• jQueryのwrapAllメソッドでHTML要素を囲む方法

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2019年04月12日 最終更新日:2021年12月22日

    jQueryのwrapAll()メソッドを使うとHTML要素を指定の要素で囲む事ができます。jQuery初心者向けに簡単なサンプルコードと共に解説します。

    目次

    1. wrapAll()メソッドでHTML要素を囲む方法

    「wrapAll()メソッド」の使い方について、実際のサンプルコードで動作を確認してみましょう。「jQuery_Sample1.html」をコピーして、任意の場所に保存して下さい。

    サンプルコード(jQuery_Sample1.html)には、段落(p)タグが3つ記述されています。ボタンをクリックすると、3つの段落タグ全てを指定の背景色(background-color:#aaa)で囲みます。

    ▲ページトップへ戻る

    2. wrapAll()メソッドで複数のHTML要素を囲む方法

    「wrapAll()メソッド」を使って、複数のHTML要素を囲んでみましょう。

    サンプルコードの「jQuery_Sample2.html」をコピーして、任意の場所に保存して下さい。

    body内には、p要素とspan要素が交互に記述されています。wrapAllメソッドを実行すると、セレクターで指定した要素(span)をまとめて引数で指定の要素(div、p、strong)で囲みます。 ボタンをクリックすると、span要素のテキスト「コンテンツ2」、「コンテンツ4」がまとまり、divタグ、pタグ、strongタグで囲まれます。divタグのスタイルが適用されspan要素全てがボーダーで囲まれます。

    ▲ページトップへ戻る

    3. unwrap()メソッドで親要素を削除(解除)する方法

    「unwrap()メソッド」を使うと指定要素の親要素を削除する事ができます。

    サンプルコードの「jQuery_Sample3.html」をコピーして、任意の場所に保存して下さい。

    サンプルコード(jQuery_Sample3.html)のボタンをクリックすると、段落要素の親要素であるdiv要素を削除しますので、「コンテンツ」というテキストを囲ったボーダーや文字色、マージンなどのスタイルが消えてしまいます。

    ▲ページトップへ戻る

    関連記事:jQueryのダウンロードから使い方まで
    関連記事:jQuery入門~導入から基本の使い方まで~
    関連記事:現場で使えるjQueryプラグイン22選
    関連記事:jQuery入門オススメ本 7選
    関連記事:jQueryのhideメソッドで要素を非表示にする方法

    関連リンク:jQuery API Documentation(wrapAll)

    jQueryのスキルが活かせる最新求人情報をチェック!

    月額単価80万円〜90万円
    勤務地 東京都 中央区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【Java/Spring Boot/SPA】システムエンジニア★国際物流システムの開発 NEW

    Salesforce等を中心に受託開発や自社パッケージの導入カスタマイズなどを行っている企業にて、某物流大...

    フリーランス

    【API/HTML】システムエンジニア★某企業向けAPI Management systemの開発関連業務

    ・API SuiteのマルチPF向け要件・開発・運用策定およびドキュメント化 ・開発・運用の準備・試験対応 ...

    フリーランス

    【PHP】システムエンジニア★薬局・病院向けシステム開発

    医療機関や患者向けに提供している各サービスの根幹を担う基盤、及びToB向けアプリケーションの開発業務...

    フリーランス

    【PHP/Larabel/AWS】サーバーサイドエンジニア★出張撮影マッチングサービスの新規開発

    月額単価 :80万円〜90万円

    写真を撮ってほしい個人とフォトグラファーを繋げるサービスを展開している企業で、サーバーサイドエン...