便利な公式ツールMySQL Workbenchの使い方と日本語化方法 | サービス | プロエンジニア

    便利な公式ツールMySQL Workbenchの使い方と日本語化方法

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2017年01月26日 最終更新日:2019年09月27日

    前回記事:MySQLのデータベースに接続する3つの方法と接続手順では、MySQLのデータベース接続方法についてご紹介しました。今回は、便利なMySQL公式のDB管理&開発ツールである「MySQL Workbench」について、インストール方法とメニューの日本語化、さらにごく基本の使い方をご紹介したいと思います。

    なお今回のサンプル環境は、次の通りです。
    使用OS:Windows 10
    MySQL Workbenchのバージョン:6.3.8

    目次

    1.MySQL Workbenchとは

    1.1 MySQL Workbenchとは

    MySQL Workbenchとは、MySQLの公式サイトにてMySQL Serverと共に配布されている、データベースの設計・開発・管理を一本で実現している無料ツールです。コマンドラインではなくビジュアル操作(GUI)に対応しており、コマンド操作が苦手な方にもおすすめです。

    ▲目次へ戻る

    1.2 MySQL Workbenchの機能

    データベース設計の面では、新規にER図が作成できるほか、既存のデータベースからER図を逆に生成することも可能となっています。

    データベース開発の面では、SQLのクエリ作成や実行だけでなく、最適化を直感的な操作で行えるビジュアル表示に対応しています。さらにSQLエディタにはカラーハイライト表示や自動補完機能のほか、SQLの実行履歴表示やSQLステートメントの再利用、オブジェクトブラウザにも対応しており、SQLエディタとしてもとても優秀な開発ツールとなっています。

    データベース管理の面では、ヴィジュアルコンソールによってデータベースの可視性が高められており、MySQLの管理をより容易にする工夫が凝らされています。さらにビジュアル・パフォーマンス・ダッシュボードの実装により、パフォーマンス指標を一目で確認できるようになりました。

    このようにMySQL Workbenchには、DBA(データベース管理者)からSQL開発者にまで、幅広く便利なツールとなっています。

    ▲目次へ戻る

    2.MySQL Workbenchのインストール

    次に、MySQL Workbenchのインストール方法についてご紹介致します。なおSQL Server本体インストール時の選択によってはすでにインストール済の場合がありますが、今回は未インストールとして解説を進めたいと思います。

    2.1 インストーラのダウンロード方法

    (1)まず、以下のサイトへ移動します。

    【MySQL Workbench】
    https://www-jp.mysql.com/products/workbench/

    (2)「ダウンロードはこちら」ボタンを押します。

    column_image6605_01

    (3)インストーラのダウンロードを選択します。

    Download MySQL Workbenchというタイトルの画面に移動するので、中ほどまで画面をスクロールするとインストーラのダウンロードリンクがあります。

    ちなみに大きい枠の「MySQL Installer 5.7」は、MySQL Serverなど全てを含む総合インストーラとなっていますので、MySQL Workbenchのみをインストールしたい今回は「other downloads」の中から適したものを選択します。なお今回はzip Archive版ではなく、installer版を使用して解説します。32-bitか64-bitかについては、お使いの環境に合わせて選択して下さい。

    column_image6605_02

    (4)ログインせずにダウンロードのみを選択します。

    OracleのWebアカウントでログインまたはサインアップを求める画面が出てきますが、今回はログインなしで進めますので、画面最下部の「No thanks, just start my download.」をクリックします。するとファイルのダウンロードが始まります。

    column_image6605_03

    ▲目次へ戻る

    2.2 インストール手順

    (1)インストーラをダブルクリックして実行します。

    インストーラ(.msi)のダウンロードが終わったら、ダブルクリックして実行します。

    column_image6605_04

    (2)セットアップウィザードが立ち上がるので、「Next>」をクリックします。

    column_image6605_05

    (3)インストール先のフォルダを指定します。

    今回はデフォルトのまま作業を進めます。変更したい場合は、該当のフォルダを指定します。

    column_image6605_06

    (4)インストール対象を選択します。

    関連ファイルを全てインストールする「Complete」と、インストール対象を選べる「Custom」から選択して、「Next>」をクリックします。今回はCompleteを選択して作業を進めます。

