ITコンサルタントになるために知っておきたいこと

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2019年04月17日 最終更新日:2020年05月13日

    ITコンサルタントといえば、高年収も期待できる花形職のイメージをお持ちの方も多いと思います。
    難易度は高いものの、IT関連職への就職を目指す新卒や未経験の方にも人気があり、エンジニアの目指すキャリアとしてもよく知られています。実際にITコンサルタントはどんな立場で何をするのか、またどうすればなれるのでしょうか。

    本記事では、ITコンサルタントになるために知っておきたいことをまとめました。ITコンサルタントの仕事内容や必要スキル、またITコンサルタントへのキャリアパスについても詳しく説明します。

    1. ITコンサルタントとは何をする人?

    ITコンサルタントは企業の経営課題に対し、問題の根本的な解決策を提案し、実行に移します。
    具体的には、企業の現状から本質的な問題を把握し現状分析を行い、クライアントからヒアリングした要望も加味した上で、業務要件に沿って、ITを活用した業務改善策やシステムの最適化などを提案します。

    1.1 ITコンサルタントに求められる役割

    ITコンサルタントの役割は、ITを切り口にクライアントや企業の経営課題を解決することです。

    企業側はコンサルティング料を支払い、経営課題の改善・解決を求めます。
    ITコンサルタントは、企業の経営陣を上回る専門知識と問題解決能力を持って、常にクライアントの立場になって寄り添うスタンスを大切にしながら様々な提案を行うことが大切です。

    ▲ページトップへ戻る

    1.2 ITコンサルタントとシステムエンジニアの違い

    両者ともに「企業の経営課題改善のためのシステム最適化および開発」という役割から見れば重なる部分も多くありますが、一般的に下記のような違いがみられます。


    ◆ システムエンジニア
    【仕事内容】システム要件に沿った設計・実装をメインとし、クライアントの要望に沿った最適なシステムを作り上げることに最善を尽くす。
    【仕事に対するスタンス】クライアントからの要望に対応する

    ◆ ITコンサルタント
    【仕事内容】クライアントの経営課題の解決が目的であり、そのための企業分析や解決策の提案など「システムの全体像」を考案する役割を担う。
    【仕事に対するスタンス】クライアントに対して提案する

    ▲ページトップへ戻る

    2. 主な仕事内容

    【主なITコンサルタントの仕事内容】
    ・企業の経営理念に沿ってITを活用したシステム導入
    ・業務改善のためのコンサルティング全般とシステムの最適化の提案
    ・システム導入や提案の実現に関するあらゆる業務に携わり、支援する
    ・先端技術であるAI関連やRPAなどの導入提案、開発サポート

    ITコンサルタントはその名の通り、ITに関連するコンサルタントの総称であり、IT戦略に基づく業務分野によって、仕事内容は多岐に渡ります。

    次章では、ITコンサルタントの種類をいくつか例に挙げ、それぞれの仕事内容も見ていきましょう。

    ▲ページトップへ戻る

    3. ITコンサルタントの種類

    ITコンサルタントの仕事領域は必ずしもはっきり区別できるケースばかりとは限りませんが、業種や専門分野によって下記のようなITコンサルタントの種類があります。

    3.1 企業の業務改善を実現するERPコンサルタント

    【ERPとは】
    ERP(Enterprise Resource Planning)を訳すと、「企業資源計画」であり、企業経営の上で役立つ4大経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を有効活用し経営の効率化を図る経営手法です。
    ERP実現のために、ERPパッケージ (企業の持つ各種業務を統合的に管理するソフトウェア)が多くの企業で活用されています。

    【ERPコンサルタントの仕事】
    携わる企業の業務経験や深い知識を備えた上で、企業の事業形態に合わせて、ERPパッケージの選定を行い、最適なカスタマイズを行い、ERPパッケージを活用しながら企業の経営の効率化を図る役割を担います。


    3.1.1 ERP分野において圧倒的なシェアを誇るSAPコンサルタント

    【SAPとは】
    SAPとは、ドイツのソフトウェアメーカーです。このSAP社が開発したERPパッケージが市場において世界をはじめ国内でも圧倒的シェアを誇っています。

