eclipseのダウンロードとインストール方法

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2016年09月26日 最終更新日:2019年09月27日

    統合開発環境 (IDE::Integrated Development Environment)の一つであるeclipseダウンロードインストール方法を説明します。eclipseはIBMによって開発されたオープンソースで、無料でインストールできます。プラグインをインストールする事でJavaの他にも、C言語やPHPなど様々な言語の開発が可能です。開発現場で広く使われているツールを早速使ってみましょう。

    目次

    1. eclipseとは?

    「eclipse(エクリプス)」は、もともと商用の製品でしたが2001年にIBM社が「eclipse」をオープンソース化したことで、特にJava言語の開発者の中で広く使われるようになっていったツールです。
    言語によって手順は多少異なる部分はありますが、プログラムを作成する際には、テキストエディターでコードを書き、コンパイラーで実行可能なファイルを作成します。その後プログラムが正常に動作するかの確認作業をします。動作に問題があればデバッグして不具合箇所を見つけて修正というサイクルを繰り返します。

    一つ一つの作業は異なるツールを使ったり、アナログ的な作業手順も含まれる為、いわゆる原始的な開発方法では効率が悪く、ミスも発見しにくい面倒な作業になります。
    そこで、開発者が利用するのが「IDE」になります。「IDE」とは"Integrated Development Environment"の略で、日本語では「統合開発環境」と言います。IDEを使うことで一つのツールで効率よく開発ができるようになります。
    IDEの種類としては、C++や.NETプログラムなどWindows向けの開発ができる「Visual Studio」やApple系の開発に向いた「Xcode」などがありますが、有償であったり、開発環境に制限があります。

    「eclipse」は、無償でありながら、Linux、Mac、Windowsと様々なプラットフォームに対応しており、開発を補助する機能もとても充実しています。

    2. eclipseのダウンロード

    2.1. Windows OSの種類を確認する

    eclipseをインストールする前に、Windos OSの「システムの種類(64Bitか32bit)」が分からない場合、事前に調べておきましょう。
    Windows10の場合、[Windowsアイコンを右クリック]→[システム]をクリックします。
    ※Windows7の場合、[スタートメニュー]から[コントロールパネル]→[システム]を選択して下さい。

    ●システム

    [システムの種類]でOS(オペレーティング・システム)の種類が「64 bit」か「32 bit」かを確認することができます。

    ●システムの種類

    ▲ページトップへ戻る

    2.2. 英語版「eclipse」をダウンロードする

    それでは、早速「eclipseの公式ページ(https://www.eclipse.org/downloads/)」から、インストールファイルをダウンロードしてみましょう。「eclipse」はLinuxやMac OSでも利用できますが、今回は Windows の 64bit OS にインストールします。
    2017年10月時点でのバージョンは、2017年6月28日にリリースされた「eclipse 4.7 Oxygen」になります。

    eclipseの公式サイト

    Get Eclipse Oxygen」の下にあるオレンジのボタン「DOWNLOAD 64 BIT」ボタンをクリックしパッケージダウンロードのページを開きます。
    ※Windos 32 bit OS の場合は、ボタン下の「Download Packages」リンクをクリックしてWindowsの「32 bit」をダウンロードします。

    eclipseのダウンロードページ

    eclipse0-2

    「DOWNLOAD」ボタンをクリックすると保存先を聞いてきますので、任意の場所に「eclipse」のインストーラー(eclipse-inst-win64.exe)を保存して下さい。

    ●eclipse-inst-win64.exe

    eclipse0-3

    ▲ページトップへ戻る

    3. eclipseのインストール

    3.1. インストーラー(eclipse-inst-win64.exe)の起動

    公式ページよりダウンロードしたインストーラーの「eclipse-inst-win64.exe」ファイルをダブルクリックして下さい。

    Java WEB application の開発を行える2番目の「Eclipse IDE for Java EE Developers」を選択して下さい。

    ▲ページトップへ戻る

    3.2. eclipse インストールフォルダーの選択

    eclipse」をインストールするフォルダ(Installation Folder)を変更する場合は、ここで変更します。右のフォルダーアイコンをクリックして、任意のフォルダーを指定します。

    ※プログラムや統合開発環境をインストールする場合は、なるべく浅い階層で「日本語名」や「スペース」が入っていないフォルダにインストールすることをおすすめします。
    簡単なプログラムでは特に問題が出ないことが多いですが、環境によってはあまり深い階層だったり、フォルダーの名前が長かったりすると、インストールや開発環境に不具合がでる事があります。

