jQueryのhideメソッドで要素を非表示にする方法

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2019年02月26日 最終更新日:2019年09月25日

    jQueryでHTML内の特定の要素を非表示にするhide()メソッドを使ってみましょう。jQuery初心者向けに簡単なサンプルコードと共に解説します。

    目次

    1. hide()メソッドの基本書式

    jQueryの「hide()メソッド」の基本書式は以下の通りです。

    ●hide()メソッドの基本書式

    $("セレクター").hide()

    特定の要素を非表示にする「hide()メソッド」の使い方について、実際のサンプルコードで動作を確認してみましょう。「jQuery_Sample1.html」をコピーして、任意の場所に保存して下さい。

    サンプルコードでは、セレクターに段落タグの「p」を指定しましたので、段落のテキストをクリックすると、即時にテキストが消えます。

    ▲ページトップへ戻る

    2. hide()メソッドで非表示のスピードを調整する方法

    「hide()メソッド」の引数に非表示までの時間を指定する事ができます。

    ●hide()メソッドの基本書式

    $("セレクター").hide(speed)

    引数に指定する値は、「"slow"」、「"normal"」、「"fast"」の他時間を「ミリ秒」で指定します。

    サンプルコードの「jQuery_Sample2.html」をコピーして、任意の場所に保存して下さい。

    サンプルコードでは、「Hide(2000)」を指定しましたので、テキストをクリックして2秒後に完全にテキストが消えます。

    ▲ページトップへ戻る

    3. hide()メソッドで非表示後のアクションを指定する方法

    「hide()メソッド」で要素を非表示にした後のアクションを指定する事が可能です。

    ●hide()メソッドの基本書式

    $("セレクター").hide(speed, Callback)

    サンプルコードの「jQuery_Sample3.html」をコピーして、任意の場所に保存して下さい。

    サンプルコードでは、テキストがゆっくり(slow)消えた後にアラートを表示しています。Callback関数を指定せずに、「hide()メソッド」と「alert」を実行すると、alertが実行された後にテキストが非表示になります。

    ▲ページトップへ戻る

    関連記事:jQueryのダウンロードから使い方まで
    関連記事:jQuery入門~導入から基本の使い方まで~
    関連記事:現場で使えるjQueryプラグイン22選
    関連記事:jQuery入門オススメ本 7選

    jQueryのスキルが活かせる最新求人情報をチェック!

    月額単価70万円〜80万円
    勤務地 東京都 港区
    月額単価70万円〜80万円
    勤務地 東京都 港区
    月額単価50万円〜100万円
    勤務地 東京都 渋谷区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【SQL】データ抽出エンジニア★健康診断データの取込、DWH構築・運用保守

    月額単価 :70万円〜80万円

    自社サービスとして展開している、健康保険組合より 寄せられる健康診断データを蓄積している レセプ...

    フリーランス

    【SQL/VB.net】システムエンジニア★健康診断データの取込、DWH構築

    月額単価 :70万円〜80万円

    自社サービスとして展開している、健康保険組合より 寄せられる健康診断データを蓄積している レセプ...

    フリーランス

    【JavaScript(Node.js)】フルスタックエンジニア★スタートアップ向けモダンシステム開発

    月額単価 :50万円〜100万円

    主にスタートアップ企業のシステム開発を 受託開発している企業のフルスタック開発案件になります。 ...

    フリーランス

    【GO】サーバーサイドエンジニア★アスリート応援プラットフォーム開発/フルリモート可

    ・アスリート応援プラットフォームWebサービスのサーバサイド新規開発 ・SPA(Single Page Application...