業務未経験のエンジニアが「AWSソリューションアーキテクト-アソシエイト」を取得する方法 | サービス | プロエンジニア

    業務未経験のエンジニアが「AWSソリューションアーキテクト-アソシエイト」を取得する方法

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2019年11月08日 最終更新日:2019年11月22日

    「AWS(Amazon Web Service)」が実施するAWS認定試験「AWSソリューションアーキテクト-アソシエイト」を取得する方法について解説します。「AWSソリューションアーキテクト」はアソシエイトレベル(中級)の資格になりますが、十分な対策をとれば、AWSクラウドの構築業務が未経験でも取得可能な資格となっています。AWSクラウドに興味がある方におすすめの資格です。

    1. AWS認定ソリューションアーキテクトとは?

    クラウドベンダーの代表AWS(Amazon Web Services)では、AWSの知識を証明する認定資格を実施しています。

    2019年11月時点でAWSの認定資格は全11種類あります。

    AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」とはAWS認定の中級の資格で、AWSのサービスを利用して効率よくクラウド環境を構築または提案できることを証明する資格です。

    日経 xTECHの「人気沸騰のIT資格、取得したい資格ランキング」では、「AWS認定資格」が1位になりました。

    「AWSソリューションアーキテクト」の資格は、

    • インフラに直接関わらないが、AWSに興味を持っているエンジニア
    • AWSの最低限の知識を身につけたいクラウド未経験のエンジニア

    にもおすすめの資格です。

    ▲ページトップへ戻る

    2. AWSソリューションアーキテクト受験の前提条件と推奨される知識は?

    ● 前提条件

    「AWSソリューションアーキテクト」の受験には資格のレベルに応じた前提条件は特にありません。AWSの基礎レベルの資格として「AWSクラウドプラクティショナー」がありますが、この資格を保持していなくてもアソシエイトの受験が可能です。また、AWS関連用務が未経験のエンジニアでも受験が可能です。

    ● 推奨知識

    「AWS認定ソリューションアーキテクト」を受験するにあたって推奨される知識は

    ・AWS のコンピューティング、ネットワーキング、ストレージ、データベースサービスの実践的な使用経験
    ・AWS のデプロイおよび管理サービスに関する実践経験
    ・AWS ベースのアプリケーションに関する技術的要件を特定、定義する能力
    ・提示された技術的要件を満たす AWS のサービスを特定する能力
    ・AWS プラットフォームで安全性と信頼性の高いアプリケーションを構築するために推奨されるベストプラクティスに関する知識
    ・AWS クラウドでのソリューション構築における基本的なアーキテクチャの原則に関する理解
    ・AWS のグローバルインフラストラクチャに関する理解
    ・AWS に関連するネットワーク技術の理解
    ・AWS で利用できるセキュリティ関連の機能およびツールと従来型サービスとの連携に関する理解

    となっています。

    AWSの各種サービスの実践経験やAWSの実務とありますが、あくまでも推奨知識なので、AWS未経験のエンジニアでも対策をとれば、合格可能な資格です。

    ▲ページトップへ戻る

    3. AWSソリューションアーキテクトの試験概要

    「AWSソリューションアーキテクト」の試験時間は130分、受験料は15,000円(税抜)です。試験はAWSの公式サイトから申し込む事ができます。試験ガイドもありますので、一通り目を通してみてください。

    AWS公式認定サイト:
    https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-solutions-architect-associate/

    「AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト」:試験ガイド

    回答形式

    択一選択問題、複数選択問題

    試験時間

    130分

    受験料

    15,000円(税別)

    合格ライン

    72%

    ▲ページトップへ戻る

    4. 業務未経験エンジニア向け、AWSソリューションアーキテクトを効率よく勉強する方法

    4.1. 資格対策本で勉強する

    AWSソリューションアーキテクトの試験対策として、資格対策本を何冊か読んでみることをおすすめします。AWSの各種サービスと試験対策について体系的に学習する事ができます。

    4.2 Udemyで学習する

    オンライン学習サイトの「Udemy」では、AWSソリューションアーキテクトの学習や模試試験を受験できるコースがあります。書籍で学習するよりも動画の方が頭に入るという方は、「Udemy」のような動画学習サイトを使うのもよいでしょう。

    Udemyの「AWSソリューションアーキテクト」資格対策コース

    4.3. AWS公式サイトのサンプル問題をといてみよう

    AWSソリューションアーキテクトの認定サイトでは、試験の為の様々なリソースを提供していますので試験勉強に活用しましょう。

    AWS公式サイトには、サンプル問題が10問ありますので試験の難易度をチェックしてみましょう。

    AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイトのサンプル問題 10問(日本語)

