式サイトURL https://drogon.docsforge.com/
    動作環境 指定なし

    Drogonは2018年に発表された比較的新しいフレームワークです。しかしその処理スピードはさすがC++という圧巻の早さで、2020年5月末に実施された主要フレームワークのベンチマーク計測結果ランキングではこのDrogonが1位になりました。今は日本語のドキュメントが少ない状況ですが、今後注目のフレームワークです。
    ▶ 参考:Web Framework Benchmarks


    Qt
    用途 クロスプラットフォームアプリの開発
    最新バージョン Qt 6.2
    公式サイトURL https://www.qt.io/ja-jp/
    動作環境 指定なし

    Qtは、ただ一つのコードをこれでデプロイするだけで、プラットフォームを問わずに展開できるというフレームワークです。クロスプラットフォーム開発の手間を省けるだけでなく、日本語のドキュメントが充実しているという利点もあります。


    ■ 環境構築

    C++の開発環境構築には様々な方法がありますが、開発環境としてVisual Studio Communityを使用する場合、環境構築はC#と同じ手順で行うことができます。
    ワークロードから必要な項目を選択する部分で、以下のように「C++によるデスクトップ開発」や「C++によるモバイル開発」など、用途に合わせて選択してください。

    Windows向けプログラミング言語、おすすめ4つを徹底解説【フリーランスエンジニア案件情報|プロエンジニア】

    ■ 学習方法

    C++を独学するために、おすすめの参考書をご紹介します。

    『新・明解C++入門』


    著者:柴田 望洋

    出版社:SBクリエイティブ

    発行日:‎2017年12月16日

    価格:3,025円(税込)

    ページ数:552ページ

    出典:Amazon

    C++の独学におすすめなのは、この「新・明解C++入門」です。C言語の特徴であるポインタや、C++で追加になったオブジェクト指向についての細かな解説はありません。しかしそれ以外の内容については、C++の基礎からかなり丁寧にしっかりと学ぶことができます。


    『江添亮のC++入門』


    著者:江添 亮

    出版社:KADOKAWA

    発行日:‎2019年9月20日

    価格:5,500円(税込)

    ページ数:704ページ

    出典:Amazon

    もう一冊、C++の独学におすすめなのは、この「江添亮のC++入門」です。C++の説明だけでなく、Makefileの書き方やコンパイルエラーの読み方についてなどまで、700ページにわたって詳しく解説されています。

    ▲トップへ戻る

    1.5 Node.js

    冒頭で紹介した選定基準のうち二つ目である「汎用性」を重視して選んだのが、この「Node.js」です。フレームワークであるElectronを使うことで、Windows/Mac両対応のデスクトップアプリを開発することが可能です。サーバーサイドでJavaScriptを動かすための実行環境であることから、フロントエンド側のJavaScriptの知識がある方には学習コストが低めであることもポイントです。


    ■ 主な用途

    Node.jsの主な用途には、次のようなものが挙げられます。

    項目名 概要
    Webアプリ開発 Web上で動くアプリケーションを開発することができる
    モバイルアプリ開発 AndroidやiOSといった、モバイルOS用のアプリ開発を行うことができる

    ■ フレームワーク

    Node.jsで人気のフレームワークには「Electron」が挙げられます。
    Electronの特徴は、次の通りです。

    Electron
    用途 クロスプラットフォームのデスクトップアプリケーション開発
    最新バージョン Electron 17.0.0
    公式サイトURL https://www.electronjs.org/
    動作環境 指定なし

    ■ 環境構築

    Node.jsの開発環境構築にも様々な方法がありますが、開発環境としてVisual Studio Communityを使用する場合、環境構築はC#と同じ手順で行うことができます。ワークロードから必要な項目を選択する部分で、以下のように「Node.js 開発」を選択してください。

    Windows向けプログラミング言語、おすすめ4つを徹底解説【フリーランスエンジニア案件情報|プロエンジニア】

    ■ 学習方法

    Node.jsを独学するには、次のように「学習サイトで学ぶ」「参考書で学ぶ」という二つの方法があります。


    【学習サイトで学ぶ】

    Windows向けプログラミング言語、おすすめ4つを徹底解説【フリーランスエンジニア案件情報|プロエンジニア】

    出典:Node.js入門|ドットインストール


    Node.jsについても、「ドットインストール」に入門講座があります。こちらも現在はプレミアム会員のみが対象のコンテンツですが、授業動画の視聴や先生への質問などが行えるので、授業スタイルが合っているという方におすすめです。


    【参考書で学ぶ】

    『サーバサイドJavaScript Node.js入門』


    著者:清水 俊博、他

    出版社:アスキー・メディアワークス

    発行日:‎2012年10月26日

    価格:4,104円(税込)

    ページ数:584ページ

    出典:Amazon

    一人で参考書を読みながら進めたいという方におすすめなのは、この「サーバサイドJavaScript Node.js入門」です。Node.jsの概念と導入方法の解説から始まり、実践編や応用編ではサンプルコードを使いながら実際に利用する方法が紹介されています。

    ▲トップへ戻る

    2. まとめ

    Windows向けプログラミング言語、おすすめ4つを徹底解説【フリーランスエンジニア案件情報|プロエンジニア】

    Windows向けプログラミング言語のおすすめ4選について、いかがでしたでしょうか。これらの言語には難度が高いものもありますが、古くからあるにも関わらず、今も需要が高く求人も豊富で、学んでおいて損のない言語ばかりです。これからWindowsでプログラミングを始めたいという方へ、参考になれば幸いです。

    ▲トップへ戻る

    最新のフリーランスエンジニア情報をチェック!

    月額単価70万円〜80万円
    勤務地 東京都 千代田区
    月額単価80万円〜90万円
    勤務地 東京都 港区
    月額単価60万円〜70万円
    勤務地 東京都 品川区

    フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?

    • 定期的に案件を紹介してほしい
    • 完全フルリモートワークや、週1出勤など、働き方を選びたい
    • 単価交渉など営業周りが苦手なので、誰かに任せたい

    プロエンジニアにお任せください!

    プロエンジニアはほとんどEND直案件!高額単価案件ならお任せください。
    完全フルリモートや、週1出勤など、希望に合わせた働き方ができる案件を多数ご用意しています。
    単価や契約交渉などは弊社キャリアコンサルタントに全てお任せください。

    無料登録して、あなたの希望に合った案件をチェック!

    簡単60秒!無料登録はこちらから

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    NEW 【Ruby】サーバーサイドエンジニア★ヘルスケアプラットフォームアプリ/SaaSの開発

    同社は、toC向けにヘルスケアプラットフォームアプリを展開している企業です。 今回は、同社が展開して...

    月額単価:70万円〜80万円

    フリーランス

    【AWS】SREエンジニア★自社IoTサービスの運用・改善

    自社IoTサービスやSalesforce等を中心に受託開発を行っている企業にて、今回は自社の動態管理 IoTサービ...

    月額単価:80万円〜90万円

    フリーランス

    【C#】バックエンドエンジニア★新規音楽系ゲームアプリ開発 (IP)

    DMMプラットフォーム上で人気ゲームを複数展開している企業です。 今回は、C#を用いて新規音楽系ゲー...

    月額単価:60万円〜70万円

    フリーランス

    【C#/ASP.net】システムエンジニア★基幹システム刷新に伴う関連システム調査・改修

    基幹システム刷新に伴い、連携先である「商品管理システム」(以後本システムと言う)の影響調査及び改...

    月額単価:80万円〜

SCROLL TOP