    【SAPコンサルタントの仕事】
    SAP製品に関する深い知識と携わる企業の業界知識を備えた上で、ERPパッケージの新規導入支援や設計を行い、活用しながら、企業の経営課題の解決につなげていきます。
    また、SAPコンサルタントは国内外を問わず需要があり、語学力や海外地域の知識や経験を持っていると、グローバルに活躍できることが期待できます。

    ▲ページトップへ戻る

    3.2 顧客へ最適なサービス提供を行うCRMコンサルタント

    【CRMとは】
    CRM(Customer Relationship Management)とは、顧客に関する情報を収集して分析し、顧客のニーズに合わせたサービスの提供を行うことで顧客満足度を高め、長期的な利益につなげる経営手法です。

    【CRMコンサルタントの仕事】
    マーケティング戦略の業務知識を備え、顧客戦略の立案を行い、マーケティングや営業関連をはじめ、業務効率化のためのCRMシステムの導入・運用・カスタマイズなどを支援します。

    ▲ページトップへ戻る

    3.3 マネジメント業務管理支援を担うPMOコンサルタント

    【PMOとは】
    PMO(Project Management Office)とは、企業内における複数のプロジェクトの整備・管理などマネジメント業務を行うことです。

    【PMOコンサルタントの仕事】
    企業内で実行中の全プロジェクトにおける総合管理を担い、企業全体のプロジェクトマネジメントの品質向上に努めます。
    コスト管理、環境整備、リソース配置などの各種マネジメント業務を担当することもあり、また、プロジェクトを円滑に進めるために各プロジェクトのプロジェクトマネージャー(PM)のサポート役も担当します。

    ▲ページトップへ戻る

    3.4 生産・物流プロセスに欠かせないSCMコンサルタント

    【SCMとは】
    SCM(Supply Chain Management)とは、流通プロセスの「供給連鎖」を意味し、部品や材料の仕入れから、生産、販売に至るまでの一連のプロセスを「1本のチェーン」とした、流通プロセスの最適化を行う経営手法です。

    【SCMコンサルタントの仕事】
    SCM(生産管理・物流・購買)の知見を持ち、生産から販売に至るまでの流れ全体の効率化を目指して、SCM戦略の立案、PMO導入支援、コスト削減などを提案し、企業の経営改善を支援します。

    ▲ページトップへ戻る

    4. 必要なスキル・スキルを身につけるためのコツ

    前述した仕事内容のように、ITコンサルタントの業務は広範に及び、各々の分野における深い専門知識に加え、多くのスキルが求められます。
    ここでは、ITコンサルタントに必要なスキルとそれらのスキルを身につけるためのコツをお伝えしていきます。

    4.1 IT技術の幅広い知識と豊富な経験

    ・全般的なITの知識
    クライアントの経営課題に対して業務システムの構築から、終結までを提案・サポートするためには、全般的なITの基礎知識は必須です。
    IT関連技術の全ての知識を身につけることは不可能ですが、一つのシステムができあがるまでの工程や、IT技術全般について広く浅く知っておくことが大切です。

    ・IT業界の最新情報、トレンド技術
    日頃から、自分の専門分野以外にも目を向け、IT業界の最新情報や動向を把握しておきましょう。情報を仕入れる手段はニュースレター、SNS、オンライン上のコミュニティなど、いくらでもありますのでうまく活用するとよいでしょう。
    また、先端技術である、AIやIoT関連、RPAなどについての知見もあればより仕事の幅が広がり、顧客に対する提案力も上がります。

    ・開発経験
    FITコンサルタントにとって、システム開発の経験は必須ではありませんが、プログラマーやSEとして経験を積んで得た技術や知識は大いに活用できます。
    技術的なスキル以外にもプロジェクトに携わり実際の現場を知っているというのは何よりも強みになります。
    ITコンサルタントを目指すなら、様々な現場で経験を積んでおく意識を持つとよいでしょう。

    ▲ページトップへ戻る

    4.2 携わる業務の業界知識や経営に関する知識

    ・携わる業務の業界知識や専門知識
    「クライアントの経営課題の解決」が求められるため、携わる企業の全般的な業界知識は必須です。
    自分の専門分野があればより深く知識を深めたり、未経験の分野であればなおさらその業界に関する知識や情報をしっかり把握することが大切です。

