WindowsにGitをインストールする方法

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2017年02月14日 最終更新日:2019年09月26日

    分散型バージョン管理システム「Git」のダウンロードとインストール方法について解説します。「Git(ギット)」を使うと、プログラムのソースコードなどを管理することができます。ドキュメントの編集履歴などを記録する事で、誤って古いバージョンで上書きしてしまうのを防いだり、過去の状態にファイルを復元したりする事ができます。

    最終更新日:2018年5月29日

    目次

    1. Git for windows をダウンロードする

    今回はWindows(64bit) OSに Git をインストールします。それでは早速「Git(ギット)」をダウンロードしてみましょう。Gitのダウンロードページ(https://git-scm.com/downloads)を開いて、右側のモニターイメージの「Downloads for windows」をクリックすると、Windowsの64 bit用のインストーラー「(Git-2.11.1-64-bit.exe)」をダウンロードする事ができます。左側の「Downloads」下にある「Windows」のリンクをクリックしても同様に「Windows 64bit版」のGitインストーラーをダウンロードする事ができます。

    ※Windows以外のOSをお使いの方は、OSに合わせてリンクをクリックして、Gitのインストールファイルをダウンロードして下さい。

    ●ブラウザーの表示(Download)

    インストールファイルの保存

    WindowsOSの32bit バージョンをインストールする場合は、「Downloads」より「Windows」をクリックすると「Downloading Git」のページに遷移しますので、「Other Git for Windows downloads」のリストより「32-bit Git for Windows Setup」のリンクをクリックしてインストールファイルをダウンロードして下さい。保存場所は任意で構いません。

    ●ブラウザーの表示(Downloading Git)

    ▲ページトップへ戻る

    2. Git for windowsをインストールする

    「Git」の公式サイトでダウンロードしたインストールファイル(Git-2.11.1-64-bit.exe)をダブルクリックしてインストールを開始します。

    ●Git-2.11.1-64-bit.exe

    git3

    2.1. 「Git」ライセンスの確認

    はじめに、Gitのライセンスを確認するウィンドウが表示されますので、内容を確認したら「Next」ボタンをクリックします。

    ●Git 2.11.1 setup(Information)

    ▲ページトップへ戻る

    2.2. 「Git」インストールフォルダーの選択

    次に、Gitをインストールするフォルダーを選択します。特に指定のない場合はそのまま「Next」ボタンをクリックします。

    ●Git 2.11.1 setup(Select Destination Location)

    ▲ページトップへ戻る

    2.3. コンポーネントの選択

    コンポーネントの選択」では、Gitインストールの仕様を選択します。以下を参考に好みに合わせてチェックを入れて下さい。

    Additional Icons- On the Desktop:
     Git Bash起動のショートカットをデスクトップに置く

    Windows Explorer Integration:
     右クリックした時のコンテキストメニューに関する設定です。チェックを入れるとコンテキストメニューにから「Git Bush」や「Git GUI」が使えるようになります。

    Associate .git* configration files with the default text editor:
     「.git」で始まる設定ファイルを規定のテキストエディターと関連づける(開く)

    Associate .sh files to be run with Bash:
     「.sh」ファイルをGit Bashで実行するようにする

    Use a TrueType font in all console windows:
     コンソールウィンドウで「TrueType フォント」を使う。
     ※日本語が文字化けするので、チェックをしない方がよいでしょう。

    ●Git 2.11.1 setup(Select Components)

    コンポーネントを選択したら、「Next」ボタンで次に進みます。

    ▲ページトップへ戻る

    2.4. スタートメニューにGitのショットカットを作成する

    スタートメニューにショートカットを作成します。メニューの「Git」フォルダーでよければそのまま「Next」ボタンをクリックして進んで下さい。
    ショートカットを作成する必要がない場合は「Don't create Start Menu folder」にチェックを入れて「Next」ボタンをクリックします。

    ●Git 2.11.1 setup(Select Start Menu Folder)

    ▲ページトップへ戻る

    2.5. Windowsの環境変数の設定

    Windowsの環境変数 PATH の設定です。環境変数を設定すると Git コマンドをWindows のコマンドプロンプトで使えるようになります。

    [Use Git Bash only]
       :Windows 環境変数「PATH」には何も設定しません。
       ※インストールする 「Git Bash」のみでGitのコマンドを実行する場合はこちらを選択

