データベーススペシャリスト試験の難易度は?合格率や勉強時間を解説

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2016年09月26日 最終更新日:2021年09月29日

    データベースに関する資格といえば、ベンダー系試験である「オラクルマスター」と国家試験である「データベーススペシャリスト試験」が有名です。今回はデータベーススペシャリスト試験について、試験の難易度や一般的に必要とされる勉強時間、オラクルマスターとの相違点など、詳しくご紹介していきたいと思います。

    目次

    1.データベーススペシャリスト試験とは

    「情報処理技術者試験」とは、情報処理推進機構(IPA)が運営する国家試験です。「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省によって認定されており、「レベル4」として8つの高度区分試験が設けられています。データベーススペシャリスト試験は、その「レベル4」のうちの1つの試験になります。

    公式サイトで提示されている対象者像では、次のように述べられています。

    高度IT人材として確立した専門分野をもち、データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者(IPA公式サイトより引用)

    ▲目次へ戻る

    2.データベーススペシャリスト試験の合格点と合格率

    2.1 合格点

    他の高度区分試験と同様に、午前1/午前2/午後1/午後2の4つの試験を受験する必要があります。それらの試験全てで100点満点中60点以上取得すれば合格ですが、うち午前1試験のみ、条件により免除される場合があります。

    [午前1試験が免除となる条件]
    ・応用情報技術者試験に合格後、2年以内であること
    ・その他高度区分試験に合格後、2年以内であること
    ・午前1試験部分合格後、2年以内であること

    合格点だけ見ると低いため簡単そうに見えますが、逆に高得点の取りづらい、高難度の問題が出題されています。

    ▲目次へ戻る

    2.2 合格率の推移

    現行の試験制度が始まった平成21年度以降の、合格率推移を表にまとめました。

    IPA公式から発表されている合格率は10%台後半ですが、これは受験者数に対する合格者数の比率です。実際には応募者数に対する受験者数の比率は6割強なので、応募者数に対する合格者数から合格率を算出すると、10%程度になります。

    この値は合格率がヒトケタ続出である他の高度区分試験と比べると少し高めではありますが、一般的な資格試験と比較して見ると、かなり低い数字となっています。

    年度 応募者数 受験者数 合格者数 合格率
    (受験者比)
    合格率
    (応募者比)
    平成21年春期 18,538人 11,887人 1,912人 16.1% 10.3%
    平成22年春期 20,529人 13,523人 2,142人 15.8% 10.4%
    平成23年春期 20,207人 12,689人 2,304人 18.2% 11.4%
    平成24年春期 18,799人 12,187人 1,963人 16.1% 10.4%
    平成25年春期 17,489人 11,342人 1,845人 16.3% 10.5%
    平成26年春期 15,807人 10,016人 1,671人 16.7% 10.6%
    平成27年春期 15,355人 10,049人 1,767人 17.6% 11.5%
    平成28年春期 13,980人 9,238人 1,620人 17.5% 11.6%
    平成29年春期 17,706人 11,775人 1,709人 14.5% 9.7%
    平成30年春期 17,165人 11,116人 1,548人 13.9% 9.0%

    ▲目次へ戻る

    column_image4310_01

    3.データベーススペシャリスト試験の難易度

    3.1 試験の難易度は「難度:高」

    前述の通り、データベーススペシャリスト試験は「情報処理技術者試験」の中でも最高難度である「レベル4」を冠する高度区分試験のうち1つです。さらに前出の表のように合格率は1割程度と、その他職種向けの国家試験群と比べてもかなりの狭き門であるということが分かります。特にデータベーススペシャリスト試験の受験者は中堅以上のエンジニアが多くを占めており、その難度の高さがうかがえます。

    ▲目次へ戻る

    3.2 文章読解力に自信がなければさらに難度アップ

    現場では腕ききのエンジニアであっても、データベーススペシャリスト試験ではつまづきやすいポイントがあります。それは「長文を読み解き、何が要求されているのか理解できるだけの文章読解力」です。プロジェクトマネージャ試験ほどは論述に左右されませんが、午後2試験では10ページにわたる試験問題を読み理解した上で、適切な回答を記述する必要があります。

    ▲目次へ戻る

    3.3 オラクルマスター試験との違い

    オラクルマスター試験は、ORACLEのスキルを証明する試験です。ORACLEデータベースの管理や操作方法など、オラクル社製品の取り扱いに関する知識が問われています。それに対してデータベーススペシャリスト試験では、情報分析、プロジェクト管理などの業務知識や、正規化、ER図など、特定の製品に依存しない一般的なDBに関する知識を問われます。

