jQueryのwrapAllメソッドでHTML要素を囲む方法

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2019年04月12日 最終更新日:2019年09月25日

    jQueryのwrapAll()メソッドを使うとHTML要素を指定の要素で囲む事ができます。jQuery初心者向けに簡単なサンプルコードと共に解説します。

    目次

    1. wrapAll()メソッドでHTML要素を囲む方法

    「wrapAll()メソッド」の使い方について、実際のサンプルコードで動作を確認してみましょう。「jQuery_Sample1.html」をコピーして、任意の場所に保存して下さい。

    サンプルコード(jQuery_Sample1.html)には、段落(p)タグが3つ記述されています。ボタンをクリックすると、3つの段落タグ全てを指定の背景色(background-color:#aaa)で囲みます。

    ▲ページトップへ戻る

    2. wrapAll()メソッドで複数のHTML要素を囲む方法

    「wrapAll()メソッド」を使って、複数のHTML要素を囲んでみましょう。

    サンプルコードの「jQuery_Sample2.html」をコピーして、任意の場所に保存して下さい。

    body内には、p要素とspan要素が交互に記述されています。wrapAllメソッドを実行すると、セレクターで指定した要素(span)をまとめて引数で指定の要素(div、p、strong)で囲みます。 ボタンをクリックすると、span要素のテキスト「コンテンツ2」、「コンテンツ4」がまとまり、divタグ、pタグ、strongタグで囲まれます。divタグのスタイルが適用されspan要素全てがボーダーで囲まれます。

    ▲ページトップへ戻る

    3. unwrap()メソッドで親要素を削除(解除)する方法

    「unwrap()メソッド」を使うと指定要素の親要素を削除する事ができます。

    サンプルコードの「jQuery_Sample3.html」をコピーして、任意の場所に保存して下さい。

    サンプルコード(jQuery_Sample3.html)のボタンをクリックすると、段落要素の親要素であるdiv要素を削除しますので、「コンテンツ」というテキストを囲ったボーダーや文字色、マージンなどのスタイルが消えてしまいます。

    ▲ページトップへ戻る

    関連記事:jQueryのダウンロードから使い方まで
    関連記事:jQuery入門~導入から基本の使い方まで~
    関連記事:現場で使えるjQueryプラグイン22選
    関連記事:jQuery入門オススメ本 7選
    関連記事:jQueryのhideメソッドで要素を非表示にする方法

    関連リンク:jQuery API Documentation(wrapAll)

    jQueryのスキルが活かせる最新求人情報をチェック!

    月額単価60万円〜
    勤務地 東京都 渋谷区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    正社員

    【Java】プログラマー|WEBアプリケーションの開発

    年収 :300万円〜600万円

    弊社で支援しているWEBアプリケーションの開発をご担当いただきます。言語的にはJava、ASP.NET(C#)、PHP...

    株式会社SYNC

    正社員

    【PHP】WEBエンジニア|アパレルサイトの開発

    年収 :350万円〜

    アパレル、食品ECサイトなどの開発

    株式会社LOWCAL

    フリーランス

    【PHP/JavaScript/Ajax/jQuery】Webエンジニア★Webシステム開発

    月額単価 :60万円〜

    Web受託会社内にて、PHPによるシステム開発案件が複数走っており、そのいずれかに参画頂きます。 言語...

    フリーランス

    【Ruby on Rails/HTML/CSS】サーバーサイドエンジニア★BtoBマッチングSaaS開発

    同社は決裁者向けのマッチングプラットフォームを展開する企業です。 今回はBtoBマッチングSaaSの開発...