    [Run Git from the Windows Command Prompt]
       :Windows 環境変数「PATH」にC:\Program Files\Git\cmd を追加します。
       ※WindowsのコマンドプロンプトからGitコマンドを実行する場合はこちらを選択

    [Run Git and included Unix tools from the Windows Command Prompt]
       :Windows 環境変数「PATH」に、C:\Program Files\Git\cmd、
          C:\Program Files\Git\mingw64\bin、
          C:\Program Files\Git\usr\bin を追加します。
       ※Windowsのコマンドプロンプトに加えてUnix系のコマンドを実行する場合はこちらを選択

    今回は真ん中を選択しました。

    ●Git 2.11.1 setup(Adjusting your PATH environment)

    ▲ページトップへ戻る

    2.6. 改行オプションの設定

    Gitリポジトリへチェックイン、チェックアウトする際の改行オプションです。 改行はGit側で変換しない設定の「Checkout as-is, commit as-is」を選択します。

    ●Git 2.11.1 setup(Configuring the line ending conversions)

    ▲ページトップへ戻る

    2.7. Git Bashの設定

    Git Bash」のターミナルエミュレーターの設定です。「ターミナルエミュレーター」とは、コマンドを使うためのツールです。デフォルトの設定では[MinTTY]を使う設定になっています。Windowsの標準コンソールを使う場合は「Use Windows' default console window」を選択します。今回は「Use MinTTY(the default terminal of MSYS2)」を選択して「Next」ボタンをクリックします。

    ●Git 2.11.1 setup(Configring the terminal emilator to use with Git Bash)

    ▲ページトップへ戻る

    2.8. Git その他の設定

    その他のオプションの設定は「Enable file system caching」と「Enable Git Credential Manager」にチェックを入れ「Next」ボタンをクリックします。

    ●Git 2.11.1 setup(Configuring extra options)

    ▲ページトップへ戻る

    2.9. difftoolの設定

    Enable experimental, builtin difftool」にチェックを入れると、Gitに内蔵しているファイル比較用ツールの diff を利用する事はできますが、正式リリースしていない為、動作は保障されていません。perlスクリプトから”diff”のコマンドを呼び出すことのできる従来方式を使用することをお薦めします。 今回はチェックをせずに、「Install」ボタンをクリックしてインストールを開始します。

    ●Git 2.11.1 setup(Configuring experimental options)

    インストール完了のウィンドウ(Completing the Git Setup Wizard)が表示されます。「View Release Notes」にチェックが入っています。インストールが完了すると、リリースノートが表示されますが、確認が必要なければ、チェックをはずして「Finish」ボタンをクリックします。

    ●Git 2.11.1 setup(Completing the Git Setup Wizard)

    Gitの詳しい使い方については、関連文書をご確認下さい。

    【関連文書】 Git for Windows の使い方 ~準備編~
    【関連文書】 Git の使い方 ~リポジトリの作成とコミット~
    【関連文書】 Git の使い方 ~リポジトリへ変更内容を記録する方法~
    【関連文書】 git add の取り消し方法
    【関連文書】 git コマンド ~コミットの取り消し~
    【関連文書】 Gitでブランチを作成する方法

    ▲ページトップへ戻る

    月額単価70万円〜90万円
    勤務地 東京都 渋谷区
    月額単価70万円〜80万円
    勤務地 東京都 目黒区
    月額単価80万円〜100万円
    勤務地 東京都 千代田区
    月額単価80万円〜100万円
    勤務地 東京都 千代田区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【Node.js】バックエンドエンジニア★アドテクノロジー関連企業向け新規開発

    月額単価 :70万円〜90万円

    今後日本でもトレンドになると言われている「Header Bidding」をはじめ アドテクノロジー関連の自社サ...

    フリーランス

    【Ruby】システムエンジニア★女性向け情報コンテンツサービス開発

    月額単価 :70万円〜80万円

    「ファッション」「グルメ」など、欲しい情報が 何でも手に入る女性向けWebアプリケーションの 開発を...

    フリーランス

    【Ruby】システムエンジニア★エネルギー会社比較サービスのWebアプリ開発

    月額単価 :80万円〜100万円

    個人の電力・ガスの自由化に伴い、 事業の勢いに乗るスタートアップ企業にて、 電力・ガスなどのエネ...

    フリーランス

    【Python】システムエンジニア★エネルギー会社比較サービスの分析開発

    月額単価 :80万円〜100万円

    電力・ガスなどのエネルギー会社の料金比較サービスを 運営するスタートアップ企業にて、 電力ビッグ...