    ・経営に関する知識
    経営的な視点を盛り込んだ経営戦略の提案が必要となるために必要な知識です。

    これらの知識を身につけるには、実際にその業界で経験を積むことの他に、オンライン上で情報収集したり、書籍やスクールなどを活用して勉強するとよいでしょう。

    ▲ページトップへ戻る

    4.3 論理的思考力

    長年、その業界に特化した業務を継続してきた企業の経営陣にコンサルティングをするには、常に一貫して筋が通った論理的な考え方である論理的思考能力が重要になります。
    企業課題を最適化する提案を行う際に、論理的な視点で、目的を明確にし、問題は分けて整理し、結論に至るまでのプロセスを相手にできるだけわかりやすく説明する必要があります。

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を高めるためには、普段から起こってくる事柄に対して「なぜ?どうして?」と疑問を抱き、自分に問うくせをつけることや、相手が理解できるわかりやすい言葉で伝えることなどを意識するとよいでしょう。
    問題解決のためのプロセスを大切にするようになり、曖昧な表現を避け、相手に理解・納得してもらいやすくなります。

    ▲ページトップへ戻る

    4.4 問題解決能力

    ITコンサルタントがクライアントに一番期待されているスキルであるとも言えるでしょう。
    企業の抱える課題の、本質的な問題を「正しく」認識し、どこにどんな問題があるかを見つけ、分析し、対策案を出して解決へつなげる能力は必須です。

    問題解決能力を身につけるには、頭の中をしっかり整理する意識が大切です。複雑な問題であってもあれこれ頭の中で考えをめぐらすのではなく、問題点を書き出し、問題の原因を特定し、目的をはっきり把握した上で事柄を整理しながら、優先順位を決めて着手していくようにするとよいでしょう。

    ▲ページトップへ戻る

    4.5 高いコミュニケーション力

    業務を通して、多くの人と関わるため、相手の要求を正確に把握するヒアリング力や、相手の立場や気持ちを汲み取りつつ自分の意見を的確に伝え、最終的には相手を説得するプレゼンテーション力などが必要とされます。
    最終的な目的を達成するために、様々な立場の人とコミュニケーションを取り、円滑な人間関係を築く能力が求められます。

    ビジネスにおけるコミュニケーション力を鍛えるためには、相手に自分を理解してもらうためにわかりやすく伝えることが大切です。
    まず、結論や目的を簡潔に伝え「聞いてもらえる」状況を作り話を進めていくこと、相手の話しにしっかり耳を傾け相手の口調や会話のテンポに合わせる、相手の感情をくみとったうえで話をするなどのコツがあります。
    これらのコツをを日頃から意識して実践してみたり、周りにいるコミュニケーションの上手な人の話し方を参考にしたりすることをおすすめします。

    ▲ページトップへ戻る

    5. ITコンサルタントに有利な資格は?

    ITコンサルタントになるために必要な特定の資格はありません。

    しかしながら、ITコンサルタントに求められる様々なスキルに関連する資格を取得することは、その分野に関する知見を深められるだけでなく、対外的なスキルの証明にもなります。

    下記に、ITコンサルタントにおすすめの情報処理技術系の資格とマネジメント系資格を挙げます。

    【ITコンサルタントへの転職で有利になる資格】
    ・ITコーディネータ
    ・プロジェクトマネージャー
    ・ITストラテジスト
    ・中小企業診断士
    ・PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)

    ITコンサルタントに役立つ資格について詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

    ▲ページトップへ戻る

    6. ITコンサルタントになるためのキャリアパス

    6.1 業務系システムエンジニアを経て

    システムエンジニアとして実装・テスト・導入・運用の経験を積み、さらには要件定義・計画立案・設計といった上流工程の経験を経た後に、ITコンサルタントへ転身するケースが多くみられます。