    ▲ページトップへ戻る

    4.4. Architecting on AWSのトレーニングで勉強する

    有料になりますが、AWSではインフラ構築基礎のクラスルームトレーニングを実施しています。

    「Architecting on AWS」
    https://aws.amazon.com/jp/training/course-descriptions/architect/

    3日間のトレーニングで、以下の内容を学習する事ができます。

    • Well-Architected フレームワーク
    • AWS でのネットワーク
    • 環境の設計と環境の可用性の向上を含む AWS の中心的な概念、知識、サービス
    • イベント駆動型スケーリング
    • オートメーション
    • デカップリング
    • サーバーレス設計
    • 小さなアーキテクチャを非常に大きなアーキテクチャへと拡大する方法

    また英語になりますが、AWS公式サイトの無料オンライントレーニングがあります。英語に自身がある方は、章末問題だけでも確認して、試験の傾向と対策をざっくり掴んでみるのもよいでしょう。

    ●AWS公式サイトの無料オンライントレーニング

    Exam Readiness: AWS Certified Solutions Architect – Associate (Digital)

    オンライントレーニングでは、以下の内容を学習できます。

    • Exam Overview and Structure
    • Content Domains and Question Breakdown
    • Topics and Concepts Within Content Domains
    • Question Structure and Interpretation Techniques
    • Practice Exam Questions

    4.5. AWS Well-Architected Frameworkを確認する

    AWS Well-Architected Framework」とは、AWS上にシステムを設計・構築・運用する上でのベストプラクティスをまとめたものです。

    「AWS Well-Architected Framework」の基本となる5つの柱

    1. 運用上の優秀性
    2. セキュリティ
    3. 信頼性
    4. パフォーマンス効率
    5. コスト最適化

    から構成されています。

    クラウドを効率よく活用する為のフレームワークで、5つの柱ごとに、質問と回答という形式でドキュメントがまとまっており、クラウド環境の構築前後でアーキテクチャの評価ができます。

    「AWSソリューションアーキテクト」はこの5つの柱に沿った試験内容となっています。「AWS Well-Architected Framework」のドキュメントはかなりボリュームがありますので、時間に余裕のある方は、それぞれの設計原則の概要と紐づくAWSのサービスについてまとめておくと試験の役にたちます。

    ▲ページトップへ戻る

    4.6. AWS認定資格の模擬試験を受けてみよう!

    有料にはなりますが、AWS認定資格ではすべてのレベルで模試試験が用意されています。受験時間と問題数は本試験よりも少ないのですが、本試験前に受験してみる事をおすすめします。

    「AWSソリューションアーキテクト」の模試試験は通常の本試験の申込と同様に「AWS認定サイト」から申し込む事ができます。

    模試試験はオンラインで受験となります。

    AWS認定サイト:https://www.aws.training/Certification

    ▲ページトップへ戻る

    5. まとめ

    今回はAWS認定の基礎資格「AWSソリューションアーキテクト-アソシエイト」の取得方法について解説してきました。現在AWSクラウドに関わる業務を担当していないエンジニアでも書籍やオンライン講座、またAWSの公式サイトの資格情報を有効に活用して資格取得に向けて、学習を進めてみて下さい。クラウド知識とスキルの証明として人気のAWSの資格取得にチャレンジしてみては如何でしょうか?

    ▲ページトップへ戻る

    AWSのスキルが活かせる最新求人情報をチェック!

    月額単価100万円〜
    勤務地 東京都 渋谷区
    月額単価80万円〜
    勤務地 東京都 千代田区
    月額単価70万円〜100万円
    勤務地 東京都 中央区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【GCP/AWS】インフラアーキテクト★医療系企業向け総合支援プラットフォーム開発

    月額単価 :100万円〜

    医療系企業に特化した、医薬会社取引先とのチャット機能や、 従業員の勤怠管理、eラーニング、医師のア...

    フリーランス

    【AWS】インフラエンジニア★資産運用・投資アプリのAWS設計・構築

    資産運用・投資アプリ開発の インフラ(AWS)設計・構築をお任せします。 当サービスは東京金融賞に...

    フリーランス

    【AWS】インフラエンジニア★オンライン本人確認サービスシステム運用

    月額単価 :80万円〜

    画像処理技術を用い、スマートフォンで顔と免許証の照合、 偽造の検知を行い、オンラインで完結するサ...

    フリーランス

    【Linux/AWS】インフラエンジニア★入札情報サービスリプレイス

    月額単価 :70万円〜100万円

    官公庁・自治体等の入札・落札情報を探せるサービスの リプレイスプロジェクトをご担当いただきます。 ...