    そのため単純な難易度の比較は難しいですが、強いてあげるならば一般的に次のように感じる方が多いようです。

    ORACLE MASTER Bronze < Silver < Gold < データベーススペシャリスト < Platinum

    ただ個人的な感想では、オラクルマスターのゴールドはそれなりの実務経験がなければ対応が難しいことや、超高額な講習会を受講する必要があることから、数千円で机上の勉強だけでも受かるデータベーススペシャリストの方が、実質的な受験ハードルは低く感じます。さらにオラクルマスターは国家試験のような資格の永続性はなく、数年後に再認定試験を受験しなければ失効してしまうというデメリットもあります。

    逆に実践を重視する内容と資格に有効期限があることから、難易度の割に実務能力に直結していると評価される傾向もあります。オラクルを業務等で日常的に扱う機会のある方は、まずオラクルマスターのシルバーまで取得を目指してみてはいかがでしょうか。

    関連記事: オラクルマスターとはどんな資格?難易度から受験料までまとめました

    ▲目次へ戻る

    4.独学で合格は不可能なのか

    前述のようにデータベーススペシャリスト試験はかなり高難度の試験となっているためか、独学での合格が難しい方のための講座や通信教育が多数開講されています。

    しかし仕事をしながら独学で合格することが無理というわけではなく、ある程度データベース設計などの経験があるシステムエンジニアであれば、業務の傍らで合格している方も多数いらっしゃいます。

    ▲目次へ戻る

    column_image4310_02

    5.データベーススペシャリスト合格までの勉強時間

    5.1 独学で勉強する場合

    午前1免除、実務経験あり、かつ長文読解が得意な方の場合は40時間程度で受かるケースもありますが、一般的には半年~一年以上かかるケースもよく見られます。

    さらに午前1免除がない場合は、20時間程度の勉強時間を別途確保する必要があります。

    ▲目次へ戻る

    5.2 講座を受講する場合

    講座によりまちまちですが、通信の場合は受講期間3~5か月、サポート(質問受付)期間12か月を目安されている所が多いようです。

    某有名資格スクールの通学講座のケースでは、1コマ150分/全11回の授業と、模擬試験で構成されているようです。独学では難しいと感じる方は、講座を利用してみるのも良いのではないでしょうか。

    ▲目次へ戻る

    6.DBの種類を問わない設計者向けの国家資格

    データベーススペシャリスト試験は情報処理技術者試験の中で高難度のレベル4に分類されているだけでなく、その他カテゴリの理系国家資格と比較する場合にも高難度とされている試験です。データベースの勉強し始めで、理論よりも実践(特にORACLE)を重視したいという場合は、オラクルマスター試験も検討してみてはいかがでしょうか。

    関連記事: オラクルマスターとはどんな資格?難易度から受験料までまとめました

    次回はデータベーススペシャリスト試験のおすすめ参考書や勉強方法について、詳しくご紹介したいと思います。
    よければ合わせてご覧下さい。

    関連記事: データベーススペシャリスト試験対策に!勉強法とおすすめ参考書を紹介

    最新求人情報をチェック!

    月額単価80万円〜
    勤務地 東京都 港区
    月額単価80万円〜90万円
    勤務地 東京都 千代田区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    正社員

    【Python】データサイエンティスト|ビッグデータの分析

    年収 :350万円〜700万円

    【業務の概要】 ・課題解決のためのコンサルティング ・データサイエンスプロジェクトの推進 ・デー...

    ワークスアイディ株式会社

    フリーランス

    【Azure】データベースエンジニア★商社向け系DataLake導入支援

    月額単価 :80万円〜

    直近ではDataLake導入に伴う作業支援となる予定で、導入に伴う調査や構築作業を想定しております。 工...

    正社員

    【Oracle】DBエンジニア|データベースの設計・構築

    年収 :300万円〜

    データベースに関わる基本設計から構築、運用までを担当頂きます。

    株式会社アクロウェーブネット

    フリーランス

    【AWS Glue/Step Functions/CodeCommit/Amazon Redshift】リース会社向け統合DB構築

    月額単価 :80万円〜90万円

    リース会社向け統合DB構築をお任せします。 【具体的な業務内容】 ・各基幹システムからデータを抽...