Macにバーチャルボックスをインストールしてみよう!

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2016年10月05日 最終更新日:2021年10月01日

    Mac PCに「Virtual box」をインストールすると、Mac OS上でWindows OSやLinux OSなどを起動できるようになります。本コラムではバーチャルボックスをダウンロードしMacBook Airにインストールする手順を説明します。

    目次

    1. バーチャルボックス(VirtualBox)とは?

    バーチャルボックス(VirtualBox)とは、2008年にSun Microsystems社が発表した「仮想化ソフトウエア」の一つで、コンピュータ上に仮想マシン(VM:Virtual Machine)を作成することのできるソフトです。現在は、Oracle社が、開発と配布を引き継いでいます。商用でも非商用でも無償で利用できるとても便利なソフトです。 「仮想化ソフトウエア」とは、1台のパソコン、一つのOSの中で複数のOSを利用できるようにする為のソフトウェアです。例えば「Mac OS」の中で「Windows OS」が使えたり、「Windows OS」の中で「Linux」を使うことができます。バーチャルボックスが対応するOSは、WindowsやMac OS、Solaris、全てのLinux OSです。
    1台のPCに複数OSを組み込んでマルチブートでOSを選択する仕組みを構築することもできますが、その場合は別のOSを使う場合に再起動が必要になり、同時に複数のOSを利用する事はできません。「仮想化ソフトウエア」は、元のOSを起動したままで、ワープロソフトやメールソフトのアプリケーションを使うように別のOSを仮想マシン上で利用することが可能です。一般的にインストール元のOSやPCを「ホストOS」や「ホストPC」と呼び、「仮想マシン」側のOSやPCを「ゲストOS」、「ゲストPC」と呼びますので覚えておくとよいでしょう。 「仮想化ソフトウエア」はその他にも、マイクロソフトの「Hyper-V」やVMware社の「VMware」などがあります。

    ▲ページトップへ戻る

    2. インストールの前に~Mac OSバージョンの確認~

    バーチャルボックスの執筆時点(2016年10月)での最新バージョンは、「VirtualBox 5.1.6」ですが、Mac OSの「10.9」より前のバージョンは対応していませんので、少し古いバージョンをインストールすることになります。本コラムでは、MacBook Airを使ってインストールをしてゆきますので、「VirtualBox 5.0.26」をインストールします。 最新のMac OSであれば特に気にする必要はありませんが、少し古い機器をお使いの場合は、念のためOSのバージョンを確認しておくとよいでしょう。

    ●このMacについて

    mac0

    Mac OSの確認方法は、[Appleメニュー]から、[このMacについて]を選択します。

    mac1

    「ソフトウェア」にバージョン情報がありますので、OSの環境に合わせてインストールするバーチャルボックスのバージョンも変えて下さい。

    ▲ページトップへ戻る

    3. バーチャルボックスのダウンロード

    OSのバージョンを確認したら、バーチャルボックスのサイトからインストーラーをダウンロードしましょう。

    ●バーチャルボックスの公式サイト

    mac2

    Mac OS X 10.9以降をお使いの方は「Download VirtualBox」ページの「VirtualBox 5.1.6 for OS X hosts」の「amd64」をクリックすると、インストーラー(VirtualBox-5.1.6-110634-OSX.dmg)を保存するウィンドウが出てきますので分かりやすい場所に保存して下さい。

    ●VirtualBox older builds

    mac3

    Mac OSがOS X 10.9よりも前の場合は、「VirtualBox older builds」を選択します。

    ●Download VirtualBox (Old Builds)

    mac4

    サポートの切れていない「VirtualBox 5.0」のリンクをクリックして下さい。本コラムのMacBook Airは「OS X 10.8.5」なのでこちらのインストーラーを使います。

    ●Download VirtualBox (Old Builds)

    mac5

    VirtualBox5.0.26の「OS X hosts」から「Intel Macs」をクリックして、インストーラー(VirtualBox-5.0.26-108824-OSX.dmg)を保存して下さい。

    ▲ページトップへ戻る

    4. バーチャルボックスのインストール

    バーチャルボックスのインストールの前にOSの空き領域を確認しておきましょう。インストールする為に必要な領域は225.4MBです。
    それでは早速、保存した「VirtualBox-5.0.26-108824-OSX.dmg」をダブルクリックしてインストールを開始してみましょう。

    ●VirtualBoxのインストール画面

    mac6

    左上のアイコン「VirtualBox.pkg」をダブルクリックするとインストール画面が表示されます。

    ●Oracle VirtualBox のインストール画面

    mac7

    「インストール先の選択」と「インストールの種類」は特に変更しなくても構いませんので、「インストール」ボタンを押して下さい。

    ●Oracle VirtualBox のインストール画面

    mac8

    「ファイルの書き込み」が終わるまで少し待って下さい。

    ●Oracle VirtualBox のインストール画面

    mac9

    「インストールが完了しました。」のウィンドウが出てくればOKです。「閉じる」ボタンを押してインストールは終わりです。

    ●VirtualBox.app

    mac10-0

    「アプリケーション」から「VirtualBox.app」をダブルクリックして、「Oracle VM VirtualBoxマネージャー」の起動を確認して下さい。

    ●Oracle VM VirtualBoxマネージャー

    mac10

    ▲ページトップへ戻る

    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    正社員

    【Linux】インフラエンジニア|サーバ・ネットワークシステムの構築 NEW

    年収 :300万円〜

    サーバ、ネットワーク、データベース等のインフラ構築、管理 アプリケーション及びサーバのログ収集、分析

    株式会社Decoo

    正社員

    【Linux】SREエンジニア|クラウドでの環境構築・運用 NEW

    年収 :500万円〜750万円

    ホスティング事業を中心にSREとしてサービスの信頼性と開発速度向上のための自動化や組織横断的なインフ...

    株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズ

    正社員

    【インフラエンジニア】ネットワーク・サーバの開発・運用 NEW

    年収 :300万円〜

    ・基幹システムの設計・開発 ・ネットワーク・サーバの開発・運用

    株式会社アソウ・アルファ

    正社員

    【Cisco】サーバーエンジニア|商用サーバー・ネットワーク機器の構築 NEW

    年収 :350万円〜650万円

    【業務内容】 ・商用サーバー、ネットワーク機器の構築/運用/保守  サーバーOS: Unix系、Linux系  ...

    株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズ