IT系初の士業!?情報処理安全確保支援士試験の登録制度概要と難易度

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2016年10月12日 最終更新日:2019年09月27日

    国際的に情報セキュリティの重要度が高まっている中、数ある情報処理技術者試験の中でも高い人気を誇り、高度区分試験の中では唯一春期・秋期共に試験が実施されていた「情報セキュリティスペシャリスト試験」が、平成28年10月に実施される秋期試験にて廃止されました。

    そして、情報セキュリティスペシャリスト試験をベースとし、情報系国家資格の中で初の登録制「士業」となる「情報処理安全確保支援士」として生まれ変わりました。

    今回は情報処理安全確保支援士の試験概要のほか、難易度や勉強方法など、まとめてご紹介したいと思います。

    最終更新日:2018年12月27日

    目次

    1.IPAが主催する情報処理安全確保支援士制度とは?

    1.1 情報セキュリティ系国家資格の最高峰

    「情報処理安全確保支援士試験」は、2017年4月から開始された新しい国家資格です。これまでIPA(情報処理推進機構)が主催する情報処理技術者試験の中で実施されていた「情報セキュリティスペシャリスト試験」の内容をベースに、新制度として実施されるようになりました。

    (出典:試験要綱Ver3.0(情報処理安全確保支援士試験抜粋版)

    東京五輪開催などの関係で需要が増すサイバーセキュリティの人材は、まだ約8万人も不足しているとされています。その人材確保を狙いとして、まず2014年春期試験から基本情報処理技術者試験、および応用情報技術者試験の午後問題においてセキュリティ分野の問題が選択科目から必須科目に変更されました。加えて、2016年春期試験からITスキル標準”レベル2”の「情報セキュリティマネジメント試験」が始まりました。

    情報セキュリティスペシャリスト試験をベースとして新設される「情報処理安全確保支援士」は、それより上位の”レベル4”に該当する試験です。さらに情報系資格初の登録制「士業」となったことで、注目を集めています。

    ▲目次へ戻る

    1.2 取得のメリットと評価、今後の需要

    情報処理安全確保支援士になることで受けられるメリットや評価は次の通りです。

    ・「情報処理安全確保支援士」の資格名称を使用することができる
    ・ 情報セキュリティに関する高度な知識、技能を保有する証明となる
    ・ 講習受講の義務により、情報セキュリティに関する最新知識や実践的な能力の維持が可能

    現状でも、官公庁系システム案件を多く抱える企業では国家資格の高度区分試験合格者を優遇しているところが多く存在しています。情報処理安全確保支援士は国家資格ですので、合格祝い金や資格手当の支給を行う企業が増えると考えられます。また、現状では未定ですが、国や公共団体のセキュリティ案件の入札要件になることも予想されます。セキュリティの需要が高まるにつれ、資格の認知度や重要性も高まる可能性があります。

    ただし「士業」といっても独立して看板を掲げられるような資格とは異なり、会社に所属して本業の傍ら知識を生かすことがメインの資格と言えます。資格さえ取れば印籠のように効力を持つのではなく、ITエンジニアの付帯スキルとして今後発展していくのではないでしょうか。

    ▲目次へ戻る

    column_image4716_02

    1.3 試験の免除対象にはテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験合格者も

    情報処理安全確保支援士になるためには、基本的に「情報処理安全確保支援士試験」に合格する必要がありますが、試験の免除制度があります。

    免除条件は、以下の過去試験のうちいずれかの合格者であることです。

    ・テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験(SV)
    ・情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)

    2008年で廃止となった、旧試験のテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)の合格者も新試験の免除対象になります。

    この免除は、情報処理安全確保支援士試験制度の開始から2年間の前提措置となり、平成30年8月19日が申請締切となります。

    そのほか支援士試験の午前Ⅰ試験については、次のいずれかの条件を満たすことによって、その後 2年間は受験が免除されます。

    ・応用情報技術者試験に合格する
    ・いずれかの高度試験又は支援士試験に合格する
    ・いずれかの高度試験又は支援士試験の午前Ⅰ試験で基準点以上の成績を得る

    ▲目次へ戻る

    1.4 情報処理安全確保支援士の登録方法

    情報処理安全確保支援士には、試験に合格し、免除条件を満たしただけではなれません。条件を満たしたあと、「登録簿への登録」を行う必要があります。

    (出典:新国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」制度のご紹介

    ▲目次へ戻る

    1.5 旧制度(情報セキュリティスペシャリスト試験)との違い

    旧制度の情報セキュリティスペシャリスト試験と情報処理安全確保支援士との違いは、次の通りです。

    ・情報セキュリティスペシャリスト試験は国家試験であるのに対し、情報処理安全確保支援士は国家資格であること
    ・企業等が人材を活用できるよう登録簿が公開される
    ・資格の更新が必要(定期的な講習受講を義務化)
    ・業務に関して知り得た秘密の保持義務がある

    登録簿は、「登録番号」「登録年月日」「試験合格年月」「講習修了年月日」が必須項目となっています。個人情報は任意公開となり、氏名などは公開したくないという場合は、もちろん非公開設定も可能です。

    また、情報処理安全確保支援士としての義務(信用失墜行為の禁止、秘密保持義務、講習受講義務)に違反した場合は、資格名称の使用停止、または登録の取消の処分が命じられることがありますので、注意が必要です。

    ▲目次へ戻る

    1.6 情報処理安全確保支援士の登録方法

    情報処理安全確保支援士の更新は、ベンダー試験によくある「更新試験を受けて合格する」といった必要はなく、毎年のオンライン講習と3年毎に1回の集合講習で更新可能となります。

    (出典:国家資格「情報処理安全確保支援士」講習のご案内

    ▲目次へ戻る

    1.7 新試験はいつから実施されたか

    情報処理安全確保支援士の初回試験は、2017年4月から開始しました。

    ▲目次へ戻る

    1.8 CISSP認定試験と比較すると

    CISSP認定試験とは国際的なセキュリティプロフェッショナルの認定制度であり、米国の非営利団体(ISC)2が主催する民間資格です。2017年現在、全世界に117,756人の資格保有者がいる世界的な人気資格となっています。CISSPだけでなく、上位試験としてSSCP、CSSLPなども実施されています。

    CISSP試験と情報処理安全確保支援士(SC試験)との違いには、次のような点が挙げられます。

    SC試験 国家資格 国内限定資格 前提条件なし 5,700円
    CISSP試験 民間資格 国際資格 実務経験5年以上 646.92USドル

    CISSPは国際的にとても評価の高い資格ですが、受験料が6万円をこえる高額であり、さらに5年(大卒者は4年)以上の情報セキュリティのプロフェッショナルとしての実務経験が求められます。そのためか日本国内での有資格者数は、他国と比べて低い水準にとどまっているようです。

    CISSPと情報処理安全確保支援士のどちらを取得すべきかは、国際的に活動していきたいのか、それとも官公庁など国内案件重視でいくのか、今後のキャリアパスを考えつつ決めるといいのではないでしょうか。

    ただ、情報処理安全確保支援士になる資格を有する者の条件として、「資格試験合格と同等以上の能力を有する者」が挙げられていますので、CISSP取得者も無試験で情報処理安全確保支援士として登録できるようになる可能性があります。今後の動向に注目していきたいところです。

    ▲目次へ戻る

    2.情報処理安全確保支援士試験の難易度

    2.1 合格率

    初回となった平成29年度春期(2017年4月)からの合格率は、以下のとおりです。

    年度 応募者数 受験者数 合格者数 合格率
    (受験者比)
    合格率
    (応募者比)
    平成29年春期 25,130人 17,266人 2,822人 16.3% 11.2%
    平成29年秋期 23,425人 16,218人 2,767人 17.1% 11.8%
    平成30年春期 23,180人 15,379人 2,596人 16.9% 11.2%
    平成30年秋期 22,447人 15,257人 2,818人 18.5% 12.6%

    ▲目次へ戻る

    2.2 情報セキュリティスペシャリストの難易度と同じ

    情報処理安全確保支援士は情報セキュリティスペシャリスト試験をベースに作られており、ほぼ同レベルの水準と言われています。

    過去の情報セキュリティスペシャリスト試験の合格率は平均15%程度であり他の高度区分試験と比べると少し高めの数字ですが、それでも試験としては超難関の部類に属していました。

    情報処理安全確保支援士は、初回の2017年春の応募者数が25,130名、受験者数が17,266名、合格者が2,822名となっています。初回の合格率は約16%となっており、難易度としては難関の部類であることが伺えます。

    しかしながら、他の高度区分試験は年1回の試験なのに対し、情報処理安全確保支援士だけは年2回のチャンスがありますので、高度区分試験の中では最も受験し易い資格であると言えるでしょう。

    ▲目次へ戻る

    2.3 試験開始初年度は合格の狙い目?

    参考書や過去問がまだ出揃っていない初回試験は難しいイメージがありますが、実は情報処理技術者試験については初回試験は合格率が高い傾向にあります。

    近年新設された「ITパスポート試験」は、初回である平成21年春期試験の合格率が「72.9%」と高い数字でした。しかし第2回にあたる秋期試験以降は、約50%程度で推移しています。また2016年春期から始まった「情報セキュリティマネジメント試験」の初回の合格率はなんと「88.0%」と、とても高い数字となっています。

    しかし、情報処理確保支援士においては、初回合格率が約16%であることを考慮すると、新設試験だから易しめというわけではないようです。レベル4相当の資格だけに、やはりしっかりとした対策が必要となりそうです。今後の合格率にも注目したいところです。

    ▲目次へ戻る

    3.試験日・合格点・受験料

    支援士試験の受験料や登録簿への登録手数料、更新に必要な講習の受講料などの詳細は次の通りです。

    3.1 試験時間・出題数・合格点

    試験時間、および出題数については、情報セキュリティスペシャリスト試験と同一です。また合格ラインが60%なのは、情報処理技術者試験共通の数字です。

    試験時間 午前Ⅰ:50分(9:30~10:20)
    午前Ⅱ:40分(10:50~11:30)
    午後Ⅰ:90分(12:30~14:00)
    午後Ⅱ:120分(14:30~16:30)
    出題数 午前Ⅰ:小問30問
    午前Ⅱ:小問25問
    午後Ⅰ:大問3問(うち2問に解答)
    午後Ⅱ:大問2問(うち1問に解答)
    合格点 全ての試験科目において60%以上で合格

    ▲目次へ戻る

    3.2 試験日程

    その他高度区分試験は春期または秋期のどちらか1回の実施ですが、情報処理安全確保支援士試験については、春期・秋期の年2回実施されます。

    申し込み受付期間 試験のおよそ3か月前から2か月前まで
    試験日 春期試験:4月の第3日曜日
    秋期試験:10月の第3日曜日

    <平成31年度春期試験の日程>※平成30年の秋期試験は10/21(日)に終了しています。

    申し込み受付期間
    (インターネット)
    平成31年1月10日(木)10時~
    ~平成31年2月18日(月)20時
    申し込み受付期間
    (願書郵送)
    平成31年1月10日(木)
    ~平成31年2月7日(木)消印有効効
    試験日 平成31年4月21日(日)

    ▲目次へ戻る

    3.3 試験会場

    情報処理技術者試験と同じIPAの運営になりますので、試験会場も他の試験と同じです。情報処理技術者試験は以下の都道府県で実施されており、希望した試験地内の試験会場から自動で割り振られる形となっています。

    北海道 札幌、函館、帯広、旭川
    東北 青森、盛岡、仙台、秋田、山形、郡山
    関東 水戸、土浦、宇都宮、前橋、埼玉、千葉、柏、東京、八王子、横浜、藤沢、厚木
    中部 新潟、長岡、富山、金沢、福井、甲府、長野、岐阜、静岡、浜松、名古屋、豊橋
    近畿 四日市、滋賀、京都、大阪、神戸、姫路、奈良、和歌山
    中国 鳥取、松江、岡山、広島、福山、山口
    四国 徳島、高松、松山、高知
    九州 福岡、北九州、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇

    ▲目次へ戻る

    3.4 受験料と登録料

    情報処理技術者試験の受験料はレベル1から4まで全て同じ「5,700円」です。ただし情報処理安全確保支援士については、登録まで行うとなると、登録手数料や講習の受講料が必要になります。

    【登録料】
    ・登録免許税9,000円
    ・登録手数料10,700円
    その他、必要書類の中には、市区町村発行の身分証明書や住民票の写しなども必要になります。

    【講習料】
    ・オンライン講習20,000円(毎年)
    ・集合講習80,000円(3年毎)

    ▲目次へ戻る

    4.情報処理安全確保支援士の勉強方法

    4.1 情報処理安全確保支援士の参考書と問題集

    情報処理安全確保支援士に限った内容ではありませんが、情報処理試験の対策方法は過去問の攻略に尽きると思います。参考書は試験範囲を確認するためのほか、過去問で不明な点を調べるのに使用して、とにかく多くの過去問に触れることが大切です。

    過去問は書籍の他、公式ホームページからもダウンロードできます。

    情報処理教科書 情報処理安全確保支援士 2017年版

    情報処理試験の間では定番の教科書シリーズです。
    まずは試験範囲全体を見渡して、どの部分の知識が足りないかなどを再チェックするためにも、1冊は持っておきたい参考書です。

    平成29年度【秋期】情報処理安全確保支援士 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理安全確保支援士試験)

    過去4回の試験問題と、PDFによる13回分の過去問が確認できます。過去問は公式サイトなどからも確認できますが、詳細な解説などが掲載されていません。「なぜその答えになるのか」を理解しながら学習するには、書籍での勉強が最も効率的です。

    ポケットスタディ 情報処理安全確保支援士 (情報処理技術者試験)

    キーワードに沿った知識と解答テクニックが満載です。一通り参考書と過去問で問題数をこなしたら、午後対策としてアウトプット用に利用するのも良いでしょう。

    ▲目次へ戻る

    4.2 勉強方法は旧SC試験と同じでOK

    試験の流れのイメージとしてSC試験そのものの図が提示されており、出題範囲・内容もこれまでのSC試験と変わらない、と明記されています。多くの参考書もその前提で作られているようです。今後も情報処理安全確保支援士の試験対策は、情報セキュリティスペシャリスト試験の対策をそのまま行うのが最善ではないでしょうか。

    (出典:試験要綱Ver3.0(情報処理安全確保支援士試験抜粋版

    ▲目次へ戻る

    5.情報処理安全確保支援士試験は今後も要注目

    情報処理安全確保支援士は制度の内容からも一定数の確保が必要になると予想されます。実際に、政府により2020年までに登録者3万人を目指すという目標が掲げられています。しかしベースがかなりの高難度資格であることは変わりませんので、情報処理技術者試験初心者から目指そうという方にはまず情報セキュリティマネジメント試験からの受験がおすすめです。

    関連記事:情報セキュリティマネジメント試験の難易度は?資格の評価や受験料を紹介

    既存の情報処理技術者試験とは異なる試験制度として独立させるほど重要視されている情報セキュリティ分野について、今後も要注目です。

    ■引用元:試験要綱Ver3.0(情報処理安全確保支援士試験抜粋版)
    http://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/youkou_ver3_0_sc_bassui.pdf

    ■引用元:新国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」制度のご紹介(2017-07-12)
    https://www.ipa.go.jp/files/000060738.pdf

    ■引用元:国家資格「情報処理安全確保支援士」講習のご案内)(2017-08-18)
    https://www.ipa.go.jp/siensi/koshu.html

    情報処理安全確保支援士の資格が活かせる最新求人情報をチェック!

    月額単価80万円〜90万円
    勤務地 東京都 北区
    勤務地 埼玉県
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    正社員

    【Linux】インフラエンジニア|各種システムの要件定義・運用保守 NEW

    年収 :300万円〜

    新規サービスの開発支援、及びメンテナンス自社での新規に検討している製品、サービスの開発 顧客サポ...

    株式会社デジタルトランスフォーメーション

    フリーランス

    【Solaris/Linux/Windows】インフラエンジニア★インターネット公開システムの運用保守

    月額単価 :80万円〜90万円

    インターネット公開システムの運用保守業務(基盤) 運用支援対象の2システムを基盤担当3名で担当頂き...

    正社員

    【Linux】ITエンジニア|インフラプロジェクトの対応

    年収 :350万円〜

    ◆インフラプロジェクト対応(サーバ構築・障害調査・設定変更など保守運用) ・既存サーバのバージョン...

    アイクラフト株式会社

    正社員

    【インフラエンジニア】自社及び親会社のインフラシステム構築

    年収 :450万円〜750万円

    インフラエンジニアとして、自社又はグループ会社の開発/保守/運用等の案件に携わって頂きます。複数の...

    ジグノシステムジャパン株式会社