Windows上で動くUNIX?Cygwinのインストール&設定方法

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2016年06月09日 最終更新日:2019年09月30日

    目次

    エンジニアの業務や工学系の学校でしばしば目にするUNIX。使い始めたばかりでもっと練習したくても、自宅に専用の環境を準備することは難しい場合が多いと思います。
    そこで今回は、Windows上で動かせるUNIX互換の仮想環境「Cygwin」を紹介致します。

    なおUNIX以外にも、互換OSであるLinuxの練習にもなります。 理由は次の記事をご覧ください。
    関連記事: 意外と知らない?UnixとLinuxの違いとは

    1. Cygwinとは

    「Cygwin」は、Windowsの上で動かすことができます。つまりWindows&UNIXなど複数のOSをそれぞれ別の領域にインストールして起動時に選択する「マルチブート」にするのではなくWindows上で動くアプリ感覚でUNIX風の環境を利用可能にするため、とても簡単に導入できるのです。

    CygwinはUNIX互換OSが持つAPIである「POSIX API」をエミュレートするためのライブラリ「cygwin1.dll」をベースとして、Windows向けにコンパイルされたオープンソースのツール群から構成されています。

    例えばWindowsのアクセサリ内に用意されている機能である「コマンドプロンプト」上でカレントディレクトリの中にあるファイル一覧を表示するコマンドは「dir」ですが、Cygwinのウィンドウ上で打ち込むコマンドはUNIXと同じ「ls」になります。

    今回はWindows10へのインストールを例に取ってご説明したいと思います。

    ▲目次へ戻る

    2. Cygwinのインストール

    column_image2667_01

    まず「Cygwin公式サイト(https://www.cygwin.com/)」にアクセスし、左のメニューバー上部にある「Install Cgwin」をクリックします。

    column_image2667_02

    「setup-x86.exe」をクリックして、インストーラーをダウンロードします。
    Windows10ですが、日本語対応エディタ(※1)である「emacs」を使用したかったので、今回は32bit版を選択しています。なおリリース初期にあった32bit版CygwinをWindows10で使用すると発生していた不具合は、現在はほぼ修正されているようです。

    なおIEでは、exeファイルのダウンロードが上手くいかない場合があります。今回の例ではCromeを使用しています。

    (※1)エディタとはWindows標準の「メモ帳」のような、テキストデータ(.txt」ファイル)を作成・編集するアプリケーションの総称です。


    column_image2667_03

    ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックすると変更の許可を問う画面が出てくるので、「はい」をクリック。

    column_image2667_04

    するとインストール画面が立ち上がるので、「次へ」をクリックします。

    column_image2667_05

    インストール元のファイルの場所を指定できます。ネット環境に特に問題がなければ「Install from internet」を選択して次へ。

    column_image2667_06

    インストール先のフォルダのパスと、使用するユーザーの範囲を指定して次へ。
    今回の例では、ルートディレクトリはデフォルトのまま、全てのユーザーを対象にインストールしています。

    column_image2667_07

    「setup-x86.exe」を置いてあるフォルダのパスを入力して次へ。
    こちらも移動などしていなければ、デフォルトのままでOKです。

    column_image2667_08

    データのダウンロード元を指定します。基本的にどこを指定してもOKですが、今回は日本のサーバである「http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp」を選択しました。

    column_image2667_09

    インストールするパッケージを選択します。あまり欲張るとインストールにかなりの時間がかかります。後から追加でインストール可能なので、まずは必要そうなものだけを選択することがおすすめです。

    column_image2667_10
    column_image2667_11
    column_image2667_12

    今回は、「Devel」ツリー下にあるJava・C++・Fortranの「gcc」(コンパイラ)計3つと、「Editors」ツリー下にある「emacs」、「Vim」を選択しました。 (”Skip”をクリックすると、インストール対象になります)

    column_image2667_13

    「次へ」を押すとインストールが始まりますので、しばらくお待ち下さい。

    column_image2667_14

    アイコンの作成やスタートメニューへの追加を選択して、「完了」をクリックします。

    column_image2667_15

    インストールに使用したファイルは、そのまま削除しても大丈夫です。

    column_image2667_16

    デスクトップ上にアイコンを作成した場合、ダブルクリックでターミナル(Cygwinのウィンドウ)が起動します。
    なおターミナルを終了するには、「exit」と入力してEnterキーを押して下さい。

    column_image2667_17

    デフォルトのホームディレクトリは「C:\cygwin\home\●●●(ユーザ名)」になっています。
    このターミナルでの操作はCygwin専用の領域にしかアクセスできない等ということはなく、通常のWindowsで使用しているファイルやフォルダにもアクセス可能です。

    column_image2667_18

    「vi」と入力すると、無事「vim」が起動しました。

    カレントディレクトリの移動やファイルの移動・コピー・削除などの基本操作だけでなく、vimを使って「*.c」ファイルを作成しgccでコンパイルしてみるなど、プログラミングの基本練習をすることができます。またvimを使用してshell作りの練習などにも便利ではないでしょうか。

    なかなか日常では触れる機会のないUNIXやLinux。 この機会に、貴方もCygwinを導入してみてはいかがでしょうか?

    ▲目次へ戻る

    Unix・Linuxに関連する最新求人情報をチェック!

    年収350万円〜500万円
    勤務地 東京都 港区
    勤務地 東京都 港区
    年収400万円〜900万円
    勤務地 神奈川県
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    正社員

    【Windows/Unix】サーバエンジニア|スイッチ・ルータを用いたネットワークの設計、構築

    年収 :350万円〜

    WindowsおよびUnix系(HP-UX、Solaris、Linux)のOSの設計、構築およびExchangeServer、MOSS、SQLServer、...

    サイバーコム株式会社

    正社員

    【UNIX】インフラエンジニア|各種サーバーの構築・保全

    年収 :350万円〜500万円

    【職務内容】 各種サーバー、各種ネットワーク機器、ストレージ等の構築、運用ツール、バックアップツ...

    株式会社 バリューソフトウエア

    フリーランス

    【Go】Webエンジニア★BtoC向け動画サービスの開発

    同社は、レシピ動画サービスなどコンシューマー向けにサービスを提供しています。 今回は同社が運営し...

    正社員

    【Cisco/Juniper】AIエンジニア|機械学習を用いたシステム開発

    年収 :400万円〜900万円

    金融系、製造系、社会インフラ系、自動車系、医療系など多岐にわたるデータを分析し世の中に新しい価値...

    ジャパニアス株式会社