仮想化ソフトVirtualBoxのダウンロードとインストール手順を解説 | サービス | プロエンジニア

    仮想化ソフトVirtualBoxのダウンロードとインストール手順を解説

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2017年08月29日 最終更新日:2019年09月26日

    普段はWindowsのOSを使っているけれど、他のOSにも触れてみたいという理由などから、他のPCにインストールを検討しているという方もいらっしゃると思います。
    仮想化ソフトVirtulalBoxを使えば、お使いのPC上で別のOSを動かすことができるようになります。本コラムでは、VirtulalBoxのダウンロードとインストールについての手順を解説します。

    1.仮想化ソフトウェアのVirtual Box

    通常、1台のPCには1つのOSがインストールされています。
    WindowsのPCを持っているけれど、Linuxの勉強もしてみたいな…と思ったときは、WindowsのPCに加えて、LinuxのOSがインストールされたPCをもう一台用意しなければなりません。
    OSごとにPCも増えていくなんて大変!という悩みを解消できる技術が「仮想化」と呼ばれるものです。

    Virtual Boxとは、Oracle社が提供している仮想化ソフトウェアのことを言います。
    Virtual Boxでは、自分のPCで起動するOSのことをホストOS、Virtual Box上の仮想マシンで起動するOSをゲストOSと呼びます。
    ホストOS上にVirtual Boxをインストールし、Virtual Boxというソフトウェア上でゲストOSを起動させるイメージで、ホスト型仮想化とも言われます。
    物理環境を新たに用意する必要がなく手軽な反面、ホストOSのオーバーヘッドが大きくなります。

    Virtual Boxを利用すれば、1台のPCを論理的に分割して、あたかも1台のPC上で複数のPCが起動しているように見せることが可能です。

    2.Virtual Boxのダウンロード

    それでは、Virtual Boxをダウンロードしていきます。今回は、Windows10へインストールするものとします。

    ①Webブラウザを起動します。

    ②以下のURLを入力し、公式ホームページにアクセスします。
     Oracle VM Virtual Box  https://www.virtualbox.org/

    ③「Download Virtual Box 5.1」をクリックします。

    ④自分のPCに合わせたOSを選択します。今回は「Windows hosts」をクリックします。

    ⑤「保存」の右横にある「^」をクリックして、「名前を付けて保存」をクリックし、任意の場所を指定してダウンロードします。

    ⑥ダウンロードが完了です。

    3.Virtual Boxのインストール

    続いて、Virtual Boxをインストールします。

    ①ダウンロードした、インストーラーをダブルクリックします。

    ②セットアップウィザードが開くので、「Next」をクリックします。

    ③カスタムセットアップ画面が開きます。
    通常、そのままで構いませんので、「Next」をクリックします。

    ④ショートカットを作成するか等のオプションを選択します。
     通常、そのままで構いません。必要に応じてチェックを外して「Next」をクリックします。

    ・Create start menu entries
    スタートメニューに追加する
    ・Create a shortcut on the desktop
    デスクトップにショートカットを作成する
    ・Create a shortcut in the Quick Launch Bar
    クイック起動バーにショートカットを作成する
    ・Register file associations
    Virtual Boxが利用するファイルの拡張子と、Virtual Boxの関連付けを登録する

    ⑤ネットワークに関連する警告メッセージが表示されます。
    インストール中に一時的にネットワークが遮断されるというコメントですが、問題なければ「Yes」をクリックします。

    ⑥インストール開始の確認画面です。「Install」をクリックします。

    ⑦ 以下のような画面が出ますが、「インストール」をクリックします。

    ⑧インストール中は以下の画面が表示されます。

    ⑨インストールが完了すると、以下の画面が表示されます。
    チェックを入れたまま「Finish」をクリックすると、Virtual Boxが起動します。

    ⑩Virtual Boxが起動されました。
     これで、Virtual Boxのインストールは完了です。

    尚、Windows上ではなく、Mac上にVirtual Boxをインストールする手順は、こちらで解説していますので、参考にしてください。

    【関連記事】Macにバーチャルボックスをインストールしてみよう!

    最新案件情報をチェック!

    月額単価50万円〜70万円
    勤務地 東京都 新宿区
    月額単価70万円〜100万円
    勤務地 東京都 千代田区
    月額単価50万円〜80万円
    勤務地 東京都 千代田区
    月額単価70万円〜
    勤務地 東京都 豊島区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【HTML/CSS/JavaScript/Adobe】コーダー★情報活用サービスの紙製品カタログ制作 NEW

    月額単価 :50万円〜70万円

    名刺管理サービスや営業支援ツールなどを展開している同社で、自社メディアのデザイン、コーディング業...

    フリーランス

    【React.js】フロントエンドエンジニア★広告運用サービスの開発

    月額単価 :70万円〜100万円

    広告の媒体の仕入れから運用・レポーティングまでワンストップで行えるアドテクサービスを展開している...

    フリーランス

    【LAMP】サーバーエンジニア★女性誌ポータルサイトの開発・運用業務

    月額単価 :50万円〜80万円

    同社が運営している女性誌ポータルサイトの運営に伴う開発・運用チームにサーバーエンジニアとしてジョ...

    フリーランス

    【AWS】インフラエンジニア ★某グルメ予約サイトのインフラ保守・運用

    月額単価 :70万円〜

    某グルメ予約サイトの開発におけるインフラの保守運用、構築テスト業務になります。主にはAWSを使って保...