    システムエンジニアとして得られたITの知識と経験はもちろん、携わった企業システムの業界知識なども役立ちます。
    しかしながら、システムエンジニアの経験だけあればITコンサルタントに必ずしもなれるわけではなく、クライアントとの折衝経験、プロジェクトのマネジメント経験(PM)、内外部とのやりとりにおけるコミュニケーション力など、ITコンサルタントとして評価されるスキルを伸ばしていくことが大切です。

    ▲ページトップへ戻る

    6.2 インフラ系システムエンジニアを経て

    多くのITコンサルタント求人では、直接企業の経営に影響を与えることが少ないインフラ領域経験者を求める数は業務系システム経験者に比べて少ない傾向があります。
    インフラ系システムエンジニアがITコンサルタントに転身する場合には、

    現状のスキルにプラスして、下記のような「スキル」を磨いていくと、インフラ系ITコンサルタントとして、企業のセキュリティ関連やインフラ最適化などの業務で重宝され活躍できることが期待できます。

    ◆ インフラ関連サービスの提案力:クライアントの要求に応えるだけでなく、最新の技術やサービスを常に把握しクライアントに合った最適なインフラサービスの提案
    ◆ セキュリティ関連技術スキル:今後も需要が増えるセキュリティ関係の知識や技術力
    ◆ クラウドサービス関連技術:クラウドサービスの充実により、運用を外部に委託する企業も増える中でのクラウドサービス関連知識と技術力

    ▲ページトップへ戻る

    6.3 新卒または未経験から目指す

    新卒または未経験からコンサルティングファームへ就職をし、ITコンサルタントを目指すケースも多くみられます。
    メリットとしては、一般的なコンサルティングファームであれば、経験が浅いうちからプロジェクトを通してコンサルティングに関する多くの業務を経験でき、論理的な思考力や対人スキルも身に付き、他企業であれば時間のかかるスキルを短期間で得られることができると言えます。
    デメリットとしては、実際に働き始めると求められるスキルも能力も高めであり、また周囲との実力差もはっきり出るためついていけないケースも起こり得ます。さらに、膨大な仕事量であることが多く、働き方もハードなことから、精神的・肉体的にもタフであることが求められます。

    ▲ページトップへ戻る

    7. まとめ

    ひとくくりに「ITコンサルタント」と言っても携わる業界や企業により、様々な仕事内容があり、求められるスキルも多様ですが、「企業の経営課題解決」という目的を果たすために、多くの人と関わりながら業務を進めるやりがいのある職種と言えるでしょう。
    ITコンサルタントで活躍する方には、資格取得により対外的な自分のスキルの証明に役立てたり、様々なプロジェクトの開発経験をベースにしてさらにスキルを磨き、業界の最新動向などにもアンテナを張って常にクライアントにとって最適な提案をすることを心がけている方が多くみられます。
    このことからもITコンサルタントになるためには様々な実務・開発経験をはじめ、技術・知識習得の積み重ねが必須と言えるでしょう。

    ▲ページトップへ戻る

    ITコンサルタントの求人情報をチェック!

    年収500万円〜800万円
    勤務地 東京都 江東区
    年収500万円〜800万円
    勤務地 東京都 港区
    月額単価80万円〜100万円
    勤務地 東京都 墨田区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    正社員

    【Splunk】インフラエンジニア|各種ネットワークの設計・構築 NEW

    年収 :500万円〜800万円

    【仕事内容】 インフラエンジニアとして、ご経験に応じてネットワーク/サーバ/セキュリティの提案・設...

    パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

    正社員

    【C#】プロジェクトマネージャー|各種システム開発のマネジメント

    年収 :400万円〜

    【職種内容】 プロジェクトマネージャーとして、顧客のヒアリングを元にサービスの企画、システム開発...

    株式会社アルム

    正社員

    【CRM/SCM】ITコンサルタント|システム導入のマネジメント

    年収 :500万円〜800万円

    経営戦略に基づくIT戦略の立案 CRM、SCMの構築、上流から下流に至るシステム導入の各プロセスの企画及...

    株式会社ネクス・ソリューションズ

    フリーランス

    【PL】クラウド型コールセンターシステムの開発・管理

    月額単価 :80万円〜100万円

    同社は、クラウド型コールセンターシステムを開発導入運用しています。 今回は、チームリーダーとして...