    column_image6605_07

    (5)インストールを実行します。

    これまでの選択内容を確認し問題がなかったら、「Install」ボタンをクリックするとインストールが開始されます。

    column_image6605_08

    (6)インストールを終了します。

    「Finish」をクリックすると、インストール完了です。

    column_image6605_09

    Finishを押す際に「Launch MySQL Workbench now」にチェックを入れておくと、インストーラが閉じた後にMySQL Workbench が自動で起動されます。

    column_image6605_10

    なお正常にインストールが完了すると、スタートメニューの「MySQL」フォルダ内にもMySQL Workbenchへのリンクが追加されます。

    column_image6605_11

    ▲目次へ戻る

    3.MySQL Workbench 6.3のメニューを日本語化する方法

    MySQL WorkbenchにはOSS_Ja_JPにて日本語化ファイルが配布されていますが、現時点でバージョン5.2.34への対応で更新が止まっています。今回はそのバージョン5.2.34のファイルを参考に、バージョン6.3.8に対応するファイルを作成する方法をご紹介します。

    3.1 古い日本語化ファイルのダウンロード

    (1)まず、OSS_Ja_JPのダウンロードページにアクセスします。

    【OSS_Ja_JP - ダウンロード】
    https://ja.osdn.net/projects/oss-ja-jpn/releases/p10742

    (2)一番上のファイルをダウンロードします。

    いくつかファイルがあるので、その中から次のファイルをダウンロードします。 なおファイル名のリンクをクリックすると、自動的にダウンロードが始まります。


    mysql-workbench-gpl_5.2.34_ja6.tar.gz


    2017年1月時点で、これがリストの一番上にある状態です。念のためファイル名を確認して下さい。

    column_image6605_12

    ▲目次へ戻る

    3.2 バージョン6.3を日本語化する手順

    (1)ダウンロードしたファイルを解凍します。

    先ほどダウンロードした「mysql-workbench-gpl_5.2.34_ja6.tar.gz」を、次のように合計4回解凍します。


    ・mysql-workbench-gpl_5.2.34_ja6.tar.gz
      ↓解凍
    ・mysql-workbench-gpl_5.2.34_ja6.tar
      ↓解凍
    ・mysql-workbench-gpl_5.2.34-6_i386.deb
      ↓解凍
    ・data.tar
      ↓解凍
    ・usrフォルダ


    usrフォルダが出来たら、解凍完了です。なお解凍時にエラーが表示される場合がありますが、無視して問題ありません。

    「.gz」や「.tar」を解凍できるソフトがインストールされていない場合は、解凍ソフトを準備して下さい。参考まで、今回は7-Zipを使用して解凍しました。

    【圧縮・解凍ソフト 7-Zip】
    https://sevenzip.osdn.jp/

    (2)main_menu.xmlを開きます。

    解凍して出来たusrフォルダを次のように辿り、「main_menu.xml」というファイルを探します。


    解凍先のフォルダ\usr\local\share\mysql-workbench\data\main_menu.xml


    これをMySQL Workbench 6.3のmain_menu.xmlに置き換えると、ひとまず初期画面のメニューの日本語化はできます。しかしDBに接続してエディタ画面に遷移しようとすると、エラーが発生してアプリケーションが終了してしまいます。

    そこで両方のファイルを見比べながら、自力で日本語化を行います。

    <日本語化前のファイル>

    C:\Program Files\MySQL\MySQL Workbench 6.3 CE\data\main_menu.xml

    column_image6605_13

    <日本語化後の参考ファイル>

    解凍先のフォルダ\usr\local\share\mysql-workbench\data\main_menu.xml

    column_image6605_14

    これら2つのファイルを比べてみると、日本語化を行うには


    <value type="string" key="caption">(項目名)</value>


    これらcaptionの行を書き換え、もしくは足りない場合は追加すればいいことが分かりますので、あとは地道に項目を修正していきます。念のため、書き換える前にバックアップを保存しておいて下さい。

