発売まであと少し!PlayStationVR実機体験レポート

    • このページをはてなブックマークに追加

    公開日:2016年06月09日 最終更新日:2019年06月15日

    目次

    2016年10月発売予定のPlayStation VR(略してPSVR)を一足お先に体験できる場所が、お台場の遊園地「東京ジョイポリス」内に6月中の期間限定でオープンしました。6月1日の初日に体験してきましたので、レポートしたいと思います。

    1. 会場の東京ジョイポリスへ

    株式会社セガ・ライブクリエイションが運営する東京ジョイポリスは、お台場のデックス東京ビーチ内「SEASIDE MALL」にある、完全屋内型のテーマパークです。

    column_image2645_01

    屋内ながら本格的なジェットコースターなどのアトラクションを楽しめるほか、さらにセガならではのアーケードゲームを大規模にしたアトラクション「ハウス オブ ザ デッド4スペシャル」や実写さながらの筐体に乗り込む「頭文字D ARCADE STAGE4 LIMITED」などを楽しむことができます。

    【東京ジョイポリス公式サイト】 (http://tokyo-joypolis.com/index.html)

    column_image2645_02

    入場+アトラクション乗り放題のパスポートは3900円、ほかお得な前売り券もあるようです。入場だけなら800円ですが、ゲーム好きの方はぜひアトラクションでも遊んでみることがオススメです。

    ▲目次へ戻る

    2. いざ特別体験会へ

    PSVRの体験会は、3階マルチステージで毎日10時から18時まで開催されています。
    現地に到着したら、まずスペース一番手前の受付で、体験可能な時間が書かれた整理券を受け取ります。長時間列に並ばなくても、整理券の時間まで他のアトラクションで遊んでいられる親切設計のようです。

    column_image2645_03

    今回体験できるゲームは次の3つで、うち1つを選択して体験することになります。

    ・THE PLAYROOM VR・・・1人+4人まで対応のパーティーゲーム
    ・The London Heist (仮) ・・・PS Moveを使うガンシューティングゲーム
    ・The Deep (仮)・・・ダイビング体験

    今回はPlayStation Moveとの連動でVR空間への干渉を楽しめる、「The London Heist (仮)」を体験してきました。

    2.1 The London Heist (仮)

    column_image2645_04

    The London Heist (仮)は、ロンドンの高速道路を車で走り抜けながら、追ってくる敵を銃で撃退するというゲームです。PS Moveをコントローラーに使い、360°(正確に言うと背面は座席でフロントと左右の窓)のガンシューティングゲームが楽しめます。

    2つのPS Moveを、それぞれ左右の手に装着します。紐を腕にかけてトリガーを握るのですが、今回はヘッドセットを付けてから持たせてもらいました。家で一人でプレイする場合には、手探りが必要かもしれません。

    column_image2645_05

    ゲームは高速道路を走っているところから始まりました。隣に座って運転しているオッサンは、どうやら相棒のようです。本当に車内で横から話しかけられたかのようにセリフが聞こえますが、英語で字幕は表示されません。

    column_image2645_06

    なんとなくビールでも飲めと言われているような気がしたので(たぶん)周りを見回すと、ダッシュボードの上に飲み物が置かれていました。右手で掴もうとしますが、うまく手にとれません。左手じゃないとフラグが立たないのか?などと考えて左手で掴むと、やっと手に取ることができました。しかし距離感がよく分かりません。難しいなと思っていると、スタッフの方から中断の合図が入りました。

    どうやらPS Moveの同期設定が上手くいっていなかったようです。
    再設定してもらい、リスタート。今度はスムーズに掴んで口元に持ってくることができました。思わず啜ってしまいたくなるリアリティです。

    column_image2645_07

    ダッシュボードを開けたり車内にあるものを掴んだりして遊んでいると、不意に後ろから銃撃が。どうやら追手が来たようです。たぶん応戦しろとか英語で言いながら、相棒がダッシュボード上に銃を放りました。それを右手に持ち、ダッシュボードの中にあった弾倉を左手で銃床に差し込んで装填します。

    column_image2645_08

    この精度がなかなかのものでした。いくつかある弾倉のうち、ちゃんと自然に狙ったものを掴むことができます。PSVRの視界とコントローラーの位置の同期は、かなり正確にと取れているようです。

    ゲーム内容はガンコンを使ったガンシューティングに似ていましたが、やはりVRならではなのは後ろから貫通して飛んでくる弾丸の怖さや、フロントガラスだけでなく左右の窓でも繰り広げられる銃撃戦でしょう。ロンドンなので右ハンドル車でしたが、右窓を狙った際には運転している相棒がのけぞって流れ弾を避けたりと、芸の細かさも感じました。

    こちらの動画の4分30秒あたりからラストまでのあたりがプレイできます

    銃はマシンガンになっておりトリガーを引いている間は連射されますが、すぐに弾がなくなってしまいます。最初は弾切れを起こすたびに弾倉を手に取っていましたが、右手で撃ちながら左手に弾倉を準備しておくという方法に途中で気が付きました。ちょっとプレイヤースキルが上がった気分です。

