Javaをインストールしてみよう!

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2016年09月23日 最終更新日:2020年08月04日

    Javaのプログラムを作成するにはいくつか方法がありますが、本コラムではOracle社が開発・配布しているJDKのダウンロードとインストール方法を説明します。またコマンドプロンプトを使ってJDKがきちんとインストールされているかの確認を行います。

    目次

    1. Javaとは?

    Javaは元々、サン・マイクロシステムズ(Sun Microsystems)社で開発されたもので、2010年にオラクル(Oracle)社がサンを買収しました。現在では、オラクル社が開発と配布を行っており、オラクル認定資格として「Java Standard Edition(Java SE)」や「Java Enterprise Edition(Java EE)」の資格を取得することができます。

    2 Java開発環境の基礎

    Javaでプログラムを書くためには、Oracleから配布されているJDK(Java Standard Edition Development Kit)をインストールする必要があります。JavaのパッケージにJRE(Java Runtime Environment)がありますが、こちらはJavaで作成されたアプリケーションを実行するためのものです。JDKにはこのJREも含まれています。それでは早速OracleのJDKダウンロードページからパッケージをダウンロードしてJDKをインストールしてみましょう。

    2.1 JDKのダウンロード

    JDKの最新版の案内は、Oracle Japanの公式ページにあります。"Java SE ダウンロード"より「こちら(USサイト)」をクリックするとOracle USサイトのJDKダウンロードページに飛ぶことができます。ダウンロード元は米Oracle社になりますのでページは英語で記載されています。

    ●Oracle Japan--最新版JDKダウンロードの案内ページ

    jdk1

    ●Oracle USサイト--最新版JDKダウンロードページ

    jdk2

    「download」タブにある「Java Platform (JDK) 8u101 / 8u102」のアイコンをクリックして下さい。

    ●JDKダウンロードページ

    jdk3

    "Java SE Development Kit 8u101"をダウンロードします。
    「Accept License Agreement(使用許諾契約の承認)」ボタンを選択し自身のPCのOSとシステムの種類に応じてダウンロードするファイルを選択します。

    jdk3-2

    32bit OS の場合はProductが"Windows x86"の「jdk-8u101-windows-i586.exe」、64bit OSの場合は"Windows x64"の「jdk-8u101-windows-x64.exe」をダウンロードします。
    Windows OSの「システムの種類」が分からない場合、「コントロールパネル」の「システム」で調べることができます。 Windows10では、[Windowsアイコンを右クリック]→[システム]から、Windows7の場合は →[スタート]→[コントロールパネル]→[システム]から[システムの種類]を確認することができます。

    SystemType64

    ▲ページトップへ戻る

    2.2 JDKのインストール

    実行ファイルをダウンロードしたら、JDKをインストールしてみましょう。

    jdk4

    インストールファイルの「jdk-8u101-windows-x64.exe」をダブルクリックします。

    ●セット・アップウィンドウ

    jdk5

    セットアップのインストール・ウィザードが出てきますので「次(N)」ボタンをクリックします。

    ●カスタム・セットアップウィンドウ

    jdk6

    スペースの入ったフォルダーにインストールすると動作に問題がでてくる場合がある為、カスタム・セットアップのウィンドウではインストール先のディレクトリを変更します。

    ●カスタム・セットアップウィンドウ

    jdk6-1

    デフォルトのインストール先は「C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_101\」になっていますので、「変更(C)」ボタンをクリックして、インストール先を「C:\Java\jdk1.8.0_101\」に変更します。「次(N)」ボタンをクリックするとインストールを開始します。

    ●進捗ウィンドウ

    jdk9-2

    正常にインストールが完了すると「完了」ウィンドウが表示されます。

    ●完了ウィンドウ

    jdk14

    「次のステップ(N)」ボタンをクリックすると英語サイトの開発者ガイドがブラウザーで表示されます。特に必要のない場合は「閉じる(C)」ボタンを押してインストール完了です。

    ▲ページトップへ戻る

    2.3 インストールしたJDKの確認

    JDKがきちんとインストールされているか確認してみましょう。「コマンドプロンプト」を使います。
    windows10:[Windowsアイコンの右クリック]→[コマンドプロンプト]
    windows7:[スタート]ボタン→[プログラムとファイルの検索]→[検索ボックスに"cmd"と入力]

    jdk20

    ●コマンドプロンプト

    jdk21

    「コマンドプロンプト」が立ち上がります。{UserName}は各自の環境により異なります。「閉じ括弧(>)」左側の「C:\Users\UserName」は現在のフォルダの場所を表しています。

    ●コマンドプロンプト

    jdk22

    JDKをインストールした場所は「C:\java\jdk1.8.0_101\」になりますが、このフォルダー内の「binフォルダー」にJavaのコマンドが入っています。「>」の横に「cd C:\java\jdk1.8.0_101\bin」と入力して「Enter」キーを押して下さい。すると下の行に「C:\java\jdk1.8.0_101\bin」と表示されます。「cd(change directory)」は半角スペース以下に続くフォルダに移動するという命令(コマンド)になります。つまり「C:\java\jdk1.8.0_101\binフォルダ」を開いていると考えて下さい。コマンドプロンプトの詳しい説明は省きますが、Javaプログラムを作成して実行する際に使いますので、次回のコラムで解説します。
    次に「java -version」と入力して「Enter」キーを押して下さい。

    ●コマンドプロンプト

    jdk23

    「java -version」の下に、「java version "1.8.0_101"」、「Java(TM) SE Runtime Environment・・・」、「Java HotSpot(TM)・・・」と表示されれば正常にJDKがインストールされている証拠です。
    これでJavaの開発環境をインストールすることができました。今回はJavaのプログラムを書くのに最低限必要なものをインストールしました。

    ▲ページトップへ戻る

    月額単価80万円〜100万円
    勤務地 東京都 港区
    月額単価60万円〜90万円
    勤務地 東京都 港区
    月額単価80万円〜90万円
    勤務地 東京都 中央区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【ReactNative】アプリ開発エンジニア★昼食サービスの開発

    法人企業が福利厚生で利用する昼食サービスのアプリ開発を担当して頂きます。

    フリーランス

    【iOS/Android】Webエンジニア★生活空間IoTネイティブアプリの開発

    月額単価 :80万円〜100万円

    自社サービスとして展開している家庭内の生活空間向けIoTプラットフォームサービスのアプリ(iOS/Andro...

    フリーランス

    【Java】システムエンジニア★キャリア向けiOS技術調査及び改修

    月額単価 :60万円〜90万円

    キャリア向けiOSの技術調査及び改修を担当して頂きます。 【具体的業務】 ・キャリア向けのサーバ、...

    フリーランス

    【Java】Webエンジニア★AI×RPAを用いたSaaSサービスの開発構築

    月額単価 :80万円〜90万円

    チャットボット上での会話で「ヒト×AI×RPA」を連携するインテリジェント・インターフェースをSaaS化した...