    特に指定がない場合は、デフォルト設定の

    「C:\eclipse\jee-oxygen」

    のままで結構です。

    eclipse」のアイコンを「スタートメニューへ追加(create start menu entry)」するチェックと「デスクトップへショートカットを作成(create desktop shortcut)」する項目はお好みに合わせて選択して下さい。

    ▲ページトップへ戻る

    3.3. eclipse インストールの実行

    フォルダーとショートカットアイコンの選択をしたら、「インストール(Install)」ボタンをクリックして下さい。

    ●インストールの開始

    eclipse」のインストールが始まります。途中でキャンセルをしたい場合は「インストールのキャンセル(Cancel Installation)」ボタンを押すことでインストールの中止が可能です。

    ▲ページトップへ戻る

    3.4. eclipseの立ち上げ

    インストールが完了したら、「eclipse」を起動してみましょう。

    eclipse」を立ち上げる緑のボタンが出てきますので、「LAUNCH」を選択して「eclipse」を起動します。

    ▲ページトップへ戻る

    ●ワークスペース(Workspace)の選択

    eclipse」を起動する時に、ファイルなどを保存する「ワークスペース(Workspace)」の場所を設定します。

    ●Workspace

    デフォルトのフォルダーは、

    「C:\Users\ユーザーの名前\eclipse-workspace」

    となっています。こちらは任意の場所に変更できますが、今回は、eclipseをインストールしたフォルダーと同じ階層の「C:\eclipse」に「ワークスペース(workspace)」を作成します。 「browse…」ボタンをクリックして、フォルダーを選択し、「Launch」ボタンを選択し「eclipse」を起動します。
    起動ごとに「ワークスペース」の指定をしない場合は、

    「選択したフォルダーをデフォルト設定にする(Use this as the default and do not ask again)」

    にチェックを入れると「eclipse」を起動した時に、このメッセージは出てこなくなります。
    eclipse」の起動ロゴが出てきて、ソフトが立ち上がるのに少々時間がかかりますが、以下、 Welcom 画面の「Eclipse Java EE IDE for Web Developers」のウィンドウが表示されれば、問題なくインストールは完了です。

    ●eclipseの起動画面

    英語版「eclipse」のダウンロードとインストールが完了しましたので早速使ってみましょう!
    eclipse」使い方や日本語化についての関連コラムもご参考下さい。

    ▲ページトップへ戻る

    【関連記事】eclipseのインストールから使い方まで~ Eclipse NeonでJavaプログラムを実行してみよう!
    【関連記事】Eclipseを日本語化してみよう!
    【関連記事】eclipseの使い方 ~Javaプログラムを作成してみよう!~
    【関連記事】Eclipse+PHP開発環境の構築 ~PDTプラグインのインストール~
    【関連記事】EclipseでPHPプログラムを実行してみよう!~PHPプログラミング入門~

    Eclipseを使った最新求人情報をチェック!

    年収400万円〜700万円
    勤務地 東京都 新宿区
    年収300万円〜
    勤務地 東京都 千代田区
    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • ピックアップ

    正社員

    【Java】自社製品のシステム開発エンジニア| 企画~開発まで経験可能★残業少

    年収 :400万円〜600万円

    ◆同社自社製品である「X-point」「AgileWorks」の自社システム開発。 ◆最先端の環境で技術力、発想力を...

    株式会社 エイトレッド

    正社員

    【Java/python】システム開発エンジニア|クラウド型人事管理システムの運用

    年収 :400万円〜700万円

    ◆人気の自社サービス ◆企業の人事部を支えるシステム開発エンジニア ◆クラウド型人事管理システムの運...

    フォスターリンク株式会社

    正社員

    【Java/VB.NET】Webオープン系での業務系システム開発の企画・設計・構築・運用

    年収 :300万円〜500万円

    ◆Webオープン系での業務系システム開発の企画・設計・構築・運用 ◆全工程を担当出来る為幅広くスキルが...

    メディアジョイント株式会社

    正社員

    【LAMP】開発エンジニア|生保・損保・金融系を中心とした業務系開発

    年収 :300万円〜

    生命保険・損害保険・金融系を中心とした業務系の開発から JAVA/.NET/LAMPをキーワードにした、 オブ...

    株式会社AEVIC