    そのくらい十分な体験時間が用意されており、仕事を忘れてついつい熱中してしまいました。今日予約できる状態だったら、うっかり予約して帰っていたかもしれません。

    ▲目次へ戻る

    2.2 THE PLAYROOM VR

    column_image2645_09

    THE PLAYROOM VRは、5人まで同時にプレイできるパーティーゲーム集です。
    今回の体験では、うち「Monster Escape」をプレイすることができます。
    うち1人がPSVRを付けて怪獣役になり、残りの4人はコントローラーを使って怪獣と戦うヒーローになります。

    column_image2645_10

    写真右端でのけぞっている男性が今回の怪獣役、左に座っている3人と立っているスタッフの方がヒーロー役のようです。多人数で行かれる方は、プレイしてみてはいかがでしょうか。

    ▲目次へ戻る

    2.3 The Deep (仮)

    column_image2645_11

    こちらは操作が必要なゲームではなく、深海ダイビング体験ができる映像コンテンツのようです。

    column_image2645_12

    PSVRの描画性能が気になる方は、こちらを体験するといいかもしれません。

    ▲目次へ戻る

    3. PlayStation VRの使用感

    これまでOculus RiftやHTC VIVEも体験してきましたが、PSVRならではの特徴と感じたのは「頭への座りの良さ」でしょう。他ヘッドセットが目に当てるゴーグル部分に重量を集中させて頭部に固定するのはベルトのみという状態に対して、PSVRは頭部をぐるりと囲むサンバイザーのような形状になっており、頭部にかかる重さが分散して安定感があります。

    またサンバイザー状であるため、他ヘッドセットはまずゴーグルを目に当ててからベルトを調節するのに対して、PSVRは本体をかぶってからゴーグルの位置をスライドさせて調節する仕組みになっており、目の周辺にかかる圧力が少なく感じます。

    column_image2645_13

    そのほかの特徴としては、顔に当たる部分が他ヘッドセットはスポンジなのに対して、薄いゴムのパッキンだったという点です。ただ今回写真を撮らせてもらえないかとお願いしたところ内側はNGだったので、まだ仕様が未確定な部分があるのかもしれません。

    なお筆者の鼻が低いこともあり少し下に隙間がありましたが、ゲームが始まると気になりませんでした。全体的に圧迫感が少なく、家庭用での長時間プレイに向いていそうと感じます。

    画像については四角いドットが見えましたが、これはソフトウェア由来のもののようです。ハードウェア由来のドットの粗はほぼ分かりませんでした。 またヘッドトラッキングの精度も高く、3D酔いしやすい方の筆者でもプレイしていて辛いと感じることはありませんでした。

    HTC VIVEのようにVR空間内を歩くことはできませんが、長時間プレイを前提としたゲームには身体への負担が少ないと感じたPSVRが向いているかもしれません。特にPlayStation4をすでに持っている方は、ぜひ新しい体験ができるPSVRを試してみて下さいね。

    発売を待っている間、下の国内向けと欧米向けのコンセプト映像を見比べてみるのも面白いかもしれません。

    ▲目次へ戻る

    • このページをはてなブックマークに追加

    おすすめ記事

  • OCTPASS

    ピックアップ

    フリーランス

    【C/C++】ゲームプログラマー★ハプティクスデバイスのUnity技術検証・開発支援

    月額単価 :60万円〜80万円

    ハプティクス(触感技術)のデバイスにおける 技術検証・開発支援をお任せします。 対象はコンシュー...

    フリーランス

    【Unity】ゲームエンジニア★3Dアーケードゲーム開発

    月額単価 :60万円〜80万円

    3Dを駆使したアーケードゲーム開発に従事していただきます。 クライアント側がC#(Unity)、サーバーサ...

    フリーランス

    【Unity】自社内ゲーム開発エンジニア

    月額単価 :80万円〜

    Unityを用いた自社内ゲーム開発を担当して頂きます。 既存のタイトルではなく、今後リリースを控えて...

    フリーランス

    【LAMP/Unity】ゲームプログラマー★オンラインゲーム開発

    月額単価 :70万円〜

    同社のオンラインゲームサービスに携わっていただきます。 PHPを使ったサーバーサイド開発か、 Unity...

    フリーランス

    【Unity(C#)】ゲームプログラマー★スマホ向けネイティブアプリ開発

    月額単価 :70万円〜

    同社で運営するスマホ向けソーシャルゲームの 開発に携わっていただきます。 様々なジャンルで新規、...

    OCTPASS

    絞り込みメニュー

    絞り込みメニュー

    職種で探す

    SEACH_LISTjobcat257

    SEACH_LISTjobcat258

    SEACH_LISTjobcat259

    SEACH_LISTjobcat260

    SEACH_LISTjobcat261

    SEACH_LISTjobcat262

    SEACH_LISTjobcat263

    SEACH_LISTjobcat264

    SEACH_LISTjobcat265

    SEACH_LISTjobcat266

    SEACH_LISTjobcat267

    業種で探す

    雇用形態で探す

    勤務地で探す

    SEACH_LISTloccat391

    SEACH_LISTloccat394

    SEACH_LISTloccat403

    SEACH_LISTloccat413

    スキルで探す

    SEACH_LISTsklcat465

    SEACH_LISTsklcat466

    SEACH_LISTsklcat467

    SEACH_LISTsklcat468

    SEACH_LISTsklcat469

    SEACH_LISTsklcat470

    SEACH_LISTsklcat471

    こだわり条件で探す

    SEACH_LISTgoodcat337

    SEACH_LISTgoodcat338

    SEACH_LISTgoodcat339

    SEACH_LISTgoodcat340

    SEACH_LISTgoodcat341

    SEACH_LISTgoodcat342

    SEACH_LISTgoodcat343