• jQueryのslideToggleメソッドでスライドを切り替える方法

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2019年06月28日 最終更新日:2021年12月22日

    jQueryのslideToggle()メソッドを使ってHTML要素のスライド効果を切り替える方法について解説します。jQuery初心者向けに簡単なサンプルコードと共に説明します。

    目次

    1. slideToggle()メソッドの基本的な使い方

    jQueryの「slideToggle()メソッド」の基本書式は以下の通りです。

    ●slideToggle()メソッドの基本書式

    $("セレクター").slideToggle()

    HTML要素をスライドする「slideToggle()メソッド」の使い方について、実際のサンプルコードで動作を確認してみましょう。「jQuery_Sample1.html」をコピーして任意の場所に保存して下さい。

    「slideToggleメソッド」でボックス要素(div)をスライドしてみましょう。ボタンをクリックすると、赤のボックス要素がスライドして非表示になります。もう一度ボタンをクリックすると再びボックスが表示されます。

    ▲ページトップへ戻る

    2. slideToggle()メソッドでフェードの速度を指定する方法

    「slideToggle()メソッド」を使って、HTML要素のスライド速度を指定してみましょう。サンプルコードの「jQuery_Sample2.html」をコピーして、任意の場所に保存して下さい。

    「slideToggleメソッド」の引数に指定するのは、スライド速度を速くする「"fast"」もしくは速度を遅くする「"slow"」を指定します。サンプルコードでは、「"fast"」を指定しています。ボタンをクリックすると赤と青の二つのボックス要素がスライドしますが、引数を指定しない場合と比べ、スライドの速度が速くなります。

    ▲ページトップへ戻る

    3. slideToggle()メソッドでフェードの時間を指定する方法

    「slideToggle()メソッド」で、スライド効果の時間を指定してみましょう。サンプルコードの「jQuery_Sample3.html」をコピーして、任意の場所に保存して下さい。

    「slideToggleメソッド」の引数にスライドする時間を「ミリ秒」で指定します。サンプルコードでは「"8000"」を指定しましたので、ボタンをクリックすると赤いボックス要素と青のボックス要素が8秒かけてスライドします。再度ボタンをクリックすると同じく8秒でボックスが表示されます。

    ▲ページトップへ戻る

    関連記事:jQueryのダウンロードから使い方まで
    関連記事:jQuery入門~導入から基本の使い方まで~
    関連記事:現場で使えるjQueryプラグイン22選
    関連記事:jQuery入門オススメ本 7選
    関連記事:jQueryのhideメソッドで要素を非表示にする方法
    関連リンク:jQuery API Document(slideToggle)

    jQueryのスキルが活かせる最新求人情報をチェック!

    月額単価80万円〜90万円
    勤務地 東京都 中央区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    フリーランス

    【Java/Spring Boot/SPA】システムエンジニア★国際物流システムの開発 NEW

    Salesforce等を中心に受託開発や自社パッケージの導入カスタマイズなどを行っている企業にて、某物流大...

    フリーランス

    【API/HTML】システムエンジニア★某企業向けAPI Management systemの開発関連業務

    ・API SuiteのマルチPF向け要件・開発・運用策定およびドキュメント化 ・開発・運用の準備・試験対応 ...

    フリーランス

    【PHP】システムエンジニア★薬局・病院向けシステム開発

    医療機関や患者向けに提供している各サービスの根幹を担う基盤、及びToB向けアプリケーションの開発業務...

    フリーランス

    【PHP/Larabel/AWS】サーバーサイドエンジニア★出張撮影マッチングサービスの新規開発

    月額単価 :80万円〜90万円

    写真を撮ってほしい個人とフォトグラファーを繋げるサービスを展開している企業で、サーバーサイドエン...