    書き換えたmain_menu.xmlを上書きしてMySQL Workbenchを再起動すると、メニューに日本語化が反映されます。

    column_image6605_15

    図は時間の都合で切り上げたため、日本語化は途中までになっています。全て修正すると数が多いので、必要な部分だけ日本語化するのもおすすめです。

    ▲目次へ戻る

    4.MySQL Workbenchの基本操作

    4.1 MySQLサーバへの接続方法

    データベースへの接続設定は、インストールが正常に完了しているとデフォルトで左上に接続設定が表示されています。

    column_image6605_16

    設定をクリックするとダイアログが表示されるので、rootのパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。

    column_image6605_17

    エディタ画面が表示されたら、接続完了です。

    column_image6605_18

    それ以外の接続を追加する場合は、画面左上にある小さな丸に囲まれたプラスのボタンまたはレンチのボタンから行うことができます。

    column_image6605_19

    ▲目次へ戻る

    4.2 スキーマの追加

    スキーマを追加するには、画面左上にあるデータベース型のアイコンをクリックします。するとスキーマ作成タブが表示されるので項目を入力して「Apply」を押すと、発行するSQL文の確認画面が表示されます。確認して問題がなければ、さらに「Apply」を押します。

    column_image6605_20

    完了画面で「Finish」を押すと、スキーマが追加されました。

    column_image6605_21

    ▲目次へ戻る

    4.3 テーブル(表)の追加

    追加したスキーマの左にある三角マークをクリックするとメニューが開くので、その中の「Tables」の右クリックメニューの中から「Create Table...」を選択します。

    column_image6605_22

    するとテーブル作成タブが表示されるので、Index Nameなどの項目を入力して「Apply」を押すと、発行するSQL文の確認画面が表示されます。

    column_image6605_23

    確認して問題がなければ、さらに「Apply」を押すと、テーブルが追加されます。

    column_image6605_24

    ▲目次へ戻る

    4.4 データ(レコード)の参照と追加

    テーブルを参照したりレコードを追加したい場合は、まずテーブル名の上で右クリックしてメニューを開きます。一番上にある「Select Rows...」をクリックすると、レコードを編集できるタブが開きます。

    column_image6605_25

    タブの上部はSQL文を入力できるエリアとなっており、下部にテーブルの内容が表示されます。レコードの操作はSQLで行えるほか、項目に直接入力や削除も可能となっています。

    column_image6605_26

    ▲目次へ戻る

    5.データ等の日本語部分が文字化けする場合

    5.1 日本語が文字化けする原因

    MySQL Workbenchは、デフォルトで設定されているフォントが英字フォントとなっています。そのためメニュー項目を日本語化しても、データベースの中身などが文字化けしてしまう場合があります。

    ▲目次へ戻る

    5.2 文字化けの対処法

    日本語のフォントに変更するには、まず「上部のメニュー>Edit>Preferences」をクリックします。(画像では「Edit」を「編集」と日本語化しています)

    column_image6605_27

    Preferences画面が開いたら、左のメニューの中にある「Appearance」をクリックします。

    column_image6605_28

    すると画面下部に「Fonts」という項目があるので、デフォルトの「Default(Western)」をクリックして「Japanese」を選択し直せばOKです。

    ▲目次へ戻る

    6.まとめ

    MySQL Workbenchのインストールと基本の使い方について、いかがでしたでしょうか。MySQL Workbenchにはまだまだたくさんの便利な機能がありますので、また機会があればご紹介したいと思います。

    次回はコマンドラインクライアントに戻り、ユーザの作成方法についてご紹介したいと思いますので、よろしければご覧下さい。

    関連記事:MySQLでユーザを作成し、権限を設定する方法

    エンジニアの最新求人情報をチェック!

    月額単価40万円〜50万円
    勤務地 東京都 千代田区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    正社員

    【Oracle/MySQL】インフラエンジニア|国内最大級 宅配ポータルサイトのインフラ

    自社サービス(出前館)の基盤設計・構築および運用・監視業務 - インフラ機材、クラウドサービスの選...

    夢の街創造委員会株式会社

    フリーランス

    【Linux/SQL】インフラエンジニア★大手Webサービス会社システム運用

    月額単価 :40万円〜50万円

    大手ポータルサイトを運営する企業にて システムの運用を行って頂きます。 具体的には... ・ジョブ...

    フリーランス

    【SQLサーバー経験者】データベース、アクセスログ集計の保守運用

    アクセスログの集計業務の保守運用をお任せします。

    フリーランス

    【C#.Net】Windowsアプリ開発エンジニア★業務パッケージシステムの開発・解析

    業務パッケージシステムの機能追加、改修業務、 既存業務パッケージシステムのデータフロー解析、Datab...